米半導体大手AMDとConsenSys(コンセンシス)がブロックチェーンデータセンター「W3BCLOUD」の立ち上げ

米半導体大手AMDとConsenSys(コンセンシス)がブロックチェーンデータセンター「W3BCLOUD」の立ち上げ

米国の大手半導体製造メーカAdvanced Micro Devices (AMD/アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)とブロックチェーン企業のConsenSys(コンセンシス)がジョイントベンチャー「W3BCLOUD」を設立したことを発表した。「W3BCLOUD」は合計2050万ドルの転換社債を発行し、AMD、ConsenSys、アラブ首長国連邦のいくつかのファミリーカンパニーから、資金を集めて設立された。

そして「W3BCLOUD」は初のEthereumブロックチェーンデータセンターを立ち上げ、運営していくとのことだ。今後さらに分散型データセンターのネットワークを世界中に拡大していく狙いがあるとのことだ。

「W3BCLOUD」の共同創業者兼CEOのSami Issa(サミ・アイサ)氏は「信頼性が高く、パーミッションレスで分散化された経済は、規模を拡大するために堅牢で専用のデータセンターを必要とします。W3BCLOUDは卓越したGPUメーカーと大手ブロックチェーン開発者を結集し、ブロックチェーン経済のためのコンピューターインフラを構築します」とコメントしている。

Ethereumの共同創始者でConsenSysの創設者であるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏は「W3BCLOUDは、地球のために次世代の分散型コンピューティング、ストレージ、帯域幅を構築しています」とコメントしている。ちなみに、帯域幅とは通信するときに使われる電波や光の周波数の範囲のこと。

AMDのブロックチェーン・ビジネス・ユニットの責任者であるJörg Roskowetz(ヨルグ・ロスコウェッツ)氏は「ブロックチェーンのユースケースに焦点を当てた並列分散コンピューティングは、業界の中でも急速に成長している分野です。W3BCLOUDがブロックチェーンに特化した初のGPU中心のデータセンターをパワーアップさせ、2020年に複数の地域で積極的に展開しているのを見て、とても興奮しています」とコメントしている。

編集部のコメント

AMDの半導体は、Ethereumやその他の暗号通貨ネットワークのマイナーに長く使用されてきています。そしてAMDはマイニング装置のための専用のウェブポータルをホストしています。さらにAMDはゲーム用のブロックチェーン・アプリケーションに焦点を当てた組織であるBlockchain Gaming Allianceのメンバーでもあります。

AMDとConsenSysが分散型コンピューティングのためのデータセンターを立ち上げ、世界中に展開していくことは非常に大きなニュースだと思われます。今後もこのように大手企業とブロックチェーンスタートアップがジョイントベンチャーを立ち上げる流れは生まれてくるのではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock/LuckyStep48・b14ckminus)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

中国配車サービスDiDiやTikTokのBytedanceらがデジタル人民元の試験運用参加か、Coibaseが直接上場による株式公開検討か、CFTCが2020-2024の戦略計画発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

中国の配車サービスDiDiやTikTok運営のBytedanceらがデジタル人民元(DCEP)の試験運用に参加か、米暗号資産(仮想通貨)取引所Coibaseが2020年後半に直接上場による株式公開を検討か、米国商品先物取引委員会(CFTC)が「2020-2024の戦略計画」を発表、Brave(ブレイブ)が広告契約の取引所NYIAX(ナイアックス)と提携、ネットラーニングがデジタル修了証明書「オープンバッジ」を発行開始

(コメント追記:大同生命 共創戦略室課長 土川陽平氏/ディーカレット ビジネスアライアンスグループヘッド 葉山揚介氏)大同生命とディーカレットが自社ブランドのデジタル通貨発行の実証実験開始

T&D保険グループの大同生命保険株式会社と株式会社ディーカレットが2020年7月7日よりデジタル通貨発行に関する実証実験を開始したことを発表。目的は生命保険業へのデジタル通貨やブロックチェーンの応用可能性の検証とのことだ。

ChainalysisがシリーズBラウンドで1,300万ドルを追加調達、VolvoがBC企業Circulorに出資、東海東京FHとトーセイが8月にデジタル証券をシンガポールで上場予定かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Chainalysis(チェイナリシス)がシリーズBラウンドで1,300万ドルを追加調達、ボルボ(Volvo)が倫理的なサプライチェーンの実現に向けブロックチェーン企業サーキュラー(Circulor)に出資、東海東京FHとトーセイが8月にデジタル証券をシンガポールの取引所で上場予定か、「bitFlyer広報担当者コメントあり」bitFlyerとBrave Softwareがウォレット開発で業務提携を発表、国際半導体製造装置材料協会(SEMI)がブロックチェーンによる半導体の供給網管理システム構築へ