分散型予測市場プラットフォームGnosis(グノーシス)がコロナウイルス情報の予測プラットフォームを開始

分散型予測市場プラットフォームGnosis(グノーシス)がコロナウイルス情報の予測プラットフォームを開始

分散型の予測ビジネスを展開するGnosis(グノーシス)が新型コロナウイルスの分散型予測市場プラットフォーム「Corona Imformation Markets」を構築したことを発表。そして同サービスの運営母体も非営利団体として同じプラットフォーム名で設立した。

Gnosis(グノーシス)は同プラットフォームで50の予測情報を作成するために、5万ドルの助成金を提供した。

同プラットフォームは医療専門家の意見を引き出し、家族や地域社会がより多くの情報に基づいた意思決定を可能にし、一定の情報ガイダンスを提供するのに役立つ、とGnosis(グノーシス)のブログに記載されている。

編集部のコメント

Gnosis(グノーシス)のブログで、予測市場は将来の出来事や確定しうる未来を想像するための情報を集約する手段であると説明されています。さらには様々な情報源を集約し、専門家の知識を共有することで確率を計るためのデータ層を作成することができると記載されています。

ちなみに同プラットフォームでは「ヒドロキシクロロキン(抗マラリア剤)は、2020年10月1日までにアメリカ食品医薬品局(FDA)から新型コロナウイルスの治療薬として承認されるのでしょうか?」という質問がトップに上がっています。

そして質問に対してサービス内でYesかNoで投票をして、時々専門家などがコメントをしている状況です。

Gnosis(グノーシス)は質の高いコメントを与えたユーザーに対してのインセンティブが存在していないので、同プラットフォームではいかに専門家ユーザーを集められるかが鍵になると、あたらしい経済編集部は考えます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

イメージ:Tuadesk

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

中国が5年後までに世界共通デジタル決済ネットワークを構築か、ニューヨーク市警察が仮想通貨の取引分析ツール利用方針を公表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

中国が5年後までに世界共通デジタル決済ネットワークを構築か、ニューヨーク市警察が暗号資産(仮想通貨)の取引分析ツールの利用方針を公表、ゴールドマンサックスが暗号資産(仮想通貨)カストディサービスを近日提供か、グラコネとエンジン(Enjin)がNFTチャリティープロジェクト開始、ビットフライヤーが暗号資産積立購入サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始、アニモカブランズ(Animoca Brands)がバイナンススマートチェーン(Binance Smart Chain)と戦略的パートナーシップ締結

(グラコネ代表の藤本真衣氏コメントあり)グラコネとエンジン(Enjin)がNFTチャリティープロジェクト開始

SDGsとBlockchainのプラットフォーム「KIZUNA HUB」を運営する株式会社グラコネとブロックチェーンを用いたエコシステムを開発するシンガポールのエンジン(ENJIN)社が、NFT(Non-Fungible Token/代替不可能なトークン)によるチャリティープロジェクト開始を1月18日に発表した。