世界経済フォーラムがブロックチェーン開発のためのツールキット「Blockchain Dployment Toolkit」を発表

世界経済フォーラムがブロックチェーン開発のためのツールキット「Blockchain Dployment Toolkit」を発表

World Economic Forum(世界経済フォーラム)が、企業などにブロックチェーン基盤のサプライチェーンシステムが導入される際に発生しうる問題に対処するためのガイドラインである「Blockchain Deployment Toolkit(ブロックチェーンデプロイメントツールキット」を公開した。

ツールキットは、サイバーセキュリティー、個人データ運用、コンソーシアムガバナンスなど14の異なるモジュール毎に詳しくドキュメンテーションされている。

ツールキットの目的は、政府や企業がより責任あるブロックチェーン展開をサポートし、早期導入のリスクを取り除き、意図しない結果を慎重に考慮することができるようにすることである。それはサプライチェーンのコンテキスト内でブロックチェーンソリューションを展開するための重要な成功要因とリスク要因を事細かくドキュメンテーションしたことで可能になったとのこと。

アラブ首長国連邦のアブダビデジタル局(ADDA)とサウジアラビア王国の国有石油会社であるサウジアラムコは、このツールキットがブロックチェーン技術の支援の役に立ったとレポートに記載されている。

ADDA技術・政策部門のエグゼクティブディレクターであるAbdulla Al Kendi(アウドゥラ・アル・ケンディ)氏は「ブロックチェーン技術提供の際に、実施段階で何をすべきか、そしてどのような支援を提供すべきかという点に対して、ツールキットは明確な答えを示しくれていて非常に助かりました。ツールキットはブロックチェーン事業に多くの客観性を与えて、コンソーシアム展開に関する判断や決定における主観性を減らしてくれました」とコメントしている。

サウジアラムコは「ブロックチェーン技術の支援において、ツールキットは計画と実装の間のすべての領域と側面におけるチェックリストを提供してくれていて役立った」とレポートに記載している。

今後コロナウイルスの危機に直接対処するその他のプロジェクトでも、ツールキットのガイダンスが採用される予定とのこと。そしてその中には、エンタープライズ・ソフトウェア企業のR3 のイニシアティブが含まれていて、R3はパンデミック再保険の購入を完了するためにブロックチェーンを活用したコンセプト実証プロジェクトにツールキットを適用する予定となっているとのこと。

編集部のコメント

世界経済フォーラムは4月6日に、「コロナウイルスによるサプライチェーンの崩壊にどのようにブロックチェーンは機能するのか」という記事を公開しました。

そして4月10日にはデロイトとの共同研究で執筆したブロックチェーンの相互運用性に関するホワイトペーパー「Inclusive Deployment of Blockchain for Supply Chains: Part 6 – A Framework for Blockchain Interoperability」を発表しました。世界経済フォーラムはブロックチェーンに関するチームを2つ持っていたり、独立した世界機関の中でもっともブロックチェーンに関する研究や発表が盛んだと考えられます。

そして今回発表されたBlockchain Deployment Toolkitはサプライチェーンに関する事細かい問題点や開発ポイントがドキュメンテーションされていて、企業にとって間違いなく役立つものだと考えられます。独立した世界機関によって情報が透明化され、共有されることはブロックチェーン発展に欠かせない動きだとあたらしい経済編集部は考えています。今後も世界経済フォーラムの動きには注目し続けます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

イメージ:artsstock,Sakramir,xu-bing

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州委員会がデジタルファイナンス戦略として暗号資産規制草案公表、ジェミナイが英国でサービス開始、新経連がBC官民推進会合開催などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表、暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)がイギリスでサービス開始、新経連と内閣官房IT総合戦略室がブロックチェーン官民推進会合を開催、ブラジル大手食肉加工会社JBSがブロックチェーンでのサプライチェーンの透明化の取り組みを発表、カヤックと山口不動産が大塚駅周辺の魅力発信にコミュニティ通貨「まちのコイン」を導入

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表

欧州委員会(EC)のエグゼクティブ・ヴァイスプレジデント(EVP)を務めるバルディス・ドンブロフスキー(Valdis Dombrovskis)氏がデジタルファイナンス戦略を9月24日に発表した。あわせて暗号資産の規制について記載されている「Markets in Crypto-Assets(MiCA)」の最終草案も公表した。

資産運用大手フィデリティらがBCベースの報告ツールを2020第4Qから利用か、ヴァンレンタスが独自トークン販売で52億円の資金調達かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第四半期から利用か、米プライベートエクイティファンドのヴァンレンタスが独自トークン販売により約52億円の資金調達予定か、米国の銀行でステーブルコイン発行事業者のための準備金保有が可能に、CoinBestが暗号資産交換業者登録を完了、韓国暗号資産(仮想通貨)取引所ビッサム(Bithumb)が二度目の売却を検討か

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第4四半期から利用か

アメリカ資産運用企業大手フィデリティ(Fidelity)、スペイン資産運用大手オールファンズ(Allfunds)、イギリスのフィンテックプロバイダー企業カラストーン(Calastone)、オーストラリアのフィンテックプロバイダー企業リンク・グループ(Link Group)、スウェーデンの資産運用企業MFexミューチュアルファンド、オーストラリアの通信会社トランザクト(TransACT)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)がファンド運営にブロックチェーン報告ツール「TISA Universal Reporting Network(TURN)」を2020年第四半期から採用することが明らかになった。