アニークが攻殻機動隊のデジタルアートワークをブロックチェーンを利用して共同保有する企画開始

アニークが攻殻機動隊のデジタルアートワークをブロックチェーンを利用して共同保有する企画開始

Anique株式会社が、同社提供のサービス「Anique(アニーク)」において『攻殻機動隊 SAC_2045』のデジタルアートワークを共同保有する特別企画を実施することを5月20日発表した。

Aniqueはブロックチェーン技術を活用し、日本のアニメやマンガ、ゲームのアートワークのデジタル所有権を販売し、世界にひとつだけのコレクションとして保有・売買することを可能にするサービス。同サービスではこれまで『進撃の巨人』『serial experiments lain』(シリアルエクスペリメンツレイン)『STEINS;GATE』『魔法使いの嫁』『ロボットガールズ』『七つの大罪』『けものフレンズ』などの特典付き公認デジタルアート数百点を出品している。

今回の『攻殻機動隊 SAC_2045』のデジタルアートワークを共同保有する特別企画は、同作品のNetflix全世界独占配信を記念したもので、同作のキャラクターデザインを担当したイリヤ・クブシノブ氏によるデジタルアートワークが取り扱われる。

また同企画はデジタル上に存在する同作の主人公である「草薙素子」のデジタルアートの存在を、世界中のファンの協力で証明することを目的としているとのこと。

今回のこの企画でデジタルアートワークの共同保有パートナーとなると、自身の名前がアートワークのデジタル証明書に刻まれる仕組みだ。

また共同保有パートナーになると自分だけのオリジナルID(ブロックチェーントランザクションID)が付与されることや、同オリジナルIDが刻まれた額装絵などのオリジナルグッズの注文権利を得られるなど、計5つの特典が用意されている。

なお、共同パートナーの権利は1,500円(税抜)で5月20日12時~6月22日21時までの期間で販売されるとのことだ。

この企画の詳細についてはこちら

編集部のコメント

Aniqueは「作品とファンとの間にある永遠のつながりを、特別な儀式をもって証明すること」をミッションに掲げるサービスです。同サービスはアニメや漫画などのアートワークと作品を愛するファンをつなげることで、作り手に利益が還元され続けるシステムを提供しています。

デジタル所有権の仕組みとしては、作品のひとつひとつに固有のIDが割り振られ、このIDはオーナーのアカウントと紐付けられることによってデジタル所有権としての機能を果たします。IDとアカウントとの紐づけはブロックチェーン(イーサリアム)に記録されるため、所有権は半永久的に証明され続けます。

また、このIDは他のアカウントへ譲渡可能で所有権が移転するたびに作り手に売却金額の一部を還元する仕組みになっています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:liuzishan)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

コインベースプロにてCTSI、RLC、MIR、TRBが上場へ

米暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)が、同社の提供する個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase Pro(コインベースプロ)にて暗号資産(仮想通貨)カルテシ(Cartesi:CTSI)、アイエクセック(iExec:RLC)、ミラープロトコル(Mirror Protocol:MIR)、テラー(Tellor:TRB)の4銘柄の上場を5月4日発表した。

三菱重工と日本IBM、CO2流通をブロックチェーンで可視化するデジタルプラットフォーム「CO2NNEX」構築へ

菱重工業株式会社と日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)が、二酸化炭素(CO2)流通を可視化するデジタルプラットフォーム「CO2NNEX(コネックス)」の構築開始を5月6日発表した。なおこのプラットフォームには「IBM Blockchain Platform」が活用される。

米国銀行へビットコインサービス提供か、ストーンリッジ子会社NYDIGとフィデリティ

ニューヨークに拠点を置く100億ドル規模の資産運用会社ストーンリッジ(Stone Ridge)の子会社であるニューヨーク・デジタル・インベストメント・グループ(NYDIG)がフィデリティ・ナショナル・インフォメーション・サービス(Fidelity National Information Services)と提携し、米国の銀行が今後数カ月のうちにビットコインを提供できるようなフレームワークを提供する予定であるとCNBCが報じた。

ギャラクシーデジタル、暗号資産カストディ企業ビットゴーを約1,300億円で買収

ギャラクシーデジタル(Galaxy Digital)がデジタル資産カストディ企業ビットゴー(BitGo)の買収に合意したことを5月4日に発表した。買収金額は2021年同日のギャラクシーデジタルの株価終値に基づき約1,300億円(約12億ドル)となった。また買収の契約条件に基づくと、ビットゴーの株主に支払われる対価はギャラクシーデジタルの普通株式3,380万株の新規発行と現金2億6,500万ドルとのことだ。ビットゴーのCEOであるマイク・ベルシェ(Mike Belshe)はギャラクシーデジタルのDeputy CEO(副CEO)として入社し、取締役会のメンバーとなる予定だ。