DeFiプロトコルdForceへハッキングの犯人が約25億円相当の仮想通貨を返却

DeFiプロトコルdForceへハッキングの犯人が約25億円相当の仮想通貨を返却

4月19日に発生したDeFiプロトコルdForceのハッキング事件。その不正攻撃により流出した約2,400万ドル(25億円)相当の仮想通貨が、犯人よりdForceへ返却されたことが、THE BLOCKの報道で4月21日に明らかになった

dForceはDeFiプロトコルLendfMe/dForceの開発をし、DeFiプラットフォームlendf.Meを運営する中国を拠点とする団体。先日4月14日にはMulticoin Capital、China Merchants Bank International(CMBI)、Huobi Capitalから150万ドル(約1億6,000万円)の資金調達を行っていた

THE BLOCKのリサーチチームが分析したEtherscanのデータによると仮想通貨の返却は2度に分けて行われており、1度目は20日に279万ドル相当分を返却、21日に残りの約2,200万ドル相当分が返却された。

犯人が犯行の際に使用したDEX「1inch.exchange」のCEOであるSergej Kunz氏は「シンガポール警察から要請を受けて、犯行の際のIPアドレスとメタ情報を私たちがシンガポール警察に提供したことで、犯人はすべての資金を返還したのでは」とその推測をTHEBLOCKに語っている。

なおlendf.Meは記事執筆時点(4月22日15:00)ではまだ再開されておらず、今後はwechatもしくはTelegramにて通知を行うとのことだ。

編集部のコメント

4月19日に発生した同犯行は、lendf.Meで扱っていたBTCと1:1でペッグするトークンimBTCの規格ERC-777の脆弱性が要因となったようです。THE BLOCKの記事によると今回犯行に使われたであろう手法は、2016年に発生した6,000万ドルのイーサリアムが不正流出したTheDAO事件で犯行に使われた手法と似ているということでした。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:LuckyStep48,dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した