分散型プラットフォームのオントロジー(Ontology)がブロックチェーンゲームでマイクリやブレヒロと提携

分散型プラットフォームのオントロジー(Ontology)がブロックチェーンゲームでマイクリやブレヒロと提携

ブロックチェーンを利用した分散型プラットフォームOntology(オントロジー)が日本発のブロックチェーンゲーム「マイクリプトヒーローズ( 以下マイクリ)」と「ブレイブフロンティアヒーローズ(以下ブレヒロ)」との提携を5月27日に発表した。

今回の提携により、マイクリおよびブレヒロのプレーヤーはOntologyが提供するONTOウォレットの dAppページよりゲームにアクセスできるようになる。

またプレーヤーはONTOウォレットを通じてゲーム内で使用されるNFT(BFH Unitやエクステンションなど)を転送・交換することが可能になる。

今回の提携に対して、マイクリのプロデューサーである増山健吾氏は「ブロックチェーンゲーム業界はまだ黎明期です。しかしブロックチェーンは、プレイヤーがゲームへの情熱を本当の価値を持った資産に変えることを可能にし、ゲームエコノミーに変革をもたらす力を持っていると信じています」とコメントしている。

ブレヒロのプロデューサーである石川駿氏は「いまだにゲームは時間とお金の無駄だと考えられています。しかし、ブロックチェーンを活用すれば、ゲーマーは好きなことをしながらお金を稼ぐことが可能になります。Ontologyとのコラボレーションによって、そのビジョンの実現に一歩近づくことができます」とコメントしている。

編集部のコメント

OntologyはOnChain社が開発する企業向けのブロックチェーンプラットフォームです。同プラットフォームでは、パブリックブロックチェーンをそれぞれの企業の要望に応じてカスタマイズすることが可能になります。また同社はパブリックブロックチェーンNEOの開発にも携わっています。

マイクリプトヒーローズは10万人を超えるユーザー数を抱える、イーサリアムベースのブロックチェーンゲームです。ゲームシステムはターン制のMMORPGとなっており、ダンジョンを進めることでNFTであるアイテムやヒーローを入手することができます。昨年12月には手塚プロダクションとのコラボが発表されました。

ブレイブフロンティアヒーローズは今年1月30日にローンチされたRPGゲームで、マイクリのブロックチェーンシステムを踏襲した仕組みとなっています。同ゲームではETHを用いてキャラクターを購入することが可能となっており、ローンチから1週間で2,000ETH(約4,000万円)の売り上げを記録しています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:antoniokhr,dalebor)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【速報】約6.3ETH(約276万円)で落札、箕輪厚介編集長の雑誌「サウナランド」電子書籍出版権NFT

NFT事業や「FiNANCiE」を提供する株式会社フィナンシェが、NFT事業において箕輪厚介編集長のサウナ専門雑誌「サウナランド」の電子書籍をNFTとして発行し、オークションを開催していた。 そして本日5月11日21時59分に終了予定だったオークションは、終了直前に入札が相次ぎ、延長の末23時分に終了した。

デジタル人民元が中国人民銀行提供のウォレットで利用可能に、UBS証券の富裕層顧客向けサービスなどのニュース解説ラジオ

デジタル人民元、アリペイおよび中国人民銀行のモバイルウォレットで利用可能に、中国の暗号資産サービス企業バベル・ファイナンス、セコイアチャイナらから約40億円の資金調達、UBS証券、富裕層顧客向けデジタル資産投資サービスを検討開始、暗号資産預け入れサービス「ジェミナイ・アーン」にてDOGE、SUSHI、INJ、MATICのサポート開始、Internet Computer(ICP)、新たにバイナンスとKuCoinに上場、ブロックチェーン活用の新型コロナウィルス陰性デジタル証明書、カリブ海アルバ島にて試験運用、アバカスが暗号資産交換業を撤退、申請も取り下げに、ソーシャルカラオケアプリ「SOMESING for LINE Blockchain」が正式ローンチ

暗号資産預け入れサービス「ジェミナイ・アーン」にてDOGE、SUSHI、INJ、MATICのサポート開始

暗号資産(仮想通貨)取引所とカストディアンサービスを運営する米ジェミナイ(Gemini)が、同社の提供する暗号資産預け入れサービス「ジェミナイ・アーン(Gemini Earn)」にてドージコイン(DOGE)を年利(APY)2.25%にて取り扱いを開始することを5月9日発表した。なおジェミナイはドージコインの取り扱いを5月4日より開始している。