Facebookの金融サービス子会社Calibra社がデータセンターのあるアイルランドで2020年末までに新たに50人雇用する予定か

Facebookの金融サービス子会社Calibra社がデータセンターのあるアイルランドで2020年末までに新たに50人雇用する予定か

Facebook(フェイスブック)の金融サービス子会社Calibra(カリブラ)が、アイルランドで2020年末までに新たに50人の雇用を創出する予定であることをTHE IRISH TIMESが報じた。

Covid-19のパンデミックによって多くの企業が雇用を削減している時期においての雇用のニュースだ。フェイスブック社、カリブラ社はアイルランドでの事業が非常に重要であり今後もアイルランドへの投資を継続し続けるとのこと。

カリブラのオペレーション部門のトップであるLaura Morgan Walsh(ローラ・モーガン・ウォルシュ)氏は「この世界的な不確実性の時代に当社はアイルランドの首都Dublin(ダブリン)にあるチームへの投資を継続しています。Calibraのウォレットをサポートするオペレーションチームを拡大するために、コンプライアンス、カスタマーサポートの専門家を積極的に採用しています」とコメントしている。

なおFacebookはアイルランドの首都Dublinダブリンにオフィスを構えている。さらに同社はCo Meath(コー・ミース州)のClonee(クローニー)にデータセンターを持っていて、VR・AR専門子会社のOculus(オキュラス)は2017年にCork(コーク)に研究所を設立している。

編集部のコメント

THE IRISH TIMESによると、Calibraは今後さらに大幅に人員を世界的にも拡大していく予定とのことです。Calibraがアイルランドで人員拡大や事業展開をする理由は、Facebook社のデータセンターとの連携、そしてCalibra WalletとOculusが展開するVR事業の連携を狙っているからではないかと、あたらしい経済編集部は考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/3話題】マスターカードの元NFT責任者が辞表NFT販売、Optimism初アップグレードが3月提案など(音声ニュース)

マスターカードの元NFT責任者、辞表のNFT販売で支援募る、【取材】NFT・ブロックチェーン活用の教育採用サービス「ONGAESHI」発表=コクヨ、SMTB、慶應FinTEKセンター、TUSIM、IGSら運営、コインベース、トークンを違法に販売したとする訴訟の棄却に勝利、tofuNFTとZife INOが業務提携、二次流通支援へ、米クラーケン、開設1年足らずでアブダビオフィス閉鎖、担当者レイオフも=報道、イーサL2「Optimism(OP)」、初のアップグレード「Bedrock」が3月実施で提案、日本ガイシとリコーの合弁会社が事業開始、ブロックチェーン活用の電力デジタルサービス事業化へ、読売ジャイアンツ、春季キャンプで「ジャビット」NFT無料配布、スタートバーン「FUN FAN NFT」で

Sponsored