日本ユニシスがブロックチェーン利用の電子チケット流通サービス「Kimaticke(キマチケ)」の提供開始と年内無償提供を発表

日本ユニシスがブロックチェーン利用の電子チケット流通サービス「Kimaticke(キマチケ)」の提供開始と年内無償提供を発表

日本ユニシス株式会社がブロックチェーンを利用した電子チケット流通サービス「Kimaticke(キマチケ)」の提供を開始することを5月18日に発表した。

Kimatickeは利用者(加盟店)が電子チケットをいつでも・ 簡単・安全に発行でき、消費者や観光客の送客や地域周遊を実現する社会基盤サービスとのこと。

Kimatickeは昨今の新型コロナウイルスによる外出自粛要請に伴う飲食業・観光業などの事業継続問題の解決や買い占めの抑制、外出等自粛終了後の地域復興の実現を目指すとのこと。

具体的には加盟店が発行した商品やサービスの電子チケットを消費者はスマホアプリを用いて「先買い」をし、先買いしたチケットを実店舗にて商品やサービスと引き換えを行うことができる仕組みだ。

このサービスを利用することで、加盟店は先買いチケットの販売によって事業継続のための資金調達ができ、また消費者は買い占めや在庫不足で商品が購入できない場合に商品引換券が配布され、商品を平等に手に入れることができる。またクーポンや地域商品券を観光客誘致用のプレミアム商品券として販売することで、外出自粛後の地域の経済復興につながるとのことだ。

そしてKimatickeはブロックチェーン技術を利用することでチケットの譲渡なども安全に行えるようになっており、チケットの移転履歴も参照可能となる。

なお2020年5月18日~2020年12月31日の期間は、利用者あたり最大6か月間全てのサービスが無償で利用できるとのことだ。

編集部のコメント

日本ユニシスはICT環境のシステム構築やデジタルトランスフォーメーションなどのビジネスソリューションを提供する大手ITサービス企業です。エネルギーマネジメントやMaaS関連分野など幅広く活動を行っており、特に決済分野を得意領域としています。

同社は今回のサービス提供に向けて、2018年に国内初となるブロックチェーンによる電子チケット(電子バウチャー)の社会実証実験を福島県喜多方市で実施し、2019 年にはブロックチェーンによる電子チケットの観光周遊サービスの本運用を大阪市で行っています。

また同社は2019年に東京大学、関西電力、三菱UFJ銀行と共同で、ブロックチェーン技術を用いた電力取引の実証実験を行ったほか、今年4月には日本セキュリティトークン協会(JSTA)への入会を発表しています。このことから同社はブロックチェーン関連分野にも高い関心を持っていることが伺えます。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/23話題】コロプラ子会社がゲーム内のデジタル宝石に投資するファンド、「FIT21法案」が米下院で可決など

コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内のデジタル宝石に投資する100万ドル規模のファンド組成、SECとCFTCのデジタル資産規制管轄権を明確化する「FIT21法案」が米下院で可決、ウィズダムツリーと21シェアーズ、暗号資産ETPをロンドン証券取引所に上場へ、香港規制当局、ワールドコイン(WLD)に業務停止を指示 プライバシー保護を理由に、ユニスワップがSECの「ウェルズ通知」に対する回答発表、裁判で争う姿勢も、オアシス(OAS)が韓国暗号資産取引所アップビットに上場、国内初、Zaifにスケブコイン(SKEB)上場、CryptoPunksがアーティストとのコラボプログラム開始、芸術家ニーナシャネルアブニーがNFT展開へ

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資