米ミレニアム世代向けフィンテック企業RobinhoodがシリーズFの資金調達で2億8000万ドルの資金調達

米ミレニアム世代向けフィンテック企業Robinhood(ロビンフッド)がシリーズFの資金調達で2億8000万ドルの資金調達

Robinhoodが時価総額83億ドルの評価で、2億8000万ドルのシリーズF資金調達の完了を発表した。

このラウンドは、既存の投資家であるSequoia Capital(セコイアキャピタル)が主導し、NEA、Ribbit Capital(リビットキャピタル)、9Yards Capital(ナインヤーズキャピタル)、Unusual Ventures(アンユージュアルベンチャーズ)など新規の投資家も参加した。

Sequaia CapitalのパートナーであるAndrew Reed(アンドリュー・リード)氏は「Robinhoodは金融市場を大衆がアクセスできるようにし、数十年の歴史を持つ証券会社業界に革命をもたらしました。そしてセコイアキャピタルとしてロビンフッドとの関係をさらに深められることに喜びを感じています」とコメントしている。

編集部のコメント

ロビンフッドの公式ブログによると、2020年5月4日までに300万人以上の人が新規口座を追加したとのことです。さらに新規ユーザーの半分は投資未経験者とのことです。現在ロビンフッドの子会社であるロビンフッド クリプトはBitcoin、Ethereum、Bitcoin Cash、Dogecoin、Ethereum Classic、Litecoinを取り扱っています。

ミレニアル世代に絶大の人気を誇る金融アプリケーションが大きな資金調達をして、ブロックチェーン、暗号資産(仮想通貨)領域へより注力していくことに「あたらしい経済」編集部は期待したいです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

イメージ:antoniokhr

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定