株式会社フィスコが8月31日にフィスコ仮想通貨取引所の閉鎖を発表

株式会社フィスコが8月31日にフィスコ仮想通貨取引所の閉鎖を発表

株式会社フィスコのグループ会社である株式会社フィスコ仮想通貨取引所が8月31日にフィスコ仮想通貨取引所サイトを閉鎖することを発表した。なおフィスコ社が運営している暗号資産(仮想通貨)取引所のZaif Exchangeは継続して運営が行われる。

フィスコ仮想通貨取引所サイトの停止するサービスは、ログインを始めとする全てのサービスと取引履歴CSV及び年間取引報告書のダウンロードとのこと。

株式会社Zaifが運営していたZaif Exchangeは2018年10月22日に株式会社フィスコ仮想通貨取引所への事業譲渡完了を発表された。そして2020年2月12日にはフィスコ仮想通貨取引所サイトとZaif Exchangeがサービス統合完了していた。

編集部のコメント

フィスコは2020年7月22日にフィスココイン(FSCC)の利用範囲の拡大と、DApps、DeFiのノウハウ獲得を目的として、スマートコントラクトを利用したバーチャル株主総会の議決権行使アプリケーション、株主優待アプリケーション、フィスココイン(FSCC)のステーキングアプリケーションの開発に着手することを発表しています。

フィスコ仮想通貨取引所の運営を終了したことから、取引所事業はZaif Exchangeに一本化し、今後は自社コインを含めたクリプトエコノミクスの活性化に向けた動きに集中していくのではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

images::iStock/Aleksei_Derin・liuzishan)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

double jump.tokyoがMCH Coin上場に向け新会社設立、DBS銀行が企業向けデジタル監査確認ソリューション提供、dYdXが1,000万ドルの資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes」運営のdouble jump.tokyoが「MCH Coin」の取引所上場に向け新会社を設立、シンガポールのDBS銀行が企業向けにデジタル監査確認ソリューションを提供、分散型暗号資産(仮想通貨)取引所(DEX)dYdXがシリーズBラウンドで1,000万ドル(約10億3,000万円)の資金調達、ナスダック上場のオーバーストックがブロックチェーン特化の子会社ファンドを米ペリオン・ベンチャー・パートナーズと統合へ、マイニング大手のビットメイン(Bitmain)の共同創業者であるジハン・ウー(Jihan Wu)氏が会長退任、伊大手決済プロバイダーSIAがブロックチェーン企業ウィズキー(WizKey)と提携しブロックチェーン上でクレジット市場の実現を目指す、日本暗号資産市場株式会社が日本円連動ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」リリース、ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」とSKE48のNFTトレーディングカードのコラボが決定

伊大手決済プロバイダーSIAがブロックチェーン企業ウィズキー(WizKey)と提携しブロックチェーン上でクレジット市場の実現を目指す

イタリアの大手決済システムプロバイダーSIAがイタリアのブロックチェーンスタートアップ企業ウィズキー(WizKey)と提携し、クレジット商品の取引が可能なプラットフォームの立ち上げを目指すことを1月26日に発表した