インド政府が暗号資産(仮想通貨)を禁止する法律導入計画か

インド政府が暗号資産(仮想通貨)を禁止する法律導入計画か

インド政府がインド国内での暗号資産(仮想通貨)を禁止する法律の導入計画を進めていると6月12日地元メディアTHE ECONOMIC TIMESが報じた。インド政府高官が「(暗号資産禁止の法律の)草案が外務省から省庁間協議に移った」とTHE ECONOMIC TIMESに話している。

THE ECONOMIC TIMESによると、今回のこの暗号資産禁止の法律導入への動きはインドの中央銀行であるインド準備銀行(RBI)が2018年4月18日に暗号資産に関わる企業などへサービス提供することを規制し、それに対し今年3月にインドの最高裁判所がRBIの規制を違憲とする判断を下したことが拍車をかけたのではないかとのこと。

インドでは昨年7月に暗号資産を全面禁止にする規制草案を作成したと報じられていたが、その後進捗情報は出てきていなかった。

また専門家は暗号資産の禁止事項が昨年の規制草案に類似したものになるのであれば、暗号資産の保有・販売・発行・譲渡・マイニング・使用など、暗号資産に関わる全てが違法になるだろうと発言をしているとのこと。

また昨年の草案では、暗号資産の直接的または間接的利用によって1年以上の懲役と罰金、犯罪を繰り返した場合には最大10年の懲役と330万ドル(約3億5,000万円)の罰金もしくは損失・被害・利益額の3倍の罰金を科すとなっているとのこと。

この暗号資産禁止の草案は、一連の協議を経てインドの議会に提出されるとのことだ。

編集部のコメント

インドの市場ではバイナンスとインドの暗号資産取引所WazirXがインドで5,000万米ドル(約50億円)規模のファンドを今年3月に設立し、またインドの暗号資産(仮想通貨)取引所CoinDCXに対し、Coinbase Ventures(コインベースベンチャーズ)とPolychain Capital(ポリチェインキャピタル)が250万ドル(約2億7,000万円)の出資を行うなど、インドの暗号資産市場に投資を行う企業が増え始め、盛り上がりを見せ始めてきていたところでした。

THE ECONOMIC TIMESの報道によるとインド国内の会計事務所Ashok Maheshwary & Associates LLP(AKM Global)のAmit Maheshwari(アミット・マヘシュワリ)氏は、今後この暗号資産禁止の法律が可決することになれば、インドの暗号資産産業は壊滅するとコメントをしています。

今後のインドの動向によってバイナンスやコインベースも影響を受ける世界的にも注目のニュースだと思います。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/Guzaliia-Filimonova,stockdevil)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ

マスターカード(Mastercard)が、バックト(Bakkt)と提携し、銀行や加盟企業向けに、暗号資産関連サービスを導入できるソリューション(CaaS:Crypto-as-a-Service)を提供していくことが10月25日に発表された。バックトは米インターコンチネンタル取引所(ICE)の子会社であるデジタル資産サービス企業で、今月18日にティッカーシンボル「BKKT」でニューヨーク証券取引所に上場したばかりだ。

博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始

「Japan Contents Blockchain Initiative(ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ:JCBI)が一般社団法人化したことと、コンテンツ企業向けのウォレットアドレスとコントラクトアドレスの認定事業を開始したことを10月26日発表した