Facebookの金融サービス子会社Calibra社がデータセンターのあるアイルランドで2020年末までに新たに50人雇用する予定か

Facebookの金融サービス子会社Calibra社がデータセンターのあるアイルランドで2020年末までに新たに50人雇用する予定か

Facebook(フェイスブック)の金融サービス子会社Calibra(カリブラ)が、アイルランドで2020年末までに新たに50人の雇用を創出する予定であることをTHE IRISH TIMESが報じた。

Covid-19のパンデミックによって多くの企業が雇用を削減している時期においての雇用のニュースだ。フェイスブック社、カリブラ社はアイルランドでの事業が非常に重要であり今後もアイルランドへの投資を継続し続けるとのこと。

カリブラのオペレーション部門のトップであるLaura Morgan Walsh(ローラ・モーガン・ウォルシュ)氏は「この世界的な不確実性の時代に当社はアイルランドの首都Dublin(ダブリン)にあるチームへの投資を継続しています。Calibraのウォレットをサポートするオペレーションチームを拡大するために、コンプライアンス、カスタマーサポートの専門家を積極的に採用しています」とコメントしている。

なおFacebookはアイルランドの首都Dublinダブリンにオフィスを構えている。さらに同社はCo Meath(コー・ミース州)のClonee(クローニー)にデータセンターを持っていて、VR・AR専門子会社のOculus(オキュラス)は2017年にCork(コーク)に研究所を設立している。

編集部のコメント

THE IRISH TIMESによると、Calibraは今後さらに大幅に人員を世界的にも拡大していく予定とのことです。Calibraがアイルランドで人員拡大や事業展開をする理由は、Facebook社のデータセンターとの連携、そしてCalibra WalletとOculusが展開するVR事業の連携を狙っているからではないかと、あたらしい経済編集部は考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資