コインベースがERC20トークンの上場監査に関するガイドラインを公開

コインベースがERC20トークンの上場監査に関するガイドラインを公開

暗号資産(仮想通貨)取引所のコインベース(Coinbase)が、ERC-20トークンの上場を決断するための技術ファクターについての記事「Securing an ERC-20 token for launch on Coinbase」をブログで公開した。

それによるとコインベースはERC-20トークンを上場に向けて評価する際「1.検証可能なソースコードか、2.業界標準のライブラリーを利用しているか、3.特権的な役割の範囲が限定されているか、4.シンプルなモジュラーデザインか」の4つを軸に評価しているとのこと。そして4の”シンプルさ”とは、トークンプロジェクトを構成するコンポーネントの数を減らすことと定義されており、”モジューラー”はスマートコントラクト間でロジックの組み立てと責任を分離することとも定義されている。

また上記の4つのうち最も重要なのが検証可能なソースコードかどうか、だとのことだ。その理由として監査人やセキュリティエンジニアがソースコードにアクセスできなければ、トークンの動作を容易に分析することができず、信頼性の高いレビューをできないからだとブログには記載されている。

なおコインベースはトークンの信頼性や監査性を向上させるために、セキュリティ会社の外部監査も活用しているとのことだ。具体的にその外部監査企業とはTrail of Bits、OpenZeppelin、ConsenSys Diligenceなどで、トークンの残高が正しいかどうかを照合し、プロジェクトの最も複雑な部分を検査してもらっているとのことだ。

編集部のコメント

CoinbaseがERC20トークンの上場評価の際に基準とするスマートコントラクトの特権的役割の範囲(Limited scope for privileged roles)について補足します。トークンのネットワークには、スーパーユーザーと呼ばれる大株主のような属性が存在しています。

スーパーユーザーはオーナー、アドミン、コントローラーの3つに分類されています。彼らはスマートコントラクトでの取引の一時停止、トークン残高の変更、設計の変更などの行使権を持っています。つまりスーパーユーザーの役割を限定的にしておかなければ、自由にトークンの設計を変更し、ネットワークに不備が生じるリスクが高くなるのです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

images::iStock/antoniokhr・liuzishan・Lidiia-Moor)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】ソラナのweb3スマホSaga来年発売、Cegaメインネットローンチなど(音声ニュース)

ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ、【取材】分散型金融Cega、メインネットローンチへ、アミューズ、web3ファンド「KultureFUND」設立、記念NFT販売も、バイナンスとクリスティアーノロナウド提携、NFT展開へ、暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表、米コインベース、ポリゴン(MATIC)とソラナ(SOL)ネットワーク対応へ、USDC送受信可能に、「Magic Eden」、ソラナ(SOL)のPhantomウォレットと連携、分散型取引所dYdX、コスモス(ATOM)エコシステムで稼働へ、「クリプタクト」のDeFi取引集約機能にポリゴン(MATIC)追加、「遊んで稼ぐ」ゲームで若者支援、DEA「PlayMining」で「D×P」が、ダイキン、日本IBMと冷媒循環管理のブロックチェーンPF構築に向け実証実験、FTX、USDTがアバランチ、USDCがポリゴンとトロンに対応、スマホ版コインベースウォレット、DeFiやNFT機能追加、メキシコサッカー「グアダラハラ」、「Socios. com」でファントークン発行へ、米コインベース、ビットコイン先物商品提供へ

Sponsored

暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表

暗号資産(仮想通貨)用ハードウェアウォレット開発企業の「レジャー(Ledger)」が、NFTマーケットプレイスの立ち上げと、その他複数の新サービスをローンチすることが分かった。ニューヨークで開催中のNFTイベント「NFT.NYC」での「Ledger Op3n カンファレンス」で、6月22日に同社が発表した。

【取材】ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ

ソラナ(Solana/SOL)ブロックチェーンの主要開発元ソラナラボ(Solana Labs)の子会社が、web3スマートフォン「Saga」を6月24日に公開した。ソラナモバイル(Solana Mobile)とスマホ開発企業OSOMが連携し、「Saga」を開発しているとのこと。販売は2023年Q1の予定で、現在ウェイティングリストが公開されている。ウェイティングリストに登録するには、前払金として100USDC(Solana基盤)が必要となっている。