ブロックチェーンゲーム「EGGRYPTO(エグリプト)」が正式リリース

ブロックチェーンゲーム「EGGRYPTO(エグリプト)」が正式リリース

株式会社GameWithが、同社と株式会社Kyuzanが共同開発するブロックチェーンゲーム「EGGRYPTO(エグリプト)」を4月20日より正式リリースしたことを発表した。

EGGRYPTO内で使用するモンスターはブロックチェーンによって発行・管理されており、現実の価値に結びついた資産となる。プレイヤーがそれらのモンスターを、ふ化したり、強化したり、クエストで戦わせるといった内容のゲームとなっている。

また同ゲームではブロックチェーン上でモンスターの発行上限数が決められ、誰がどのモンスターを保有しているか管理されているため、アプリの中だけで完結せずモンスターの交換などでプレイヤー同士が繋がることができるとのことだ。

同ゲームはiOS版とAndroid版が用意されており、プレイ費用は基本無料。ウォレットと仮想通貨が無くても遊ぶことが出来るということだ。ただしセールでのモンスターの購入、マーケットプレイスでの売買などには代金、手数料などがかかる。

初回セールは、正式リリース翌日4月21日13:00より5月5日13:00までの2週間の期間で行われる。同セールで販売されるモンスターはイーサリアムのERC721準拠のNFT(Non-Fungible Token)となっており、購入にはMetaMask(メタマスク)が必要になる。

編集部のコメント

同作の最大の特徴は無料でモンスターを収集できる点とのことです。モンスターを手に入れるためのタマゴはゲーム内で時間経過することで出現するので、課金することなく何度でもモンスターを手に入れるチャンスが与えられるそうです。これは資産の多い少ないに関わらず、すべてのプレイヤーが無料でレアなモンスターを手にすることが出来る可能性があるということです。NFTであるモンスターは、Open seaや株式会社Kyuzanの提供する「Kyuzan NFT Marketplace」で売買することができます。

同ゲームが今後盛り上がっていけば、レアなモンスターはゲーム外でも価値が上がるかもしれません。 ただしブロックチェーンゲームで購入したNFTの価値は変動します。購入金額を下回ることもありますのでその点はご注意ください。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:RomanOkopny,dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州委員会がデジタルファイナンス戦略として暗号資産規制草案公表、ジェミナイが英国でサービス開始、新経連がBC官民推進会合開催などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表、暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)がイギリスでサービス開始、新経連と内閣官房IT総合戦略室がブロックチェーン官民推進会合を開催、ブラジル大手食肉加工会社JBSがブロックチェーンでのサプライチェーンの透明化の取り組みを発表、カヤックと山口不動産が大塚駅周辺の魅力発信にコミュニティ通貨「まちのコイン」を導入

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表

欧州委員会(EC)のエグゼクティブ・ヴァイスプレジデント(EVP)を務めるバルディス・ドンブロフスキー(Valdis Dombrovskis)氏がデジタルファイナンス戦略を9月24日に発表した。あわせて暗号資産の規制について記載されている「Markets in Crypto-Assets(MiCA)」の最終草案も公表した。

資産運用大手フィデリティらがBCベースの報告ツールを2020第4Qから利用か、ヴァンレンタスが独自トークン販売で52億円の資金調達かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第四半期から利用か、米プライベートエクイティファンドのヴァンレンタスが独自トークン販売により約52億円の資金調達予定か、米国の銀行でステーブルコイン発行事業者のための準備金保有が可能に、CoinBestが暗号資産交換業者登録を完了、韓国暗号資産(仮想通貨)取引所ビッサム(Bithumb)が二度目の売却を検討か

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第4四半期から利用か

アメリカ資産運用企業大手フィデリティ(Fidelity)、スペイン資産運用大手オールファンズ(Allfunds)、イギリスのフィンテックプロバイダー企業カラストーン(Calastone)、オーストラリアのフィンテックプロバイダー企業リンク・グループ(Link Group)、スウェーデンの資産運用企業MFexミューチュアルファンド、オーストラリアの通信会社トランザクト(TransACT)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)がファンド運営にブロックチェーン報告ツール「TISA Universal Reporting Network(TURN)」を2020年第四半期から採用することが明らかになった。