フィリピンの大手銀行UnionBank(ユニオンバンク)がブロックチェーン活用の債券を購入できるアプリ「Bonds.ph」をローンチ

フィリピンの大手銀行UnionBank(ユニオンバンク)がブロックチェーン活用の債券を購入できるアプリ「Bonds.ph」をローンチ

フィリピンの大手銀行であるユニオンバンクがブロックチェーンを活用しフィリピン財務局(BTr)が発行するRTB(リテール・トレジャリー・ボンド)を消費者が購入できるアプリ「bonds.ph」の提供を開始したと、Ledgerinsightsが報じた。トレジャリーボンドとは、国が発行する償還期間が10年越えの債券のこと。

ユーザーがbonds.phへ入金をする方法として、UnionBankアカウントへの入金、もしくは入金が可能なネットワークサービスを提供するアプリPayMara(ペイマラ)などを介する入金の2つが紹介されている。 

Rosalia V. De Leon(ロザリア・デ・レオン)財務大臣は「Bonds.phのローンチは、すべてのフィリピン人、特に銀行口座を持たない人々が、簡単かつ手頃な価格でBTrの最新のリテール・トレジャリー債であるRTB-24に投資するための機会を生み出します」とコメントしている。

編集部のコメント

ユニオンバンクはブロックチェーン領域に4つの働きかけをしています。その4つとは「1フィリピン中央銀行の認可を受けている暗号資産取引所であるフィリピン・デジタル・アセット・エクスチェンジ(PDAX)と提携、2フィリピンのクリアリングハウスにアクセスすることができない地方銀行がブロックチェーンを使って銀行間決済を高速化するためのソリューション提供、3スマートレンディングプラットフォームの立ち上げのために中国・シンガポールの企業OneConnectと提携、4トークン化した通貨のクロスボーダー決済のトライアル」です。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

images::iStock/Igor-Korchak・b14ckminus)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/3話題】マスターカードの元NFT責任者が辞表NFT販売、Optimism初アップグレードが3月提案など(音声ニュース)

マスターカードの元NFT責任者、辞表のNFT販売で支援募る、【取材】NFT・ブロックチェーン活用の教育採用サービス「ONGAESHI」発表=コクヨ、SMTB、慶應FinTEKセンター、TUSIM、IGSら運営、コインベース、トークンを違法に販売したとする訴訟の棄却に勝利、tofuNFTとZife INOが業務提携、二次流通支援へ、米クラーケン、開設1年足らずでアブダビオフィス閉鎖、担当者レイオフも=報道、イーサL2「Optimism(OP)」、初のアップグレード「Bedrock」が3月実施で提案、日本ガイシとリコーの合弁会社が事業開始、ブロックチェーン活用の電力デジタルサービス事業化へ、読売ジャイアンツ、春季キャンプで「ジャビット」NFT無料配布、スタートバーン「FUN FAN NFT」で

Sponsored