(FRAME00 CEO 原麻由美氏コメントあり)Dev Protocolを開発する日本企業フレームダブルオー(FRAME00)がMonex Ventures、MIRAISEから資金調達

Dev Protocolを開発する日本企業フレームダブルオー(FRAME00)がMonex Ventures、MIRAISEから資金調達

Dev Protocolを開発するフレームダブルオー(FRAME00)株式会社がMonex Ventures、MIRAISE を引受先としたシードラウンドの資金調達を完了

フレームダブルオー(FRAME00)はDev Protocolを価値ある活動に経済性を持たせることを実現するプロトコルとして開発してきた。具体的には、DeV Protocolのネットワークに参加するクリエイターの経済活動によってトークンがマイニングされ、そしてネットワーク参加者はクリエイターの活動に「DEVトークン」(ERC20)をステーキングするとクリエイターの活動が収益化され、ステーキングしたユーザーに利子が還元される仕組みとなっている。

フレームダブルオー(FRAME00)は、2018年7月に利用者の目的を問わずソースコードを使用、調査、再利用、修正、拡張、再配布が可能なソフトウェアであるOSS(オープンソースソフトウェア)にフォーカスした実用最小限のプロダクトであるMVP(Minimum Viable Product)を開発した。そして、2019年2月にOSSの収益化を開始、さらに2019年11月Microsoft for Startupsに採択され、2020年1月にメインネット稼働を開始した。これまでのクリエイターの累計報酬総額は、約6,000万円相当とのことだ。

Monex Venturesの担当者は「オープンソースソフトウェア(OSS)コミュニティの支援及び成長をステーキングを通して実現する仕組みは、クリプト感、ソーシャル感に溢れ、ブロックチェーン技術が社会にとって有益な技術の一つであることが実感できる取り組みだと思います。

同社のフレームワークはOSSコミュニティに限らず、あらゆるイノベーター、クリエイターの支援にも使われる可能性があるのではないかと期待しています。当社運営ファンドから初の暗号資産関連企業への投資となるFrame00への投資を通じて、イノベーター、クリエイターのコミュニティを支援できればと思います」とコメントをしている。

MIRAISEの担当者は「MIRAISEはエンジニアだからこそ思いつけるソリューションに積極的に投資しています。Dev Protocol は練り上げられた強いミッションと、それを実現するための緻密なプロトコル設計が評価され、現在世界中から大きな支持を集めています。未踏の領域を疾走するFRAME00社を支援できることを嬉しく思います。」とコメントをしている。

追記:6月15日17時30分

あたらしい経済編集部は、フレームダブルオー(FRAME00)CEOの原麻由美氏へ以下3つの質問をさせていただいた。

ー調達した資金はどのように活用されるのでしょうか。

当初、調達させていただいた資金は 「https://stakes.social」 のインターフェース開発費で利用することを想定していました。

しかし嬉しい悲鳴として、海外でDevトークンが話題になったので、インターフェース開発費だけでなく海外のIEOも急いで進めていく予定となりました。

ー海外でのIEOを目指されるとのことですが、日本の取引所ではIEOは目指されないのでしょうか。

日本でのIEOも勿論目指しています。しかし日本の取引所は自主規制があり、海外での上場実績が求められているため、先に海外でのIEOに取り組んでいます。

ー現在、Devネットワーク参加者の海外と日本の比率はどのようなものでしょうか。

正確な比率はとっていませんが、6月に海外で話題になってからステーキングが約380倍に急増しているので、ボリューム的には380:1くらいだと考えています。

一方で、OSS開発者は8割以上日本の方です。これからOSSに関しても、海外の開発者にもリーチしていきたいと考えています。

追記終了

編集部のコメント

フレームダブルオー株式会社は2015年に設立されました。同社は、クリエイターのあらゆる活動が収益化され、クリエイターを支援することが資産運用になる仕組み作ることを目的にしています。Dev Protocolでは、ブロックチェーン技術を活かしたステーキング技術が実装されているため、クラウドファンディングとは違って、支援する側と支援される側がより透明性高く金銭的な関わりを持つことができるようになっています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock/antoniokhr・dalebor)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

「日立製作所が電子署名サービス開発、Kings Of LeonがニューアルバムをNFTでリリースなど」のブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ハンコレスを推進へ、日立製作所がブロックチェーン基盤「日立電子署名サービス」を開発、ブレイブがテイルキャットを買収、独自検索エンジン「Brave Search」の開発を目指す、米ロックバンド「Kings Of Leon」がニューアルバムをNFTでリリース、NFT利用のサッカーゲーム提供のソーレアがUbisoftと提携して新ゲーム発表、リップル社が中銀デジタル通貨向け「CBDC Private Ledger」のパイロット版ローンチ、米NY州が新型コロナウィルスの陰性とワクチン接種を証明するブロックチェーンアプリ試験運用実施、KPMGとIntellectEUが保険の重複支払い防止のブロックチェーンプラットフォーム「ClaimShare」ローンチ、GMOコインが暗号資産(仮想通貨)エンジンコイン(ENJ)を取り扱い開始、Hyperledger Fabric環境の管理方法について学習する日本語のオンラインコースが開始

米NY州が新型コロナウィルスの陰性とワクチン接種を証明するブロックチェーンアプリ試験運用実施

米ニューヨーク州が新型コロナウィルスの検査結果の陰性とワクチン接種を証明する、ブロックチェーンを活用した健康証明書アプリ「エクセルシオールパス(Excelsior Pass)」の試験運用を実施したことを3月2日発表した。 この「エクセルシオールパス」は2月27日にバークレイズセンターで行われたNBAのブルックリン・ネッツの試合の際にパイロット第一段階のテストに成功したとのこと。「エクセルシオールパス」の利用者は会場にてQRコードを提示しスキャンを行うことで自身の健康状態を提示できる。リリースによると3月2日にマディソン・スクエア・ガーデンで行われるNHLのニューヨーク・レンジャーズの試合にて2回目のテストが行われる予定とのことだ

ブレイブがテイルキャットを買収、独自検索エンジン「Brave Search」の開発を目指す

プライバシーに焦点を当てた次世代分散型ブラウザであるブレイブ(Brave)の開発を行うブレイブ・ソフトウェア(Brave Software)が、オープン検索エンジンであるテイルキャット(Tailcat)を買収し、独自の検索エンジンであるブレイブ・サーチ(Brave Search)の開発を進めていることを3月3日に発表した

リップル社が中銀デジタル通貨向け「CBDC Private Ledger」のパイロット版ローンチ

リップル(Ripple)社が中央銀行デジタル通貨(CBDC)向けの「CBDC Private Ledger」パイロット版を3月3日に発表した。 「CBDC Private Ledger」は各国中央銀行に対しデジタル通貨の発行と管理を用途に、オープンソースである「XRP Ledger」のプライベートバージョンとして公開がされた。