インド政府が暗号資産(仮想通貨)を禁止する法律導入計画か

インド政府が暗号資産(仮想通貨)を禁止する法律導入計画か

インド政府がインド国内での暗号資産(仮想通貨)を禁止する法律の導入計画を進めていると6月12日地元メディアTHE ECONOMIC TIMESが報じた。インド政府高官が「(暗号資産禁止の法律の)草案が外務省から省庁間協議に移った」とTHE ECONOMIC TIMESに話している。

THE ECONOMIC TIMESによると、今回のこの暗号資産禁止の法律導入への動きはインドの中央銀行であるインド準備銀行(RBI)が2018年4月18日に暗号資産に関わる企業などへサービス提供することを規制し、それに対し今年3月にインドの最高裁判所がRBIの規制を違憲とする判断を下したことが拍車をかけたのではないかとのこと。

インドでは昨年7月に暗号資産を全面禁止にする規制草案を作成したと報じられていたが、その後進捗情報は出てきていなかった。

また専門家は暗号資産の禁止事項が昨年の規制草案に類似したものになるのであれば、暗号資産の保有・販売・発行・譲渡・マイニング・使用など、暗号資産に関わる全てが違法になるだろうと発言をしているとのこと。

また昨年の草案では、暗号資産の直接的または間接的利用によって1年以上の懲役と罰金、犯罪を繰り返した場合には最大10年の懲役と330万ドル(約3億5,000万円)の罰金もしくは損失・被害・利益額の3倍の罰金を科すとなっているとのこと。

この暗号資産禁止の草案は、一連の協議を経てインドの議会に提出されるとのことだ。

編集部のコメント

インドの市場ではバイナンスとインドの暗号資産取引所WazirXがインドで5,000万米ドル(約50億円)規模のファンドを今年3月に設立し、またインドの暗号資産(仮想通貨)取引所CoinDCXに対し、Coinbase Ventures(コインベースベンチャーズ)とPolychain Capital(ポリチェインキャピタル)が250万ドル(約2億7,000万円)の出資を行うなど、インドの暗号資産市場に投資を行う企業が増え始め、盛り上がりを見せ始めてきていたところでした。

THE ECONOMIC TIMESの報道によるとインド国内の会計事務所Ashok Maheshwary & Associates LLP(AKM Global)のAmit Maheshwari(アミット・マヘシュワリ)氏は、今後この暗号資産禁止の法律が可決することになれば、インドの暗号資産産業は壊滅するとコメントをしています。

今後のインドの動向によってバイナンスやコインベースも影響を受ける世界的にも注目のニュースだと思います。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/Guzaliia-Filimonova,stockdevil)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した