Polkadot(ポルカドット)のDOTトークンが転送可能に

Polkadot(ポルカドット)のDOTトークンが転送可能に

パブリックブロックチェーンであるPolkadot(ポルカドット)が同チェーンのネイティブトークンであるDOTの転送機能が有効になったことを8月18日に発表した。

Polkadotによると、正確には18日の16:39(UTC)に作成された1,205,128ブロックで転送が解禁となったとのこと。

さらに数日後に予定されているDOTのデノミネーション(通貨単位の切り上げ)がこの転送解除の影響で中止されることはなく、予定通り8月21日の16:40(UTC)頃に、1,248,328ブロック目で行われるとのこと。このデノミネーションにより、1 DOT(旧)は100 DOT(新)に分割される。

取引所によっては今回のデノミネーションの反映時間によって、価格が正しく表示されない(実際の100分の1の価格が表示される)ことがあるので利用者は注意が必要とのことだ。

編集部のコメント

PolkadotはWeb3 Foundationが開発を主導するクロスチェーンプロジェクトです。同プロジェクトは将来的に多様なブロックチェーンやネットワークを接続し、ユーザーが制御可能な分散型Webを実現することを目指しています。Polkadotは2016年にプロジェクトが始動し、今年5月にメインネットローンチの第一段階が発表されました。

これまでDOTトークンの保有者は、自らのアカウントにアクセスすることはできても、トークンの移動などはできない状態となっていましたが、今回の転送機能の有効化により、他のアカウントへのDOTの送金が可能になりました。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/artsstock・RyanKing999)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/16話題】コインベースペイ公開、中部アフリカ規制当局が暗号資産禁止を再度通告など(音声ニュース)

「コインベースペイ」公開、近日メタマスクとの連携も、中部アフリカ規制当局、ビットコイン法定通貨化の中央アフリカなどに暗号資産禁止を再度通告、野村證券、シンガポールでビットコイン先物とオプション取引提供、元メタのデビッドマーカス、ビットコイン・ライトニング開発企業「Lightspark」設立、マドンナとビープルのNFTコレクション「創造の母」、総額約8130万円で落札、フットサルFリーグ「ボルクバレット北九州」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

【5/13話題】バイナンスのLUNA現物取引ペアがBUSDのみに、BTCとETH担保で個人向け不動産ローンなど(音声ニュース)

バイナンス、大暴落テラ(LUNA)の多数の現物取引ペア廃止、BUSDのみ対応、国内初、ビットコインとイーサ担保に個人向け不動産ローン、Fintertech提供、SBIがリミックスポイントと資本業務提携、ビットポイントジャパン株式51%取得も、チェイナリシスが約220億円調達、評価額約1.1兆円に、NFTサッカーゲームの「Sorare」がMLBと提携、NFT野球ゲームリリースへ、FTX CEOサムの株取得で、米ロビンフッド株価上昇、キャッシーウッド率いるアークインベスト、米コインベース株約3.7億円分を押し目買い、三井住友銀行、ブロックチェーン活用「Carbonplace」に参画、EY、ブロックチェーンのモニタリングツール「Reconciler」の製品版リリース、OpenSea、NFTの不正コピー防止システム導入と公式バッジの仕組み更新

Sponsored