セロ(Celo)がメインネットのローンチを発表

セロ(Celo)がメインネットのローンチを発表

モバイルファーストのペイメントインフラを構築している米国企業セロ(Celo)が独自ブロックチェーンのメインネットを公開したことを5月19日発表した。

セロは新興国が経済参加できるようなエコシステムを生み出していくことを目指し、独自のステーブルコインイニシアチブ「Celo Alliance for Prosperity」を設立している。同アライアンスにはAndreessen Horowitz やCoinbase Ventures、Klaytnなどグローバルな企業や団体が76社参加している。

今回のCeloネットワークのメインネットローンチにより、同社独自の金にペッグするステーブルコイン「Celo Gold」がオンチェーンで機能することになる。なお「Celo Gold」は先日5月13日に米国暗号資産(仮想通貨)取引所CoinListにてオークション形式にて販売され、合計1,000万ドル(約10億円)の資金を調達していた。

セロの公式mediumによるとメインネットローンチの次の展開として、「Celo Gold」のオフチェーン価格へオラクル機能を実装しオンチェーン価格とつなげること、米ドルペッグの独自ステーブルコイン「Celo Dollars(cUSD)」の発行、メインネットで稼働する「Celo Wallet」のローンチを予定しているとのことだ。

編集部のコメント

先月4月30日に暗号資産の管理保管などの代理業務であるカストディサービスを提供するコインベースカストディ(Coinbase Custody)が新たに暗号資産(仮想通貨)5銘柄をサポートすることを発表し、その5銘柄にはCelo Gold(cGLD)が含まれていました。その発表の中でceloがメインネットローンチを実施次第、同社カストディサービスで取り扱いをユーザーに提供するとしていました。

セロは新興国が経済参加できるようなエコシステムを生み出していくことを目指しているため、FacebookのLibra Associationと比較されることもあります。ちなみにAnchorage、Bison Trails Co.、Coinbase Ventures、Andreessen Horowitz and Mercy CorpsなどCelo AllianceとLibra Associationの両方に加入している団体も存在しています。

なお、あたらしい経済編集部は以前CeloのFounderであるRene Reinsberg(レネ・レインズバーグ)氏へインタビューを行っています。こちらも併せてお聴きください。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:RomanOkopny,dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

「メイツーがイーサとビットコイン取得、ロビンフッドがナスダック上場検討など」ブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

香港証券取引所上場のMeitu Groupが15,000ETHおよび379BTCを取得、米投資アプリのロビンフッドがナスダックでの上場検討か、イーサリアムの手数料改善案「EIP-1559」が7月のアップグレードで導入予定、標準料金化へ、ジャックドーシーが自身のツイートをNFTで販売、価格は約2億7,000万円に、米金融スタートアップのエコ(Eco)がa16zらから約28億円の資金調達、Bybitが英国でのサービス提供を停止へ、IBMとモデルナが新型コロナワクチンのサプライチェーンをブロックチェーンで管理する計画発表

IBMとモデルナが新型コロナワクチンのサプライチェーンをブロックチェーンで管理する計画発表

米IBMがモデルナ(Moderna)と共に、ブロックチェーンやAIなどの技術を利用し新型コロナウイルス感染症ワクチンの管理をする計画を3月4日発表した。 モデルナは米国マサチューセッツ州に拠点を置くバイオ医薬品メーカーであり、新型コロナウイルス感染症ワクチンを開発する企業だ。日本においても武田薬品工業株式会社がモデルナの同ワクチンの製造販売承認取得後に2021年前半から5,000万回接種分を国内において順次供給予定であることを発表している

「スクエアがTIDALの株式取得、BitGoがNY信託ライセンス取得など」ブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米スクエアが音楽ストリーミング「TIDAL」の過半数株式を約300億円で取得、BitGoがニューヨーク州の信託ライセンス取得、ペイパルCEOが暗号資産専門チームについて説明、Decrypt取材、フォルクスワーゲンとエナジー・ウェブが提携、EVの電力市場への統合を目指す、【取材】FiNANCiEがBリーグ「仙台89ERS」のクラブトークンを発行、CryptoGamesが「NFT Studio」を3月リリースへ