Facebookの金融サービス子会社Calibra社がデータセンターのあるアイルランドで2020年末までに新たに50人雇用する予定か

Facebookの金融サービス子会社Calibra社がデータセンターのあるアイルランドで2020年末までに新たに50人雇用する予定か

Facebook(フェイスブック)の金融サービス子会社Calibra(カリブラ)が、アイルランドで2020年末までに新たに50人の雇用を創出する予定であることをTHE IRISH TIMESが報じた。

Covid-19のパンデミックによって多くの企業が雇用を削減している時期においての雇用のニュースだ。フェイスブック社、カリブラ社はアイルランドでの事業が非常に重要であり今後もアイルランドへの投資を継続し続けるとのこと。

カリブラのオペレーション部門のトップであるLaura Morgan Walsh(ローラ・モーガン・ウォルシュ)氏は「この世界的な不確実性の時代に当社はアイルランドの首都Dublin(ダブリン)にあるチームへの投資を継続しています。Calibraのウォレットをサポートするオペレーションチームを拡大するために、コンプライアンス、カスタマーサポートの専門家を積極的に採用しています」とコメントしている。

なおFacebookはアイルランドの首都Dublinダブリンにオフィスを構えている。さらに同社はCo Meath(コー・ミース州)のClonee(クローニー)にデータセンターを持っていて、VR・AR専門子会社のOculus(オキュラス)は2017年にCork(コーク)に研究所を設立している。

編集部のコメント

THE IRISH TIMESによると、Calibraは今後さらに大幅に人員を世界的にも拡大していく予定とのことです。Calibraがアイルランドで人員拡大や事業展開をする理由は、Facebook社のデータセンターとの連携、そしてCalibra WalletとOculusが展開するVR事業の連携を狙っているからではないかと、あたらしい経済編集部は考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

東海東京FHDが率いるコンソーシアムが、シンガポールのデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億4,000万円出資

東海東京フィナンシャル・ホールディングス(東海東京FHD)株式会社のシンガポール現地法人の東海東京グローバル・インベストメンツは、シンガポールのデジタル証券取引所であるiSTOXを運営するICHX Tech(ICHX社)のシリーズAの延長として、シリーズA2に参加したことを1月21日に発表した。

コインチェック仮想通貨ネム(NEM/XEM)流出事件、31人を検挙

2018年に発生した暗号資産(仮想通貨)ネム(XEM)が暗号資産取引所コインチェックから流出した一連の事件において、ネムの不正な交換に応じたとみられる31人が警視庁により組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で逮捕や書類送検されたことが、1月22日共同通信など報道各社が報じた

ロシア地方裁がバイナンス(Binance)のウェブサイトのブロック解除決定

ロシアの地方裁判所が、ロシア地域において大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のウェブサイトがブロックされている件について、バイナンスの訴えを受け、そのブロックを取り消すことを1月20日に決定した。このことをロシア現地メディアが21日報じた

ブラックロックがビットコイン投資へ、フランス銀行が中銀デジタル通貨実験成功、湘南ベルマーレにて国内初のクラブトークン発行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米アセマネ大手ブラックロックが一部ファンドでビットコイン投資へ、タイ証券取引所が2021年後半にデジタル資産取引プラットフォームをローンチか、フランス銀行が中央銀行デジタル通貨実験にて200万ユーロ(約2億5,000万円)の決済に成功、国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)、日本銀行が来年春に中央銀行デジタル通貨実証実験の第二段階開始か、次世代分散型ブラウザBrave(ブレイブ)にIPFSプロトコルのサポート追加

国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、プロサッカーチーム「湘南ベルマーレ」のプロサッカークラブトークンの発行を1月21日発表した。なおクラブトークンの発行は今回の湘南ベルマーレとフィナンシェにおけるプロジェクトがプロサッカーチーム国内初の事例となる