暗号資産(仮想通貨)取引所Geminiと富裕層向け暗号資産運用プラットフォームBlockchangeが提携

暗号資産(仮想通貨)取引所Geminiと富裕層向け暗号資産運用プラットフォームBlockchangeが提携

暗号資産(仮想通貨)取引所のGeminiがサンフランシスコに拠点を置く富裕層向けの暗号資産投資プラットフォームであるBlockchange(ブロックチェンジ)と提携したことを発表した。

そして1億2500万ドル以上の運用資産を持つウェルス・マネジメント会社のQuantum Capital Management(クオンタム・キャピタル・マネジメント)が、GeminiとBlockchangeの最初の顧客となったとのことだ。

Quantum Capital ManagementのCIOであるHoward Aschwald(ハワード・アシュワルド)氏は「デジタル資産のリスク調整後のリターンと成長性は無視できないほど重要であり、クライアントに対する受託者責任を果たすためには少額の投資が重要であると考えています。そして弊社は投資信託、インデックスファンド、ヘッジファンドなどいくつかのオプションを検討しましたが、柔軟性とカスタマイズ性が高いという理由でBlockchange-Geminiソリューションを選択しました。これにより流動性とリスク管理のコントロールを向上させたデジタル資産管理戦略を大規模に実施できます」とコメントしている。

編集部のコメント

Geminiは登録投資顧問(RIAs)として外部企業と提携をします。提携した企業は、Geminiに暗号資産に関する投資運用業、投資助言・代理業務を委託できます。委託を受けたGeminiはデジタル資産の売買、保管をワンストップで行い、シームレスな投資業務の執行サポートと、Geminiプラットフォームで利用可能なすべてのデジタル資産の機関投資家向けセキュリティを提供します。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

images::iStock/antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資