SecuritizeがKYC/AML確認プロセス効率化ツール「Securitize ID」を提供開始

SecuritizeがKYC/AML確認プロセス効率化ツール「Securitize ID」を提供開始

デジタル証券の発行・管理プラットフォームを提供するSecuritize(セキュリタイズ)社がKYC/AML確認プロセスを効率化するツール「Securitize ID」の提供を開始したことを発表

Securitize IDはデジタル証券の発行体と投資家にスピーディーでコンプライアンスに準拠した信頼性の高い本人確認プロセスを提供するログイン機能。プレスリリースによると、従来のプロセスでは発行体と投資家の間のオンボーディングなプロセスで登録までに平均26日かかると記載されている。Securitize IDを利用すれば、具体的なスケジュールは明らかになっていないがプロセスを効率化できる。

リリースによれば同サービスを利用することで6つのメリットを享受できると記載されている。その6つとは「1スピーディーかつ一度で済む本人確認、2個人向け本人確認、3法人向け取引先確認、4APIファースト、5定期スクリーニング、6書類の有効性チェック」となっている。

Securitize CEO 兼共同設立者のカルロス・ドミンゴ氏は「Securitize IDは、発行体とその投資家のオンボーディングプロセスを大きく改善できる余地があるとわかり、開発に取り組んだ強力なツールです。新しい機能、特に規制当局の審査を必要とする機能のリリースは簡単ではありませんが、発行体にかかる時間とコストを削減でき、投資家の皆様に良い体験を提供できるSecuritize IDをリリースすることができ非常に嬉しく思います」とコメントした。

編集部のコメント

トムソン・ロイターが実施した調査によると、現在のところ投資家のKYC/AML確認プロセスには時間と費用がかかります。例えば、収益が100億ドル以上の金融機関はコンプライアンスチェックに年間約1億5000万ドルを費やしていて、人員としては平均307人のコンプライアンス担当者が必要となっています。そしてすべての機関顧客のオンボーディング、文書化、および現在のKYC記録の維持に加えて、複雑な手続きが必要となり、監査が発生した場合に当局との間で様々な問題が発生する可能性があります。具体的には、文書の置き場所が間違っていたり、整合性が取れていなかったりする問題です。

このように現段階では、金融サービスを利用するまでの段階で非常にコストがかかっています。Securitze IDをGoogleやFacebookのアカウントのように利用することで、ユーザ登録をしているものは検証済みということでAPI連携しているサービスで簡単に登録・ログインできるようになることは素晴らしいことだと「あたらしい経済」編集部は考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:antoniokhr,Tuadesk)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州委員会がデジタルファイナンス戦略として暗号資産規制草案公表、ジェミナイが英国でサービス開始、新経連がBC官民推進会合開催などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表、暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)がイギリスでサービス開始、新経連と内閣官房IT総合戦略室がブロックチェーン官民推進会合を開催、ブラジル大手食肉加工会社JBSがブロックチェーンでのサプライチェーンの透明化の取り組みを発表、カヤックと山口不動産が大塚駅周辺の魅力発信にコミュニティ通貨「まちのコイン」を導入

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表

欧州委員会(EC)のエグゼクティブ・ヴァイスプレジデント(EVP)を務めるバルディス・ドンブロフスキー(Valdis Dombrovskis)氏がデジタルファイナンス戦略を9月24日に発表した。あわせて暗号資産の規制について記載されている「Markets in Crypto-Assets(MiCA)」の最終草案も公表した。

資産運用大手フィデリティらがBCベースの報告ツールを2020第4Qから利用か、ヴァンレンタスが独自トークン販売で52億円の資金調達かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第四半期から利用か、米プライベートエクイティファンドのヴァンレンタスが独自トークン販売により約52億円の資金調達予定か、米国の銀行でステーブルコイン発行事業者のための準備金保有が可能に、CoinBestが暗号資産交換業者登録を完了、韓国暗号資産(仮想通貨)取引所ビッサム(Bithumb)が二度目の売却を検討か

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第4四半期から利用か

アメリカ資産運用企業大手フィデリティ(Fidelity)、スペイン資産運用大手オールファンズ(Allfunds)、イギリスのフィンテックプロバイダー企業カラストーン(Calastone)、オーストラリアのフィンテックプロバイダー企業リンク・グループ(Link Group)、スウェーデンの資産運用企業MFexミューチュアルファンド、オーストラリアの通信会社トランザクト(TransACT)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)がファンド運営にブロックチェーン報告ツール「TISA Universal Reporting Network(TURN)」を2020年第四半期から採用することが明らかになった。