韓国カカオのブロックチェーン・クレイトン(Klaytn)が分散型オラクルネットワーク・チェインリンク(Chainlink)と提携

韓国カカオのブロックチェーン・クレイトン(Klaytn)が分散型オラクルネットワーク・チェインリンク(Chainlink)と提携

韓国の大手インターネット企業カカオ(Kakao)によるパブリックブロックチェーンプロジェクト・クレイトン(Klaytn)が、分散型オラクルネットワーク・チェインリンク(Chainlink)と提携することを5月18日プレスリリースにて発表した。

今回の提携によりチェインリンクのオラクル機能をクレイトンに統合することで、クレイトン上のスマートコントラクトがブロックチェーン外の情報に接続できるようになる。つまりクレイトン上にて現実世界の情報やシステムと連動したアプリケーションを開発することが可能になるとのことだ。

クレイトンがチェインリンクフレームワークを導入することで新たに開発可能となるアプリケーションとして、DeFi、NFT、保険、ゲーム、国際貿易などの例が挙げられている。

クレイトンのブロックチェーン開発企業グランドエックス(Ground X)の開発部門長であるシャンミン・シオ(Sangmin Seo)氏は「従来のインフラと相互運用可能なブロックチェーンアプリケーションを構築するための安全なオラクルフレームワークをチェインリンクはクレイトンに提供することができ、より多様な市場でより高機能な製品の開発を可能にする」とプレスリリースにてコメントしている。

またチェインリンクの共同創業者であるセルゲイ・ナザロフ(Sergey Nazarov)氏は「クレイトンのエコシステムに安全で信頼性の高いオラクルを提供し、次世代の分散型アプリケーションの開発を可能にすることを楽しみにしている」とコメントしている。

編集部のコメント

クレイトンはカカオのブロックチェーン関連会社グランドエックスが開発を進める、コンシューマー向けブロックチェーンプラットフォームです。同プラットフォームでは直感的に利用可能な開発環境が提供されており、ユーザーがブロックチェーンや暗号資産(仮想通貨)の専門知識を持っていなくてもアプリケーション開発が可能であることを特長としています。

またクレイトンは今月8日にはステーブルコインイニシアチブ「Celoアライアンス」への参加を発表しています。 チェインリンクは、スマートコントラクトをブロックチェーン外のWebAPIや銀行決済に安全にアクセスできるようにする分散型オラクルネットワークです。同ネットワークは安全で信頼性の高いオラクルを提供していることで知られており、GoogleやOracleなどの大企業に加え、PolkadotやSynthetixなどのブロックチェーンプロジェクトにも利用されています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:champc,Rudzhan-Nagiev)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ブロックチェーン学習サービス「PoL」が世界8言語対応、Eth2リサーチャーとのAMA開催も発表

株式会社techtec(テックテク)が、同社運営のブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を新たに世界8言語にてグローバルローンチしたことを7月28日発表した。対応する言語は英語、中国語、ヒンディー語、インドネシア語、ロシア語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語となる。

国際決済銀行、クロスボーダー決済を実現する「プロジェクト・ネクサス」構想発表

国際決済銀行(BIS)が各国の高速決済システムを連携させ、国境を越えた即時決済を可能にする「プロジェクト・ネクサス(Project Nexus)」を7月28日に発表した。このプロジェクトは、G20らが進めているクロスボーダー決済の強化に向けた活動を補完するものとのことだ。

リップル(XRP)利用の国際送金サービス開始、SBIレミットとSBI VCトレードがフィリピンに向けに

SBIレミット株式会社が日本初となる暗号資産(仮想通貨)を用いた国際送金サービスを開始したことを7月28日発表した。このサービスは国内にて暗号資産交換業を運営するSBI VCトレード株式会社と米リップル社(Ripple Labs Inc.)との提携を通じてフィリピン向けに展開するとのこと。