コイネージが暗号資産(仮想通貨)交換業のサービスを開始

コイネージが暗号資産(仮想通貨)交換業のサービスを開始

コイネージ株式会社が暗号資産(仮想通貨)交換業者として、7月27日よりサービスを開始したことを同日発表した。

コイネージがサービスを開始したのは、ビットコイン(BTC)の現物販売所。現状で同社が取り扱う暗号資産はビットコインのみとなる。

コイネージ株式会社は株式会社マネーパートナーズグループの100%連結子会社で、2017年に仮想通貨交換業の開業を目的に設立された企業。昨年6月にマネーパートナーズの子会社になっている。

コイネージは今月7月7日付で、資金決済に関する法律に基づく暗号資産交換業者(関東財務局長 第00021号)として登録が完了していた。

なおコイネージでは暗号資産交換業者としての開業を記念して、3つのキャンペーンを実施するとのことだ。

キャンペーン詳細はこちら

編集部のコメント

コイネージ社の親会社であるマネーパートナーズ社は、暗号資産交換業者として登録した第1号の企業(登録番号:関東財務局長第00001号、登録年月日:2017年9月29日)です。コイネージ社はグループで2社目の登録業者です。

なおマネーパートナーズ社は現在、既存のサービスへの影響を勘案しつつ、同社が提供する「マネパカード」との連携による暗号資産の決済利用に係るサービスの提供に向けた準備を進めているとのことです。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/dalebor・Panuwat-Sikham)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

佐賀市がリアルタイムでの環境価値の電子証書化に成功、ブロックチェーン「Tapyrus」活用(chaintope 北川広氏へ取材)

佐賀県佐賀市、株式会社chaintope(チェーントープ)、みやまパワーHD株式会社が、佐賀市における「地域循環共生圏」の一環として佐賀市内でのエネルギー等の地域内循環をリアルタイムで可視化し、ごみ発電電力の地産地消による環境価値の電子証書化に成功し、システム構築が完了したことを8月5日に発表

【8/4の話題】dYdXがガバナンストークン、ポルシェがNFT、QuiznosがBTC決済試験導入など(音声ニュース)

DeFiプラットフォームdYdX、ガバナンストークン発行、ファストフードチェーンQuiznosがビットコイン決済試験導入、Bakktと提携、サトシナカモトの功績やDeFi規制など、SEC委員長が米国暗号資産規制動向へ持論展開、ジェミナイがホロングローバルと提携、ファイルコイン(FIL)ファンドの執行と保管業務で、暗号資産税務効率化ツール提供のZenLedger、約6.5億円調達、米ビットワイズ、ユニスワップとアーベの投資信託ローンチ、エヴァートンFC、チリーズのSocios. comでファントークン発行へ、ポルシェ、NFTをオークションにて販売

Sponsored

エヴァートンFC、チリーズのSocios. comでファントークン発行へ

イングランドプレミアリーグ所属のサッカークラブであるエヴァートンFC(Everton Football Club)が、ファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」にてファントークン「$EFC」を発行することが8月2日発表された。「Socios.com」運営のブロックチェーン企業チリーズ(Chiliz)と同クラブの提携により実現する。