Zoomがエンドツーエンドの暗号化技術を提供する企業Keybaseを買収

Zoomがエンドツーエンドの暗号化技術を提供する企業Keybaseを買収

Zoom Video Communications(ズームコミュニケーションズ)がエンドツーエンドの暗号化技術を提供する企業Keybase(キーベース)を買収したことを発表した。なお、取引条件は明らかにされてはいない。

Zoomの買収の目的は、ユーザーがZoomを利用する際に現段階のスケーラビリティを確保したままエンドツーエンドの暗号化技術を統合させるため。

Zoom CEOのEriic S・Yuan(エリック・ユアン)氏は「確かにエンドツーエンドで暗号化された通信プラットフォーム、簡単に導入可能なセキュリティを備えた通信プラットフォーム、エンタープライズ規模の通信プラットフォームは存在していますが、現在のZoomプラットフォームには適したものはありません。

Zoom事体でそれらのサービスを構築することを計画していて、ユーザーにセキュリティ、使いやすさ、およびスケールをすべて一度に提供するつもりです。

そして、最初のステップは適切なチームを集めることです。KeybaseはZoomに深い暗号化とセキュリティの専門知識をもたらしてくれます。このようなセキュリティエンジニアのまとまりのあるグループを引き入れることは、セキュリティへの取り組みを強化するための90日間の計画を大幅に前進させることになります」とコメントしている。

KeybaseのファウンダーのMax krohn(マックス・クローン)氏は「KeybaseがZoomに参加できることを嬉しく思っています。私たちのチームは、セキュリティとプライバシーに情熱を注いでいます。そして1日に何億人もの参加者が利用するプラットフォームに私たちの暗号化の専門知識を提供できることを光栄に思っています」とコメントしている。

編集部のコメント

2011年に設立されたZoomVideo Communicationsは、カリフォルニア州サンノゼに本社を置き、世界中にオフィスを構えています。Zoomはビデオ会議、音声、ウェビナープラットフォームを提供しています。新型コロナウイルスの影響でリモートワークが広がる昨今、急激にユーザー数と認知度をあげているサービスです。

一方、セキュリティ面に関して不安視をする声も上がりました。一番問題になっているのが、「Zoom Bombing」(Zoom爆撃)と呼ばれる問題です。これは、ZoomがZoomのIDやURLさえ知っていれば誰でも簡単に利用できることから発生している問題です。これにより第三者がZoomサービスに参加してきて、暴言や違法画像をアップしたりしていて米国ではFBIなどが警告する事態にまで発展しました。なお現在それらのセキュリティ面の対応をアップデートによりZOOMは対応を進めています。今回の買収もそのような流れの一環とみれます。

Keybaseは2014年に設立されたスタートアップでCrunchbaseのデータによれば1100万ドル(11億7000万円)の資金調達を行っています。Keybaseは、エンドツーエンドの暗号化チャット、ファイル共有、コードホスティングを提供しておりユーザーごとの複数のデバイスや大規模でダイナミックなチームをクリーンに処理する暗号化プラットフォームをベースにしています。

今回の買収は元FacebookのCSO でありスタンフォード大学のインターネット観測所の所長でもあるAlex Stamos(アレックス・ステイモス) 氏がコンサルタントとしてZoomに加わり、セキュリティ対策の強化を見極め、実施している90日プランの一環となっています。

Keybaseチームは、Zoom のセキュリティ・エンジニアリング機能のメンバーとして、Zoomの90 日間の計画に重要な貢献をし、プラットフォームのセキュリティとプライバシー機能を積極的に特定、対処、強化していくとのことです。

なおKeybaseは2018年にはステラからの投資を受けたとCoinDeskが報じていて、様々なブロックチェーンプロジェクトへシステムを提供しています。このようにZoomがセキュリティとスケーラビリティを担保したサービスに進化すると、ビジネスツールとしてZoom上での決済システムなども組み込まれてくるのではないかと「あたらしい経済」編集部は考えております。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

サウジアラビア通貨庁とアラブ首長国連邦中央銀行がデジタル通貨に関する共同プロジェクト「アバー(Aber)」の最終報告書発表

サウジアラビアの中央銀行であるサウジアラビア通貨庁(SAMA:Saudi Arabian Monetary Agency)とアラブ首長国連邦中央銀行(CBUAE:Central Bank of the United Arab Emirates)が、中央銀行デジタル通貨(CBDC)とブロックチェーンに関する両国共同のプロジェクト「アバー(Aber)」の最終報告書を11月29日発表した。

ビットコインが過去最高値更新、バブル再来か、もはやバブルでもないのか

暗号資産(仮想通貨)ビットコインの価格が高騰している。2020年11月30日、海外取引所のバイナンスでは19,799ドル、Bitstampでは19,666ドルと、過去最高値を更新。また米国大手取引所コインベースでは17年12月に記録した過去最高値19,891ドルにはどとかなかったものの19,873ドルを記録した。米ドル建てで20,000ドルの大台に迫る勢いを見せた。各取引所で過去最高値更新後、一旦価格の19,000ドル近くまで下落も見られたが、その後も現時点まででは19,000ドルから20,000ドルの間を推移している。

日本のRegTech企業バセット(Basset )が分散型金融領域のリスク評価サービスをスタート

金融データ分析アルゴリズムを提供するRegTech(規制:Regulationと技術:Technologyを合わせた造語)企業のバセット(Basset)が 分散型金融(DeFi)領域へのリスク評価サービスを開始し、イーサリアム上で稼働するスマートコントラクトに対するリスク分析のためのオラクルを提供することを11月30日に発表した。

欧州中央銀行理事がデジタル決済に関する意見表明、独財務大臣がデジタルユーロへの早急な対応示唆、FXcoinが住友商事Gと実証実験などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州中央銀行理事がデジタル決済革命やデジタル・ユーロに関する意見を表明、ドイツの財務大臣がデジタル・ユーロへの早急な対応を示唆、FXcoinが住友商事グループ会社間の債権債務を暗号資産(仮想通貨)XRPを用いて決済する実証実験実施、TKPの「株主総会ライブ配信支援パッケージ」にウィルズがブロックチェーン電子議決権行使プラットフォーム「WILLsVote」を提供開始

TKPの「株主総会ライブ配信支援パッケージ」にウィルズがブロックチェーン電子議決権行使プラットフォーム「WILLsVote」を提供開始

株式会社ティーケーピー(TKP)が株式会社ウィルズと販売提携契約を締結し、TKP提供の「株主総会ライブ配信支援パッケージ」においてウィルズのブロックチェーン技術を活用した電子議決権行使プラットフォーム「WILLsVote(ウィルズボート)」を提供開始することを11月30日発表した。

ドイツの財務大臣がデジタル・ユーロへの早急な対応を示唆

ドイツの財務相を務めるオラフ・ショルツ(Olaf Scholz)氏が「消費者や企業からデジタルマネーに対する大きな需要があることから、ヨーロッパはデジタル決済のソリューションを考え出すためにより懸命に努力すべきだ」とヨーロッパのデジタル決済に関するオンラインカンファレンスで述べたことを11月27日にロイター通信が報じた。