ブロックチェーンゲーム「EGGRYPTO(エグリプト)」が正式リリース

ブロックチェーンゲーム「EGGRYPTO(エグリプト)」が正式リリース

株式会社GameWithが、同社と株式会社Kyuzanが共同開発するブロックチェーンゲーム「EGGRYPTO(エグリプト)」を4月20日より正式リリースしたことを発表した。

EGGRYPTO内で使用するモンスターはブロックチェーンによって発行・管理されており、現実の価値に結びついた資産となる。プレイヤーがそれらのモンスターを、ふ化したり、強化したり、クエストで戦わせるといった内容のゲームとなっている。

また同ゲームではブロックチェーン上でモンスターの発行上限数が決められ、誰がどのモンスターを保有しているか管理されているため、アプリの中だけで完結せずモンスターの交換などでプレイヤー同士が繋がることができるとのことだ。

同ゲームはiOS版とAndroid版が用意されており、プレイ費用は基本無料。ウォレットと仮想通貨が無くても遊ぶことが出来るということだ。ただしセールでのモンスターの購入、マーケットプレイスでの売買などには代金、手数料などがかかる。

初回セールは、正式リリース翌日4月21日13:00より5月5日13:00までの2週間の期間で行われる。同セールで販売されるモンスターはイーサリアムのERC721準拠のNFT(Non-Fungible Token)となっており、購入にはMetaMask(メタマスク)が必要になる。

編集部のコメント

同作の最大の特徴は無料でモンスターを収集できる点とのことです。モンスターを手に入れるためのタマゴはゲーム内で時間経過することで出現するので、課金することなく何度でもモンスターを手に入れるチャンスが与えられるそうです。これは資産の多い少ないに関わらず、すべてのプレイヤーが無料でレアなモンスターを手にすることが出来る可能性があるということです。NFTであるモンスターは、Open seaや株式会社Kyuzanの提供する「Kyuzan NFT Marketplace」で売買することができます。

同ゲームが今後盛り上がっていけば、レアなモンスターはゲーム外でも価値が上がるかもしれません。 ただしブロックチェーンゲームで購入したNFTの価値は変動します。購入金額を下回ることもありますのでその点はご注意ください。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:RomanOkopny,dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/27話題】博報堂とアスターのステイクが新会社、Oasysでセガ「三国志大戦」リリースへなど(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ジョイントベンチャー設立へ、【取材】セガ「三国志大戦」のIP活用ブロックチェーンゲーム、Oasysでリリースへ、グリーがweb3事業参入を表明、ブロックチェーンゲーム開発を視野、SBIVCトレードが「ステーキングサービス」開始へ、カルダノ(ADA)から、フォビジャパン、テゾス(XTZ)取扱いへ、コインベース、オランダで暗号資産ライセンス取得、WEFが「Crypto Sustainability Coalition」発足、気候変動対策におけるweb3の可能性調査で、チリーズ(CHZ)の「Socios. com」、マレーシアのサッカークラブ「ジョホール」と提携、ラグビー用品専門店「ラグビーオンライン」、FiNANCiEでトークン発行、コンコーディアム(CCD)でweb3ドメインサービス「CNS」開始、Bictory Finance開発、NFTアートの祭典「CAWA TOKYO 2022」、9月27日から開催

Sponsored

コンコーディアム(CCD)でweb3ドメインサービス「CNS」開始、Bictory Finance開発

DeFi(分散型金融)やNFTにおけるブロックチェーンの安全性と規制問題に取り組むweb3ソフトウェア開発企業ビクトリーファイナンス(Bictory Finance)が、コンコーディアム(Concordium)ブロックチェーン上でウォレット・ネーム・システム「Concordium Name Service(CNS)」を9月27日に発表した。

Sponsored