米アリゾナ州共和党大会はブロックチェーン基盤のモバイルアプリ「Voats(ヴォーツ)」を利用

米アリゾナ州共和党大会はブロックチェーン基盤のモバイルアプリ「Voats(ヴォーツ)」を利用

米アリゾナ州の共和党大会でブロックチェーン基盤のモバイルの投票アプリケーション「Voatz(ヴォーツ)」が導入されたことがDecryptの報道によって明らかになった。5月9日に行われた共和党大会はビジュアル・ライブストリーミングでの講演や電話などを通してコミュニケーションが行われ、投票はモバイルアプリでバーチャルな共和党大会となった。実際に累計1,100票以上の投票がiOS、Android端末から行われた。

今回Voatzが利用された背景としては、コロナウイルスのパンデミックの影響でオンラインで投票や講演のライブストリーミングを完結させる必要があったから。

Voatzは、Overstock.comの投資部門であるMedici Ventures(メディチベンチャーズ)の支援を受けていて、生体認証データと許可されたブロックチェーンを使用してユーザーのアイデンティティと投票データを保護する仕組みだ。

Voatzの共同創業者でCEOのNimit Sawhney(ニミット・ソウニー)氏は「これは私たちの民主主義にとって重要な瞬間であり、私たちは個人的に投票するための安全な代替手段を確保しなければなりません。そして私たちは、投票へのアクセスを拡大することを深く信じており、多くの有権者の健康が危険にさらされている中で、代議員の声を代表するというアリゾナ共和党の義務を支援するために、私たちの経験を活用できることを誇りに思っています」とコメントしている。

編集部のコメント

Voatzは2016年以来、60以上の公私の選挙を実施してきました。そして直近の実績としては2019年のユタ州と郡の共和党大会で、7000票以上の票を獲得しました。アメリカではVoatzに対する期待は大きいようで、ウェストバージニア州のジェニファー・ガードナー国務長官室副報道官がメディアDecryptに対して2020年の海外軍事投票でも再びVoatzを使用する予定であると語っていたようです。

しかしこの際にMITからVoatzシステムの脆弱性を指摘されました。それに対してVoatzはMITの研究の問題点を詳細に記述した投稿で批判に応え、MITのレポートを「欠陥のある報告書」と呼びました。そのような背景があり、Voatzはしばしばソースコードを共有して、透明性の高い開発体制を整えてモバイルアプリを運用してきたようです。

そして今回のアリゾナ州の共和党大会では見事成功を収めたようです。今後ますますオンラインで完結する選挙のあり方は重要になってくると思います。こういった事例が増えていき、知見や仕組みが共有されていけば、導入する国や自治体などは増えてくるのではないかと「あたらしい経済編集部」は考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:stockdevil,maystra,antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

コインベースプロにてCTSI、RLC、MIR、TRBが上場へ

米暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)が、同社の提供する個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase Pro(コインベースプロ)にて暗号資産(仮想通貨)カルテシ(Cartesi:CTSI)、アイエクセック(iExec:RLC)、ミラープロトコル(Mirror Protocol:MIR)、テラー(Tellor:TRB)の4銘柄の上場を5月4日発表した。

三菱重工と日本IBM、CO2流通をブロックチェーンで可視化するデジタルプラットフォーム「CO2NNEX」構築へ

菱重工業株式会社と日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)が、二酸化炭素(CO2)流通を可視化するデジタルプラットフォーム「CO2NNEX(コネックス)」の構築開始を5月6日発表した。なおこのプラットフォームには「IBM Blockchain Platform」が活用される。

米国銀行へビットコインサービス提供か、ストーンリッジ子会社NYDIGとフィデリティ

ニューヨークに拠点を置く100億ドル規模の資産運用会社ストーンリッジ(Stone Ridge)の子会社であるニューヨーク・デジタル・インベストメント・グループ(NYDIG)がフィデリティ・ナショナル・インフォメーション・サービス(Fidelity National Information Services)と提携し、米国の銀行が今後数カ月のうちにビットコインを提供できるようなフレームワークを提供する予定であるとCNBCが報じた。