Vanguard(ヴァンガード)のブロックチェーンベースの外国為替取引システムが2020年第3四半期にローンチか

Vanguard(ヴァンガード)のブロックチェーンベースの外国為替取引システムが2020年第3四半期にローンチか

米国大手資産運用企業Vanguard(ヴァンガード)が開発する外国為替取引用のブロックチェーンプラットフォームが、2020年第3Qにローンチ予定であることをCoindesk報じた。

Vanguardは6月23日にテクノロジープロバイダーであるSymbiont(シンビオント)が開発する分散型台帳システムを活用し、Bank of New York Mellon(バンクオブ・ニューヨークメロン)、State Street(ステート・ストリート)、Franklin Templeton(フランクリン・テンプレトン)と共同で、先物為替取引に関してシュミレーションテストを行ったことを発表している。その結果を踏まえて、Symbiontの外国為替リードのJoe Siccarelli氏(ジョー・ジッカレリ)氏が「ブロックチェーンベースの外国為替プラットフォームが2020年の第3四半期に起動開始すると考えている」とCoindeskの取材に対して答えている。

Vanguardの広報担当者であるMelissa Kennedy(メリッサ・ケネディ)氏は「今回のシュミレーションテストは、外国為替先物契約のような担保連動商品における補償されないリスクの領域に対処する機能の一部を証明するのに役立っています。今後12ヶ月間、パートナーと共にプラットフォーム上での機能開発を継続していきます」と電子メールでのリリースにてコメントしているとのこと。

編集部のコメント

このシュミレーションテストは、外国為替のスワップ取引やアウトライト取引を含むすべての外国為替契約に適用される金融商品のユースケースを証明するものでした。外国為替取引におけるアウトライト取引とは、主に輸入企業が為替の不利な変動をヘッジするための取引です。具体的には取引時のレートを利用することで将来的なキャッシュフローを安定化、コストを最小限に抑えるための取引のことです。

Vanguardのブロックチェーン関連のニュースが6月は続きましたが、起動開始の時期も明らかになってきており、ブロックチェーンが金融領域にマスアダプションが着々と進んでいるように感じます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock/(xu-bing・alfexe)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/7話題】バイナンスチェーンが一時停止、フルグルがDiamond Hands支援など(音声ニュース)

バイナンススマートチェーンが停止、ブリッジのハッキング被害額1.1億ドル、【取材】ビットコイン基盤でスマコン実現目指す、フルグルがDiamond Hands支援、【取材】LINEやOasys参加、ミシカルゲームズが財団と独自トークン「MYTH」とDAO発表、MakerDAO、DAIの裏付け資産5億ドル分を米国債・社債に投資へ、暗号資産カストディXalts、シティやポリゴン創業者らから約8.7億円調達、ポリゴン(MATIC)が海洋保護団体「OCEEF」と提携、バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業ライセンス取得、ダッパーラボ、スペイン「ラリーガ」のNFTプラットフォーム「リーガ・ゴラッソ」β版ローンチ、ニアプロトコル(NEAR)、グーグルクラウドと提携、Bリーグ「香川ファイブアローズ」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored