Brave(ブレイブ)が5か国でリファラルプログラムの一時停止を発表

Brave(ブレイブ)が5か国でリファラルプログラムの一時停止を発表

次世代分散型ブラウザBrave(ブレイブ)が、中国、インドネシア、ロシア、ウクライナ、ベトナムの5か国にてリファラルプログラム(紹介制度)を一時的に停止していることを6月11日に発表した。

Braveのリファラルプログラムとは、ブレイブを利用するユーザーがユニークな紹介コードを介して新規ユーザーにブラウザをダウンロードしてもらうことで、ブレイブ上で利用可能な独自トークン「Basic Attention Token (BAT)トークン」を獲得することができるというものだ。

Braveによると過去数か月の間に上記5か国にて不正行為を犯す多数の紹介者を検知したため、BATトークンが支払われる前にリファラルプログラムを6月11日より停止したとのこと。

なおどのような不正が行われているのかなど、その詳細についてはBraveは発表をしていない。

今回発表されたプレスリリースによると、リファラルプログラムは現在のBraveの成長に大きく寄与しているとのいうことだ。また報酬額は当初BAT換算で100万ドルが上限とされていたが、現在ではその数倍の金額を達成しているとのこと。

なお今回の対象5か国におけるリファラルプログラムの停止は一時的なもので、近日中には再開をする予定とのことだ。

編集部のコメント

Braveは広告ブロック・プライバシー保護機能を搭載したウェブブラウザです。また広告表示設定をオンにすると、閲覧した広告に応じてBATが付与されるBrave Rewardsという機能や投げ銭機能なども搭載しています。先月5月には月間アクティブユーザー数(MAU)が1,540万人に達したことを発表しています。

またBraveを運営するBrave Software Incの日本版公式Twitterの6月6日のツイートによるとBraveは日本のAppStore無料ランキング2位、Google Playでは7位になったとのことです。

6月5日にはBraveは、eスポーツチーム運営会社や「防弾少年団(BTS)」と連携した限定Braveブラウザを日本国内で提供することも発表しています。

また日本の取引所では独自トークンBATをGMOコインとビットフライヤーが取り扱っています。Braveは日本でもその知名度を徐々にあげているブラウザといえます。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/Vladyslav-Severyn・extracoin)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した