中国がデジタル通貨(DCEP)を2022年開催予定の北京冬季五輪で利用検討か

中国がデジタル通貨(DCEP)を2022年開催予定の北京冬季五輪で利用検討か

中国の中央銀行である中国人民銀行(PBOC)が、デジタル通貨(DCEP)が2022年に北京で開催予定の冬季五輪で使用される可能性があることが明らかになった。中国国営テレビ局CCTVの関係者が語ったことを中国紙の新京新聞が報じた。

新京新聞によるとDCEP開発関係者の言及によって、2021年半ばまでにはデジタル通貨の立ち上げが予定されていると推測できるとのこと。ただ中央銀行はまだ正式にDCEPのローンチに向けたタイムテーブルを提供していない。

なおDCEPの内部テストに関しては、一部の国有銀行が深圳(しんせん)、蘇州(そしゅう)、匈安新区(ゆうあんしんく)、成都(せいと)の4都市で行われていることが明らかになっている。

編集部のコメント

先週、中国の国有銀行の1つである中国農業銀行と中国人民銀行がDCEPのモバイルテストアプリを公開しました。そして上海の内陸部にある蘇州市の祥城区(かくじょうく)でDCEP開発に関与している銀行の行員向けに利用テストが開始されています。具体的な内容としては、行員に配布される交通費時補助金の半分をDCEPで配布することが明らかになっています。

中国ではAlipayやWechatpayを中心にデジタル決済がすでに進んでいます。このような背景から国民はDCEPも容易に利用していくと考えられます。そして将来的にはAlipayやWechatとDCEPウォレットは連携していくとあたらしい経済編集部は考えます。さらに将来的にDCEPはPayPay、Merpayなどとも連携するかもしれません。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:Guzaliia-Filimonova,NatanaelGinting)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/22の話題】FTXの企業評価額が約2.8兆円へ、ビットコイン先物ETFが米国3例目の承認など(音声ニュース)

FTXが約480億円調達、設立2年で企業評価額は約2.8兆円へ、ヴァルキリーのビットコイン先物ETFが今夜取引開始へ、米国3例目の承認、テキサス州消防士年金基金、ビットコインとイーサに約28億円投資、AP通信とチェインリンク、経済やスポーツデータをブロックチェーンに記録・提供へ、FundsDLTとUBS証券ら、投資ファンド分配モデルの概念実証に成功、米NFT企業キャンディデジタル、ソフトバンクらから約114億円調達。評価額約1,700億円に、クラーケングローバル、KusamaパラチェーンのBifrost(BNC)上場へ、国内アメフト界初のクラブトークン発行「アサヒビールシルバースター」がFiNANCiEで