Coinbase(コインベース)が2020年上半期レビュー「Crypto H1 2020 in Review」を公開

Coinbase(コインベース)が2020年上半期レビュー「Crypto H1 2020 in Review」を公開

暗号資産取引所を運営するCoinbase(コインベース)が「Crypto H1 2020 in Review」と題するレビューを公開した。このレビューの中で、Coinbaseは機関投資家と個人投資家合計で3,500万人の顧客を有していることなどが明らかにした。

2020年の初めはCoinbaseの顧客数は3,000万人だったとのことで、この短期間で500万人増加したことになる。レビューによるとこのCoinbaseの成長要因として、コロナウイルスの流行により個人投資家が株式市場や暗号資産(仮想通貨)市場への投資への熱が高まったことがあげられている。

そして2020年上半期には機関投資家向けビジネスの成長が顕著に増加し、Coinbaseはデジタル資産を直接購入する顧客のリストに、大手大学の寄付金、伝統的なマルチストラテジーヘッジファンド、VC、大規模なファミリーオフィスを継続的に追加したとのこと。

編集部のコメント

Coinbaseはレビューの中で、Defi(分散型金融)に関しても言及しています。Coinbaseが定義するDefiとは、融資、デリバティブ、保険、取引、クラウドファンディングなどの金融サービスの新しいデータ構造で、ブロックチェーンの上に構築されていて、1) 世界中の誰でもアクセスできるオープンアクセス、2) オープンソースコードへのコミットメント、3) サードパーティ開発者による許可のない拡張性、4) 最小から無料の手数料、5) 暗号化されたセキュリティとプライバシーを要素として含んでいるものとしています。

Coinbaseは暗号資産の分析ソフトウェアサービスを政府組織へ提供を開始したり、2020年度末に米国証券市場へ上場することが噂されていたりします。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

images::iStock/Ninja-Studio)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/1話題】トヨタ協賛のweb3ハッカソン、ロッテがブロックチェーンでカカオ豆に関する実証実験など(音声ニュース)

トヨタ自動車協賛のweb3ハッカソン開催、博報堂キースリー、ロッテ、ブロックチェーンでカカオ豆のトレーサビリティと児童労働リスク情報に関する実証実験、【取材】三菱UFJ信託ら、「トレーサブルNFT」と「日本酒トークン」の発行目指す、貿易情報連携PF「トレードワルツ」が丸紅より資金調達、累計額40億円に、英国、新たな暗号資産規制で強固な基準を設定へ、サクラエクスチェンジビットコイン、暗号資産積立サービス提供終了、Intainがトークン化証券プラットフォーム、アバランチ(AVAX)サブネットで、ユニスワップv3、BNBチェーンへのブリッジに「Wormhole」採用、米空軍が「SIMBA Chain」へ約39億円の追加出資、サプライチェーン管理のため、アスリート特化のビジネス教育機関「Athletes Business United」、FiNANCiEでトークン発行、フットサル「エスポラーダ北海道」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored