米連邦議員11名がコロナウイルス救済法実施にブロックチェーン活用を提案

米連邦議員11名がコロナウイルス救済法実施にブロックチェーン活用を提案

米国連邦議会議員ら11名がCARES法の実行に際しブロックチェーン技術及びDLT技術の利用を推奨する旨の書簡を財務長官Steven Mnuchin(スティーブン・ムヌチン)氏に提出していたことが28日コインデスクの報道で明らかになった。

なお同書簡は23日に提出され、28日に公開されたものである。

CARES法(Coronavirus Aid, Relief, and Economic Security:コロナウイルス支援・救済・経済安全保障法)とは、コロナウイルス危機によって経済的に影響を受けている家庭、中小企業、労働者に対して2兆ドル規模の救済措置を行うことを定めた法案であり、3月27日にDonald John Trump(ドナルド・トランプ)大統領によって署名された。

同書簡では、同法をさらに効果的なものとするために追加的に行うべき措置があると表明されており、そのひとつとしてブロックチェーンおよびDLT技術の導入が提案されている。

ブロックチェーン技術や仮想通貨に関する適切な政策を策定することなどに取り組む党員集会である「ブロックチェーンコーカス」の共同議長であり、今回の書簡提出を主導した米下院議員Darren Soto(ダレン・ソト)氏によれば、ブロックチェーンやDLT技術は政府が資金や物資を分配する際に直面している物流上の問題を解決する最も安全なツールになりうるという。

また同氏は「この恐ろしい危機は技術を進歩させるチャンスでもあり、従来の物流問題を効率化し解決する機会を提供してくれる」とコインデスクの取材に対しコメントしている。

編集部のコメント

CARES法は前述の通り労働者や中小企業に対して救済を行う法案であり、具体的には一人当たり最大1,200ドルの給付を予定しています。同法は法案の可決こそ迅速であったものの、失業保険申請数の大幅な増加による行政の圧迫やシステム障害などにより、消費者や企業に給付金は届いていないようです。

アメリカはテクノロジーで世界をリードする存在であり、ブロックチェーン・DLT技術に関しても同様に世界トップクラスの技術力を持っていることは事実です。

今回提出された書簡の提案が通ることにより民間のブロックチェーン・DLT企業が政府と協力して開発が行われることになれば、より安全で効率的な資金給付が実現される可能性は高いと考えられます。また、仮にそれがうまくいかなかったとしても、将来的にブロックチェーンを社会実装する際の有力な礎になることは間違いないでしょう。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images: denis_pc,stockdevil,antoniokhr,Tuadesk,pgraphis)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

楽天ヨーロッパとチリーズ提携、スノーデン氏NFTオークション開催などのニュース解説ラジオ

楽天ヨーロッパとチリーズ(Chiliz)提携、楽天ポイントとファントークン交換可能に、エドワード・スノーデン氏、NFTオークション開催へ、損害保険料のビットコイン払い対応、大手保険会社アクサ・スイス、米国最古のワインショップ、ビットコインやイーサなどにて支払いが可能に、【取材】HashHubレンディング、BitGoウォレットとカストディを採用(代表取締役CEO平野淳也)、コインベース株2億4600万ドル相当を購入、アーク・インベストメント・マネジメント、バイナンス、コインベース株式トークンの取引開始、イーサリアムの大型アップグレード「ベルリン」完了、テゾス(Tezos)でセキュリティトークン発行、仏大手銀行ソシエテ・ジェネラル、現代アートグローバルプラットフォームのTRiCERA(トライセラ)、ZoraおよびCurvegridと提携、エイベックス・テクノロジーズがNFT事業に本格参入、シードVC「NOW」が最大100億円規模の2号ファンド設立、ブロックチェーン領域への投資も検討

現代アートグローバルプラットフォームのTRiCERA(トライセラ)、ZoraおよびCurvegridと提携

グローバルアートマーケットプレイス TRiCERA ART(トライセラアート)を運営する株式会社TRiCERAが、ブロックチェーンソフトウェア企業であるCurvegrid社、 NFTマーケットプレイスを運営するZoraと技術パートナーシップを締結したことを4月16日発表した。このパートナーシップ締結によりTRiCERA ARTにNFTの取引機能を統合する。これによりTRiCERAはアーティストの利益を最大化する市場構造を創出していくとのこと。

エイベックス・テクノロジーズがNFT事業に本格参入

エイベックス・テクノロジーズ株式会社がNFT事業に本格参入することを4月16日発表した。このことはIPホルダーの著作権等の権利の保護とデジタルコンテンツの流通を目的としているとのこと。またこれに伴いエイベックス・テクノロジーズは、同社が開発したブロックチェーン技術を活用して証明書を付与し、真正性を持たせたデジタルコンテンツを流通させるNFT事業基盤「A trust(エートラスト)」の提供を開始する。