分散型予測市場プラットフォームGnosis(グノーシス)がコロナウイルス情報の予測プラットフォームを開始

分散型予測市場プラットフォームGnosis(グノーシス)がコロナウイルス情報の予測プラットフォームを開始

分散型の予測ビジネスを展開するGnosis(グノーシス)が新型コロナウイルスの分散型予測市場プラットフォーム「Corona Imformation Markets」を構築したことを発表。そして同サービスの運営母体も非営利団体として同じプラットフォーム名で設立した。

Gnosis(グノーシス)は同プラットフォームで50の予測情報を作成するために、5万ドルの助成金を提供した。

同プラットフォームは医療専門家の意見を引き出し、家族や地域社会がより多くの情報に基づいた意思決定を可能にし、一定の情報ガイダンスを提供するのに役立つ、とGnosis(グノーシス)のブログに記載されている。

編集部のコメント

Gnosis(グノーシス)のブログで、予測市場は将来の出来事や確定しうる未来を想像するための情報を集約する手段であると説明されています。さらには様々な情報源を集約し、専門家の知識を共有することで確率を計るためのデータ層を作成することができると記載されています。

ちなみに同プラットフォームでは「ヒドロキシクロロキン(抗マラリア剤)は、2020年10月1日までにアメリカ食品医薬品局(FDA)から新型コロナウイルスの治療薬として承認されるのでしょうか?」という質問がトップに上がっています。

そして質問に対してサービス内でYesかNoで投票をして、時々専門家などがコメントをしている状況です。

Gnosis(グノーシス)は質の高いコメントを与えたユーザーに対してのインセンティブが存在していないので、同プラットフォームではいかに専門家ユーザーを集められるかが鍵になると、あたらしい経済編集部は考えます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

イメージ:Tuadesk

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

バイナンスのテスラ株式トークン、米国でビットコインETFなどのニュース解説ラジオ

バイナンスがテスラの株式トークンの取引サービスを提供開始、米SECへ新たにビットコインETFが申請、ギャラクシーデジタルが目論見書提出、ポリゴンが企業向けの取り組み拡大、NFT・DeFi・保険領域、取締役の報酬をビットコインで支払いへ、米マイクロストラテジー発表、ニューヨーク証券取引所、上場企業のファースト・トレードを記録したNFT発行、【記録達成理由の取材あり】ビットバンクの預かり資産が2,898億円に(代表取締役社長 廣末紀之インタビュー)、エイベックス・テクノロジーズが次世代型著作権流通システム「AssetBank」発表、JCBI共同運営のブロックチェーン活用、NFT活用「デジタル付録」を全国書店で展開へ、メディアドゥとトーハン、【速報】ブロックチェーン/仮想通貨に関するライター育成強化と電子出版事業を開始、あたらしい経済とtechtec「PoL」提携

【速報】ブロックチェーン/仮想通貨に関するライター育成強化と電子出版事業を開始、あたらしい経済とtechtec「PoL」提携

あたらしい経済は学習サービスPoL(ポル)を運営する株式会社techtecと業務提携することを発表しました。 この提携により、techtecのブロックチェーン・暗号資産領域のライティング技術が学べる「PoLライターコース」受講の方に「あたらしい経済」での執筆機会をご提供します