Fireblocksが新たなデジタルアセット転送システムをローンチ

Fireblocksが新たなデジタルアセット転送システムをローンチ

デジタルアセット転送プラットフォームを提供するFireblocksが新たにデジタルアセットの高速転送ネットワーク「Secure Asset Transfer Network」をローンチした

Fireblocksはアドレス入力、デポジットのテスト、長い承認時間などのデジタルアセットの転送にまつわるストレスをなくし、より安全で効率的なデジタルアセットの転送の実現を目指す企業。同社はこれまでにも安全性と利便性を追求した転送システム「Secure Asset Transfer Environment」を提供していた。

これまでの転送システムでは送信者が受信者のウォレットアドレスを手入力する必要があったが、今回発表された「Secure Asset Transfer Network」は受信者にリクエストを送るだけで簡単に送信先を指定できるようになるとのこと。

Fireblocksによれば55以上の機関と26の暗号資産取引所がすでに「Secure Asset Transfer Network」を利用をしており、Binance, Coinbase Pro, Gemini, Krakenも利用をしているとのこと。

またFireblocksが提供するプラットフォームを介して今までに累計で300億ドル以上のデジタルアセットが転送されているとのことだ。

なおFireblocksはFidelity Digital Assets Serviceをはじめとする投資家から出資を受けており、これまでに1,600万ドルの資金調達を行っている。

(images:iStock /Bannosuke・RamCreativ)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催