テックビューロがCOMSA事業の方針変更を発表

テックビューロがCOMSA事業の方針変更を発表

テックビューロホールディングス株式会社及びテックビューロ株式会社が、同社のCOMSA事業に関して事業方針の変更することを5月20日発表した。

COMSAとはICO総合プラットフォームとして企業のICOの支援を目指していたプロジェクトだが、COMSA(CMS)トークンのICO後に関連する規制の方向性が示され、扱っていた他社企業ICO案件を中断して2年以上が経過していた。

20日に発表された新たな事業方針により、これまで想定していたICO総合プラットフォームとしての運営を、今後はNFTや譲渡制限機能を実装したトークンの発行支援に変更するとのことだ。

今回の方針変更の理由についてテックビューロホールディングス株式会社及びテックビューロ株式会社は、2018年より2年以上もCOMSAでのICO案件が止まっていることと、今年5月1日の法改正によってもICOに関する明確なガイドラインが示されなかったことを挙げており、このまま明確な規定が設けられていない中で事業を進めることは、同社にとってもCOMSAトークンホルダ―にとってもリスクが高いとの判断から方針の変更に至ったとのことだ。

同社は新たな事業方針として、STOとICOのいずれにも当たらない形でのトークン発行と活用を提案するソリューション事業を挙げている。その中でも実現可能性が高いのがNFTや譲渡制限機能を用いて不特定多数での取引を制限した、暗号資産交換所にて上場不可能なトークンを用いたビジネスモデルの提案だという。

具体的には、まずイーサリアム(Ethereum)トークンやネム(NEM)モザイクに対応した既存の環境を優先的に活用できる範囲から発行支援の提案を再開し、続いてNEM、Symbol、mijinという3つのブロックチェーンを抱合したトークン管理環境をCOMSA COREとCOMSA HUBを用いて構築していくとのことだ。

編集部のコメント

テックビューロホールディングス株式会社およびテックビューロ株式会社は、COMSA関連事業・プライベートブロックチェーンmijinの開発を行っているブロックチェーン企業です。

最近では、異なるブロックチェーン間でトークンのペッグと制御を行い、それぞれの価値をトークンに変換し、総量をコントロールするソフトウェア「COMSA CORE」やmijinとパブリックブロックチェーンの間で残高をコントロールするソフトウェア「COMSA HUB」の製品版を公開していました。

また同社は暗号資産交換所Zaifの運営も行っていましたがハッキング被害を受け、2018年11月に株式会社フィスコへの事業譲渡を発表し、現在Zaifは株式会社フィスコが運営をしています。

またCOMSAが発行していたCMSトークンは、2017年11月ごろに約100億円を調達することに成功し、一躍話題となりました。しかし法整備が未完成であることから2018年1月にテックビューロ社はCOMSA事業の他企業ICO案件をストップし、2月にはCOMSAプラットフォームの事業化に向けた体制を強化すると発表をしていました。なおCMSトークンは現在日本国内ではZaifの取引所サービスでのみ売買が行われています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:Aleksei_Derin,liuzishan)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社のCEOを発表、日本損害保険協会とNECがブロックチェーン技術の共同検証開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社リブラネットワークスのCEOを発表、一般社団法人日本損害保険協会とNECが共同保険の事務効率化を目的にブロックチェーン技術の共同検証開始、米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携、LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。

(アンダーソン・毛利・友常法律事務所の長瀨威志弁護士のコメント追記)米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生

アメリカの暗号資産(仮想通貨)を運営するクラーケン(Kraken)がアメリカのワイオミング州より「クラーケン・フィナンシャル(Kraken Financial)」の設立申請を認可されたことを発表した。

ワイオミング州でデジタル銀行クラーケン・フィナンシャル誕生、ユニスワップがプロトコルトークンUNI発表、バハマで10月CBDC発行へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米国初!ワイオミング州でデジタル銀行「クラーケン・フィナンシャル」が誕生、分散型金融プラットフォームのユニスワップがプロトコルトークン「UNI」を発表、ワーナーメディア子会社ターナースポーツがブロックチェーンゲームプラットフォーム「Blocklete Games」をローンチ、バハマ中央銀行がデジタル通貨を10月発行へ、ビットフライヤーが2020年8月の取引実績を発表

(Kyber Network Japan managerの堀次泰介氏、マネーパートナーズグループ社長室の鈴木雄大氏コメントあり)分散型金融プラットフォームのユニスワップがガバナンストークン「UNI」を発表

分散型金融(DeFi)プラットフォームを提供するユニスワップ(Uniswap)がプロトコルトークン「UNI」を発行し、流動性マイニングを行うことを9月16日に発表した。流動性マイニングは日本時間の2020年9月18日午前9時に開始される予定。分散型金融の観点で言及されている流動性マイニングとは、ユーザーが分散型プラットフォームにトークンを供給することで、プラットフォーム側からプロトコルトークンを配布される仕組みのことである。