(gumi國光氏コメントあり)分散型コンテンツデリバリーネットワーク「Theta(シータ)」のバリデーターにGoogleが参加

(gumi國光氏コメントあり)分散型コンテンツデリバリーネットワーク「Theta(シータ)」のバリデーターにGoogleが参加

分散型コンテンツデリバリーネットワークを提供する「Theta Labs(シータ・ラボ)」の「Theta(シータ)」のエンタープライズバリデーターにGoogle Cloudが参加することが発表された。これでBinance、Blockchain Ventures、gumiに加えて計4社となる。

Thetaのエンタープライズバリデータープログラムへこのような企業が参加することで、Theta の基礎となるコンセンサスプロトコルに従ってトランザクションを検証することが可能になる。

そしてGoogle CloudはThetaの優先クラウドプロバイダーとなり、世界中のユーザーは数回のクリックでGoogle Cloud Marketplace(GCP Marketplace)から直接Thetaノードをデプロイして実行できるようになるとのこと。

Google CloudのDeveloper Advocate(ディベロッパー・アドボケート)のAllen Day(アレン・デイ)氏は「分散型台帳技術は、メディア&エンターテインメント業界を含むグローバルなデジタル経済を変革する可能性のある新しいビジネスモデルを可能にします。

Google Cloudは、ブロックチェーン領域の動画とデータ配信におけるシータの実績に驚いています。なのでGoogle CloudはThetaのエンタープライズバリデータとして参加し、シータの長期的なミッションと将来の成長をサポートするためにGoogle Cloudのインフラを提供できることを楽しみにしています」とコメントしている。

Theta Labsの共同設立者兼CEOであるMitch Liu(ミッチ・リュー)氏は「業界全体でのThetaの採用を加速させるために、いくつかの重要な戦略的分野でGoogle Cloudとのパートナーシップを深めていくことができ、大変嬉しく思います。

Google Cloudをエンタープライズバリデータとして、他のグローバルパートナーと共に歓迎し、プロトコルのセキュリティと分散化をさらに強化します。Google Cloudはネットワークとストリーミングビジネスを構築し続ける中で、使いやすさ、ネットワークの優位性、プラットフォームのパフォーマンスを提供する広範な地理的範囲をカバーしており、グローバルなスケールアップを支援してくれる完璧なパートナーです」とコメントしている。

あたらしい経済編集部はgumi取締役会長でThetaのエンタープライズバリデーターの1社であるgumi Cryptos代表取締役社長の國光宏尚氏へ「gumiがThetaのネットワークの実績をどのように捉え、エンタープライズバリデータになることで、gumiにどのようなメリットがあるとお考えでしょうか?」と質問を投げかけた。

國光氏は質問に対して「分散型ネットワークの構築はブロックチェーンのキラーユースケースの一つと確信しています。そのトッププレイヤーのThetaに投資家として、そしてバリデータとして関われることを嬉しく思います」とコメントしてくれた。

編集部のコメント

Thetaは、動画配信を高速かつ低コストで行うことができるブロックチェーンによる分散型ビデオストリームネットワークであるTheta.tvの開発などを行なっています。そして、独自のトークンThetaを発行しています。2020年1月23日からBinanceでThetaのステーキングサービスが提供されていて、パートナ企業にはgumi cryptos、コロプラ、SONY、SUMSUNG、YouTubeなどが存在しています。

Thetaのウェブサイト上でYouTubeのファウンダーであるStevie Chen(スティーブ・チェン)氏は「Thetaは、YouTubeプラットフォームが2005年に従来のビデオをディスラプトさせたのと同じように、今日のオンラインビデオ業界をディスラプトさせるように動いています。YouTubeの最大の課題の1つは、世界中のさまざまな場所にビデオを配信するためのコストが高いことです。なので、私は次世代の動画ストリーミングスペースに参加できることを嬉しく思います。Thetaが低コストな動画配信を提供できる分散型のピアツーピアネットワークの作成できるために、支援していきます」とコメントをしています。

現状コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)の領域はAkamaiとAWSのAmazon CloudFrontの2強となっています。GoogleとしてはCDNを分散化することで、Youtubeの運用コストなどを下げる狙いがあるのではないでしょうか。そしてgumi CryptosはアジアのCDNの起点として重要なポジションを築いていくのではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:AliseFox–)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

MUFGが独自デジタル通貨を20年下期に発行か、シンガポール通貨庁がJP MorganのBC活用のマルチカレンシー決済ネットワークのプロトタイプテスト完了などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

三菱UFJが独自デジタル通貨「coin」を2020年下期に発行か、シンガポール通貨庁(MAS)がJP Morganのブロックチェーン技術を活用したマルチカレンシー決済ネットワークのプロトタイプテスト完了を発表、コインチェックがBAT(ベーシックアテンショントークン)の取り扱いを開始へ、(担当者取材コメントあり)メタップスアルファが世界初となるクレジットカードを用いた⽇本円によるデジタルアイテム(NFT)の決済機能をリリース、米国SECとCFTCがトークン化株式投資プラットフォームAbraを摘発

シンガポール通貨庁(MAS)がJP Morganのブロックチェーン技術を活用したマルチカレンシー決済ネットワークのプロトタイプテスト完了を発表

シンガポール通貨庁(MAS)がマルチカレンシー決済ネットワークのプロトタイプテストを成功させたことを発表した。このプロトタイプは中央銀行のデジタル通貨(CBDC)に焦点を当てて始まった一連の実証実験「Project Ubin(プロジェクト・ウビン)」の第5段階だ。このプロジェクトは、シンガポール通貨庁、JPMorgan、Accentureで行われた。

G20がデジタル通貨容認し10月に規制論議を本格化か、イーサリアム2.0ローンチが21年に持ち越しか、Coinbaseが米国シークレットサービスへBC分析ソフト提供などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

G20がデジタル通貨を事実上容認し10月には規制論議が本格化か、イーサリアム(Ethereum)2.0のローンチが2021年に持ち越しか、Coinbase(コインベースが)がU.S.Secret Service(米国シークレットサービス)へブロックチェーン分析ソフトを4年契約18万3750ドルで提供、フランスの製薬会社Transgene(トランスジーン)が臨床試験にブロックチェーンを活用

フランスの製薬会社Transgene(トランスジーン)が臨床試験にブロックチェーンを活用

フランスの製薬会社Transgene(トランスジーン)がブロックチェーンサプライチェーンのトレーサビリティプラットフォーム「Hypertrust X-Chain(ハイパートラストエックスチェーン)」を臨床試験プロジェクト「myvac(マイヴァク」に組み込んだことを発表。