米半導体大手AMDとConsenSys(コンセンシス)がブロックチェーンデータセンター「W3BCLOUD」の立ち上げ

米半導体大手AMDとConsenSys(コンセンシス)がブロックチェーンデータセンター「W3BCLOUD」の立ち上げ

米国の大手半導体製造メーカAdvanced Micro Devices (AMD/アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)とブロックチェーン企業のConsenSys(コンセンシス)がジョイントベンチャー「W3BCLOUD」を設立したことを発表した。「W3BCLOUD」は合計2050万ドルの転換社債を発行し、AMD、ConsenSys、アラブ首長国連邦のいくつかのファミリーカンパニーから、資金を集めて設立された。

そして「W3BCLOUD」は初のEthereumブロックチェーンデータセンターを立ち上げ、運営していくとのことだ。今後さらに分散型データセンターのネットワークを世界中に拡大していく狙いがあるとのことだ。

「W3BCLOUD」の共同創業者兼CEOのSami Issa(サミ・アイサ)氏は「信頼性が高く、パーミッションレスで分散化された経済は、規模を拡大するために堅牢で専用のデータセンターを必要とします。W3BCLOUDは卓越したGPUメーカーと大手ブロックチェーン開発者を結集し、ブロックチェーン経済のためのコンピューターインフラを構築します」とコメントしている。

Ethereumの共同創始者でConsenSysの創設者であるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏は「W3BCLOUDは、地球のために次世代の分散型コンピューティング、ストレージ、帯域幅を構築しています」とコメントしている。ちなみに、帯域幅とは通信するときに使われる電波や光の周波数の範囲のこと。

AMDのブロックチェーン・ビジネス・ユニットの責任者であるJörg Roskowetz(ヨルグ・ロスコウェッツ)氏は「ブロックチェーンのユースケースに焦点を当てた並列分散コンピューティングは、業界の中でも急速に成長している分野です。W3BCLOUDがブロックチェーンに特化した初のGPU中心のデータセンターをパワーアップさせ、2020年に複数の地域で積極的に展開しているのを見て、とても興奮しています」とコメントしている。

編集部のコメント

AMDの半導体は、Ethereumやその他の暗号通貨ネットワークのマイナーに長く使用されてきています。そしてAMDはマイニング装置のための専用のウェブポータルをホストしています。さらにAMDはゲーム用のブロックチェーン・アプリケーションに焦点を当てた組織であるBlockchain Gaming Allianceのメンバーでもあります。

AMDとConsenSysが分散型コンピューティングのためのデータセンターを立ち上げ、世界中に展開していくことは非常に大きなニュースだと思われます。今後もこのように大手企業とブロックチェーンスタートアップがジョイントベンチャーを立ち上げる流れは生まれてくるのではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock/LuckyStep48・b14ckminus)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。

(アンダーソン・毛利・友常法律事務所の長瀨威志弁護士のコメント追記)米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生

アメリカの暗号資産(仮想通貨)を運営するクラーケン(Kraken)がアメリカのワイオミング州より「クラーケン・フィナンシャル(Kraken Financial)」の設立申請を認可されたことを発表した。

ワイオミング州でデジタル銀行クラーケン・フィナンシャル誕生、ユニスワップがプロトコルトークンUNI発表、バハマで10月CBDC発行へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生、分散型金融プラットフォームのユニスワップがプロトコルトークン「UNI」を発表、ワーナーメディア子会社ターナースポーツがブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチ、バハマ中央銀行がデジタル通貨を10月発行へ、ビットフライヤーが2020年8月の取引実績を発表

(Kyber Network Japan managerの堀次泰介氏、マネーパートナーズグループ社長室の鈴木雄大氏コメントあり)分散型金融プラットフォームのユニスワップがガバナンストークン「UNI」を発表

分散型金融(DeFi)プラットフォームを提供するユニスワップ(Uniswap)がプロトコルトークン「UNI」を発行し、流動性マイニングを行うことを9月16日に発表した。流動性マイニングは日本時間の2020年9月18日午前9時に開始される予定。分散型金融の観点で言及されている流動性マイニングとは、ユーザーが分散型プラットフォームにトークンを供給することで、プラットフォーム側からプロトコルトークンを配布される仕組みのことである。

ワーナーメディア子会社ターナースポーツがブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチ

米総合メディア企業ワーナーメディア(Warner Media, LLC)の子会社であるターナースポーツ(Turner Sports)がブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチしたことを9月16日発表した。なおこのプラットフォーム初のゲームタイトル「Blocklete Golf」のローンチも併せて発表されている。