シンガポールの暗号資産(仮想通貨)業界団体ACCESSが事業者向けの行動規範を発表

シンガポールの暗号資産(仮想通貨)業界団体ACCESSが事業者向けの行動規範を発表

シンガポールの400以上の企業や組織が参加する暗号資産(仮想通貨)業界団体である「シンガポール暗号通貨事業・スタートアップ企業連盟(ACCESS:Association of Cryptocurrency Enterprises and Start-ups, Singapore)」が暗号資産業界における実務の標準化の一環として、事業者向けの行動規範を8月13日に正式に発表した。

この行動規範はシンガポールの金融規制当局兼中央銀行であるシンガポール金融管理局(MAS)が推進し、シンガポール銀行協会(ABS)との協議のうえで策定されたとのこと。

また、この行動規範はデジタルアセットを扱う事業者の規制遵守の強化を目的としており、具体的にはKYC(Know Your Customer)を通じてマネーロンダリング(AML)やテロ資金調達(CFT)への対策などを規定するとのこと。

ACCESSの会長であるAnson Zeall(アンソン・ゼアル)氏は「この規範を通じて、グローバルなデジタル決済サービスプロバイダーとローカルなデジタル決済サービスプロバイダーの双方に、シンガポールでのライセンス取得とプレゼンス拡大を成功させるための正しい方向性を示していきたい」と述べている。

編集部のコメント

シンガポールでは今年1月に制定された決済サービス法により、取引所などの暗号資産を取り扱う決済サービスプロバイダーはライセンスの取得が必須となりました。

ACCESSのFacebookによると、規制当局が主導してプロバイダーに向けた行動規範やガイダンスを提供することにより、プロバイダーのライセンス取得を促し、シンガポールの市場の健全化および司法管轄区としての評価を上げることを目指しているとのことです。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/dalebor・MasterLu・Nattapon-Kongbunmee)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/22の話題】FTXの企業評価額が約2.8兆円へ、ビットコイン先物ETFが米国3例目の承認など(音声ニュース)

FTXが約480億円調達、設立2年で企業評価額は約2.8兆円へ、ヴァルキリーのビットコイン先物ETFが今夜取引開始へ、米国3例目の承認、テキサス州消防士年金基金、ビットコインとイーサに約28億円投資、AP通信とチェインリンク、経済やスポーツデータをブロックチェーンに記録・提供へ、FundsDLTとUBS証券ら、投資ファンド分配モデルの概念実証に成功、米NFT企業キャンディデジタル、ソフトバンクらから約114億円調達。評価額約1,700億円に、クラーケングローバル、KusamaパラチェーンのBifrost(BNC)上場へ、国内アメフト界初のクラブトークン発行「アサヒビールシルバースター」がFiNANCiEで