英Everledger(エバーレッジャー)が資金調達とプラットフォームアップグレードの発表

英Everledger(エバーレッジャー)が資金調達とプラットフォームアップグレードの発表

イギリスのEverledger(エバーレッジャー)社が、イギリス政府が運営するFuture Fund(フューチャーファンド)と中国のテック企業Tencent(テンセント)から合計700万ドル(約7億4800万円)の融資を受けたことを発表した。今回の資金調達は短期ローンの一種であるブリッジローンだ。そして同様のタイミングで同社は、COVID-19が大流行する中、ダイヤモンド産業の復興を支援するためEverledgerプラットフォームのアップグレードを発表した。

TencentはEverledger社のシリーズAラウンドで投資を行っている。そしてEverledger社は中国のダイヤモンド小売事業者向けにTencentが運営するWeChatのミニプログラムを開始している。

Everledgerのプロダクト責任者であるTom Murphy(トム・マーフィー)氏は「今回のアップグレードではプラットフォーム上のすべての人にとって使い勝手が向上し、直感的なコマンドで単一の表示と情報への迅速なアクセスを可能にする最先端のユーザーインターフェースを実現しました。さらに私たちのプラットフォームはバッジやアナリティクスなどのグラフィックが強化され、よりビジュアル化され利用しやすいものとなるでしょう」とコメントしている。

編集部のコメント

Everledger社は2015年4月にロンドンで設立されました。同社のプラットフォームは、IBMのHyperledger Fabricを利用しています。デジタル化しているデータは、ダイヤモンドだけにとどまらず、高級車、ラグジュアリー商品、アートなど多種にわたります。そして近年では社会的意義の高い事業にも取り組んでいます。数ヶ月前にEverledgerは、ブロックチェーン上の排出量データに裏付けられたダイヤモンド業界向けのカーボンオフセットプラットフォームを立ち上げました。2019年にアメリカエネルギー省から電気自動車のバッテリーリサイクルのためのブロックチェーンを試験的に導入するための資金提供を受け、ブロックチェーンのスタートアップであるCirculor(サーキュラー)社とエシカルな調達基準について協力しています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

images::iStock/antoniokhr・LuckyStep48)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

コインチェックがEnjin Coin取扱開始へ、三菱電機と東工大がP2P電力取引BC開発、JCBがBC活用のIoT向け決済実験を開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

国内初、コインチェックが暗号資産Enjin Coin(ENJ)を取扱開始へ、三菱電機と東工大がP2P電力取引を最適化する独自ブロックチェーン開発、JCBとKeychainがブロックチェーンを活用したIoT向け決済の実証実験を開始、バイデン次期大統領が米証券取引委員会(SEC)の新委員長にゲイリー・ゲンスラー氏を正式に指名、暗号資産アセマネ企業グレイスケール・インベストメントの第4四半期の調達額が約3,433億円(約33億ドル)

中国が5年後までに世界共通デジタル決済ネットワークを構築か、ニューヨーク市警察が仮想通貨の取引分析ツール利用方針を公表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

中国が5年後までに世界共通デジタル決済ネットワークを構築か、ニューヨーク市警察が暗号資産(仮想通貨)の取引分析ツールの利用方針を公表、ゴールドマンサックスが暗号資産(仮想通貨)カストディサービスを近日提供か、グラコネとエンジン(Enjin)がNFTチャリティープロジェクト開始、ビットフライヤーが暗号資産積立購入サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始、アニモカブランズ(Animoca Brands)がバイナンススマートチェーン(Binance Smart Chain)と戦略的パートナーシップ締結

(グラコネ代表の藤本真衣氏コメントあり)グラコネとエンジン(Enjin)がNFTチャリティープロジェクト開始

SDGsとBlockchainのプラットフォーム「KIZUNA HUB」を運営する株式会社グラコネとブロックチェーンを用いたエコシステムを開発するシンガポールのエンジン(ENJIN)社が、NFT(Non-Fungible Token/代替不可能なトークン)によるチャリティープロジェクト開始を1月18日に発表した。