米エネルギー省が電力網のセキュリティへのブロックチェーンの活用を研究するInfoBeyond Technologyのプロジェクトに100万ドルの助成金

米エネルギー省が電力網のセキュリティへのブロックチェーンの活用を研究するInfoBeyond Technologyのプロジェクトに100万ドルの助成金

米国エネルギー省(U.S. Department of Energy:DOE)が、ソフトウェア企業InfoBeyond Technology LLCのセキュリティへのブロックチェーンの活用を研究するプロジェクトに108万ドル(約11億円)の助成を行ったことを発表した。

この助成はアメリカ政府の中小企業技術革新研究プログラム(SBIR)を介して行われており、同プログラムでは商業化の見込みがある中小企業の技術研究に対して3フェーズに分けて資金提供が行われる。今回InfoBeyond Technologyが助成を受けたプロジェクトは、今年3月にフェーズ1として助成を受けており、今回はフェーズ2(2020 Phase II Release 2 Awards)となる。

InfoBeyond Technologyが助成を受けたプロジェクトは「グリッドチェーン:スマートグリッドのデータの完全性と不変性のための監査可能なブロックチェーン(Gridchain: An Auditable Blockchain for Smart Grid Data Integrity and Immutability,)」と呼ばれるもので、大規模な電力網におけるデータセキュリティの支援を目的としている。

The Blockの報道によると、DOEはこのプロジェクトを国内の送電網データの安全性を確立し、サイバー攻撃からデータを保護するための方法として評価しているとのことだ。

なお今回DOEに選出されてSBIRを介して助成を受けた企業は105社で、InfoBeyond Technology LLCはそのうちの1社となっている。

編集部のコメント

InfoBeyond Technology LLCはITソリューションを提供するソフトウェア企業です。サイバーセキュリティ、ディープラーニング、ブロックチェーン、パワーグリッド、通信の分野を専門とし、最新技術の研究開発を行っています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/denis_pc・stockdevil)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資