ニューヨーク・タイムズがブロックチェーン技術を活用したプロジェクトの進捗を公開

ニューヨーク・タイムズがブロックチェーン技術を活用したプロジェクトの進捗を公開

ニューヨーク・タイムズが2019年に発表していたブロックチェーンのプロトタイププロジェクトの進捗の詳細を公開した。

これまでにニューヨーク・タイムズ紙の研究開発チームは、オンライン上での誤報の問題に対処するためにブロックチェーン技術を活用したプロジェクトである「The News Provenance Project」を推進してきた。

このプロジェクトの目的は、ソーシャルメディア上での写真の流通経路とブロックチェーンが読者ソーシャルフィード内のニュース写真の信頼性を見分けるのに役立つかどうかを検証することだ。

これらの写真は「Field name、Description、Requirement、Data type、Example」などを記録しデータベースに保存される。

実証のプロトタイプでは理論的な報道機関のプライベートネットワークと、データベースと台帳の所有権を共有する模擬ソーシャルメディアプラットフォームが作成された。

このソーシャルメディアプラットフォームは、IBMのHyperledger Fabricを基盤としている。

ソーシャルメディアプラットフォームでは、システムネットワークの参加者が写真のメタデータに対して適切な権限を持っていることを確認するためにネットワークモデルが作成された。さらにニュース写真の履歴を理解するために必要なメタデータのフィールドを追跡するためのデータモデルも作成された。

このプロトタイプのユーザー実証を通してニューヨーク・タイムズは、読者がソーシャルメディアのフィード内の写真の情報に基づきニュースの信頼性を測っている可能性を明らかにした。

この実証では単純なスマートコントラクトを実装し写真データのトランザクションを送受信させたが想定した結果を得られなかったため、ニューヨーク・タイムズは、ブロックチェーン上のコンテンツはネットワークメンバーによってレビューされるべきだろうという結論に至った。

編集部のコメント

ニューヨークタイムズはIBMのHyper Ledger Fabricを活用してフェイクニュースや誤報を阻止するシステムを構築する計画を2019年7月24日明らかにしています。

ニューヨーク・タイムズはブロックチェーンを活用したプロジェクトを着実に進めていて、研究や実証も事細かく行なっています。彼らがウェブメディアにおけるフェイクニュース問題や著作権問題に対して本気で解決することを目指していることが伺えます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock/Vladyslav-Severyn)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

クラーケンが22年に直接上場を検討、ジェシー・パウエルCEOが言及

米サンフランシスコ州に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が2022年に株式上場の検討をしていることが明らかになった。このことは米ニュースメディアCNBCがクラーケンのCEOであるジェシー・パウエル(Jesse Powell)にインタビューを行い4月8日に報じた内容だ

ロシアのデジタルルーブル、Immutable Xメインネットローンチなどのニュース解説ラジオ

米ステートストリート、ホールセール向けデジタル通貨プラットフォームを2021年半ばに正式稼働ロシア中央銀行幹部、デジタルルーブルを2023年にローンチを示唆、NFTソリューションImmutable X Alpha、メインネットローンチ、中国企業メイツが3度目のビットコイン購入、暗号資産総保有額は110億円相当、住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ、三井トラストがデジタル戦略の新会社設立、デジタル証券などの新規事業創出へ、暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加、クリプトゲームスがエンジンと提携、Enjin MarketplaceでバーチャルアーティストのNFTを販売へ

暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加

リップル、CoinShares、ConsenSys、国連気候変動枠組条約気候チャンピオンなどが協業し、ブロックチェーンと暗号資産におけるサステナビリティの取り組み推進のため「Crypto Climate Accord(暗号資産気候協定)」発足を発表した。特に脱炭素化に向けて取り組みを行う。

住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ

住信SBIネット銀行株式会社と米DLTグローバル(DLT Global Inc.)の子会社DLT Labs Japan Incorporated(DLT Labs)が共同でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューションを日本国内にて提供する契約を締結したことを4月8日発表した。