(CEL創業者兼CEOの片岡氏コメントあり)Cryptoeconomics Labが アプリケーション開発フレームワーク「gazelle(ガゼル)」のα版を提供開始

ブロックチェーン技術開発スタートアップの株式会社Cryptoeconomics Lab(クリプトエコノミクスラボ)がブロックチェーンを活用したアプリケー ションを開発するためのフレームワーク「gazelle(ガゼル)」α版の提供を開始したことを発表。

gazelle(ガゼル)は主要ブロックチェーンの1つであるイーサリアム(Ethereum)上で、処理スピードが速く、低コスト、高セキュリティなブロックチェーンアプリケーションを開発できるフレームワークだ。

このフレームワークは、取引の高速化と取引手数料の最小化を実行できる「Plasma(プラズマ)」と呼ばれる技術をブロックチェーンアプリケーション開発者が簡単に実装できるように、「Plasma」技術の基盤部分の設計を日本で初めてAPI化(仕組化)を実現したもの。これにより開発者はアプリケーション開発工数を大幅に削減することができるようになるとのこと。

Cryptoeconomics Lab最高技術責任者の部谷修平氏は「Cryptoeconomics Labは、国内外のブロックチェーンコミュニティと連携し、 Plasmaの技術を利用したgazelleの α版を作ることができました。今後このgazelleを利用し、お客様、そして開発者のみなさまと一緒にブロックチェーンのユースケース創出に取り組んでい きます」とプレスリリースでコメントしている。

あたらしい経済編集部はCryptoeconomics Lab 創業者兼CEOの片岡拓氏へ2つの質問を投げかけた。

Q1.具体的に開発者はアプリケーション開発工数をどれくらい削減できると考えていますか?

gazelleは、Plasmaを用いたアプリケーション開発を行う場合、Plasmaの開発工程(Smart Contract、Clientなど)を削減し、開発者はアプリケーションの開発のみに集中することが出来るようになります。

Q2.具体的にどのような業界で利用されることを想定されていますか

gazelleを用いてパブリックチェーンを利用することによって、ステーブルコインやERC20などのトークンをスケーラビリティの問題を気にすることなく、扱うことが出来るようになります。

大量のトランザクションを捌くことが可能な、価値を扱うアプリケーションの開発コストや取引手数料を削減出来ることによって、様々なユースケースが考えられます。

まずは、決済やエスクローを含む送金アプリケーションから構築していこうと考えています。

そして同社はgazelleの第一弾ユースケースとしてブラウザ版アプリのgazelle wallet(ガゼルウォレット)もローンチした。このアプリでは、DAIやWETHの送金体験ができる。

編集部のコメント

Cryptoeconomics Labはイーサリアム財団より2度のグランツを獲得している日本のブロックチェーン開発スタートアップです。今回α版をローンチしたgazelleを利用してブロックチェーンアプリケーションを構築すれば、裏側で「Plasma」が​複数のトランザクションを圧縮して1つのトランザクションにまとめられるので、イーサリアムに記録するトランザ クション数を最小限に抑えられ、アプリケーションの処理速度を現在の毎秒20取引から毎秒1,000取引まで引き上げられる見込があるとプレスリリースに記載されています。

実際に2019年はブロックチェーンアプリケーションが前年の2倍近くに増え、特にファイナンス・ゲーム領域を中心に、大量のトランザクションを高速処理したり、日常的に利用するインフラとしてイーサリアムのトランザクション手数料を低く抑えるなどのニーズが顕著化したとのことです。

グローバルデファクトスタンダードを形成しうるプロダクトのα版ローンチということで「あたらしい経済編集部」も期待しています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米セキュリタイズがデジタル証券サービス提供可能に、香港証券取引所がBCベースの資産取引後決済プラットフォーム試験導入へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米セキュリタイズがデジタル証券の発行から流通までサービス提供可能へ、香港証券取引所(HKEX)がブロックチェーンベースの資産取引後決済プラットフォームを2021年に試験導入へ、米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が証拠金取引サービスを終了へ、SBIホールディングスがデジタル商品券事業の継続的協力を目的に九州電力・筑邦銀行と連携協定締結

米セキュリタイズがデジタル証券の発行から流通までサービス提供可能へ

米デジタル証券会社セキュリタイズ(Securitize)が米証券取引委員会(SEC)認可の代替取引システム(ATS)を持ち、米金融取引業規制機構(FINRA)登録のブローカー・ディーラーであるディストリビューテッド・テクノロジー・マーケッツ(Distributed Technology Markets/DTM)の買収について米規制当局の承認を取得したことを11月25日に発表した。これによりディストリビューテッド・テクノロジー・マーケッツはセキュリタイズ・マーケッツ(Securitize Markets)に改称され、セキュリタイズはデジタル証券発行から流通市場までのデジタル化をカバーすることが可能になる。

香港証券取引所(HKEX)がブロックチェーンベースの資産取引後決済プラットフォームを2021年に試験導入へ

香港証券取引所(HKEX)がデジタルアセット開発企業のデジタルアセット(Digital Asset)社の提供するスマートコントラクト言語「DAML」を活用した新しい取引後決済プラットフォーム「HKEX Synapse」を立ち上げる計画を11月24日に発表。

SBIホールディングスがデジタル商品券事業の継続的協力を目的に九州電力・筑邦銀行と連携協定締結

SBIホールディングス株式会社が九州電力株式会社と株式会社筑邦銀行との間で包括連携協定を締結したことを11月24日発表した。この協定は3社が進めている「デジタル商品券・地域通貨を発行・運用するための情報プラットフォーム」を活用した新たなサービスや新規事業の検討・展開に向けた様々な取組みにおいて、継続的に連携・協力していくことを目的として締結されたとのこと。

デジタル人民元オフライン決済が12月試運用か、ウブロが偽造品対策にBC導入、ルワンダで鉱物トレーサビリティシステム試験運用へなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

中国の蘇州市で12月にデジタル人民元のオフライン決済の試運用か、高級時計ウブロ(Hublot)が偽造品対策のためブロックチェーンソリューションを導入、独マインスパイダー(Minspider)がGoogleとルワンダの錫業者と提携しブロックチェーンを活用した鉱物のトレーサビリティシステムを試験運用へ、三井住友海上がブロックチェーン技術を活用した「スマート国際貿易保険プラットフォーム」を開発、SBI VCトレードが貸暗号資産サービスの提供開始

独マインスパイダー(Minspider)がGoogleとルワンダの錫業者と提携しブロックチェーンを活用した鉱物のトレーサビリティシステムを試験運用へ

独ブロックチェーン企業マインスパイダー(Minspider)が、同社開発のブロックチェーンを活用した鉱物のトレーサビリティシステム「オレソース(OreSource)」の実装に向け、ルワンダ共和国の錫(すず)生産業者ルナ・スメルター(LuNa Smelter)と提携したことを11月24日レジャーインサイトが報じた。