Libra協会が現HSBC最高法務責任者を初代CEOに任命

Libra協会が現HSBC最高法務責任者を初代CEOに任命

Libra(リブラ)協会が現在HSBCのCLO(最高法務責任者)を務めるStuart Levey(スチュアート・リービー)氏を初代CEOに任命したことを発表した。

リービー氏はHSBCの役職を退き、今夏にリブラ協会に参加する予定とのこと。リービー氏は米ブッシュ政権とオバマ政権の間、テロ・金融情報担当の初代財務次官を務め、不正金融対策のためアメリカや国際政策の策定に尽力してきた経歴も持つ。

リービー氏は「リブラ協会が、テクノロジーの力を活用して世界の決済環境を変革するための大胆な道筋を描く中、私はリブラ協会に参加できることを光栄に思っています。テクノロジーは、個人や企業が簡単にお金を送受信できるようにし、これまで金融システムの傍観者として扱われてきた10億人以上の人々に権限を与え、不正な金融活動を検知して抑止するための強固なコントロールを提供します。このビジョンを実現するために、政府、規制当局、およびすべてのステークホルダーと緊密に協力していくことを楽しみにしています」とコメントしている。

アンドリーセンホロウィッツのジェネラルパートナーで、リブラ協会の理事でもあるKatie Haun(ケイティ・ハウン)氏は「スチュアート氏は、超党派の尊敬と影響力を持つ政府と、世界中に広がるチームを管理した民間企業の両方でリーダーとして活躍してきた稀有な経験をリブラ協会にもたらします。さらに彼は、銀行、金融、規制政策、国家安全保障の分野における豊富な知識をリブラ協会にもたらし、イノベーションと規制の間で適切なバランスをとることができます。そして我々は彼にブロックチェーン技術を利用して、よりオープンで包括的で高機能な決済システムを提供し、世界中の何十億人もの人々に暗号資産を提供するという我々のビジョンを共有しています」とコメントしている。

編集部のコメント

リービー氏は規制のスペシャリストと呼ばれており、HSBCのCLO、米テロ・金融譲歩担当財務次官の間に外国資産管理局(OFAC)による米国制裁の実施と執行を監督し、金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)による米国民事マネーロンダリング防止法とテロ資金調達対策法の実施と執行を担当しました。
そして財務次官に任命される前は、米国司法省で主席副司法長官などの上級職を歴任しておりました。

このように国際ビジネスにおいて偉大な実績を持つ人物がリブラ協会の初代CEOに就任することは、リブラにとって非常に大きな動きだと「あたらしい経済」編集部は考えます。

さらに現職のHSBCは香港ドル発券銀行でもあり通貨との関わりの歴史も長く、あたらしい通貨を発行し運用するプロセスにも同氏の経歴は役立つと考えられます。
リブラは規制の観点から国際的な批判が多かったので、これを機にリブラへの風向きは変わるのではないかと考えられます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

イメージ:stockdevil,antoniokhr

 

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

コンセンシスが香港の中央銀行デジタル通貨プロジェクトメンバーに、アントGがBC利用の国際貿易プラットフォームTruspleローンチなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ブロックチェーン開発企業コンセンシスらが香港金融管理局主導の中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクトのメンバーに、アリペイのアントグループがブロックチェーンを活用した国際貿易プラットフォーム「トラスプル(Trusple)」をローンチ、オントロジーがダイムラーと提携しモビリティソリューション「Welcome Home」を発表、スタートバーンと現代アートグローバルプラットフォームのTRiCERA(トライセラ)がグローバルマーケット進出に向け提携

オントロジーがダイムラーと提携しモビリティソリューション「Welcome Home」を発表

分散型パブリックブロックチェーンプラットフォーム「オントロジー(Ontology)」が独自動車大手「ダイムラー(Daimler Mobility AG)」のブロックチェーンプロジェクト「Daimler Mobility AG Blockchain Factory」と提携したことを9月24日発表した。この両社の提携によりドライバーは安全性の高い新しいデジタルドライブサービスを体験することができるようになるとのことだ。

アリペイのアントグループがブロックチェーンを活用した国際貿易プラットフォーム「トラスプル(Trusple)」をローンチ

アリペイ(Alipay)を運営するアントグループ(Ant Group)が中小企業や銀行向けの国際貿易のための新しいブロックチェーンプラットフォーム「トラスプル(Trusple)」を9月25日に発表した。トラスプルはBNPパリバ(BNP Paribas)、シティバンク(Citi Bank)、DBS銀行(DBS Bank)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)、スタンダードチャータード(Standard Chartered)と既に提携している。

欧州委員会がデジタルファイナンス戦略として暗号資産規制草案公表、ジェミナイが英国でサービス開始、新経連がBC官民推進会合開催などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表、暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)がイギリスでサービス開始、新経連と内閣官房IT総合戦略室がブロックチェーン官民推進会合を開催、ブラジル大手食肉加工会社JBSがブロックチェーンでのサプライチェーンの透明化の取り組みを発表、カヤックと山口不動産が大塚駅周辺の魅力発信にコミュニティ通貨「まちのコイン」を導入

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表

欧州委員会(EC)のエグゼクティブ・ヴァイスプレジデント(EVP)を務めるバルディス・ドンブロフスキー(Valdis Dombrovskis)氏がデジタルファイナンス戦略を9月24日に発表した。あわせて暗号資産の規制について記載されている「Markets in Crypto-Assets(MiCA)」の最終草案も公表した。