リブラとダッパーラボが協力しオープンソース開発へ

リブラとダッパーラボが協力しオープンソース開発へ

ダッパーラボ(Dapper Labs)が、FacebookのLibraプロジェクトと協力をし、オープンソースを開発していることが4月15日ダッパーラボの公式ブログFlowにて明らかになった

今回のパートナーシップにより、ダッパーラボの独自ブロックチェーンFlowの開発言語Cadenceを、Libraの開発言語Moveで動作するMove仮想マシンでも実行できるよう目指すということだ。

同ブログによると、両言語は補完関係にあるという。Moveは、パフォーマンスと効率性を重視して、機械を第一に人間を第二に考えた「ボトムアップ」の設計がされており、効率的に実行できるコンパクトなバイトコードを持ち、高いスケーラビリティを実現しているという。

一方でCadenceは、開発者にとって読みやすさと機能性を重視して、人間を第一に機械を第二に考えた「トップダウン」の設計がされており、実行時のエラーを最小限に抑えるために強力な静的型システムを採用をしているということだ。

編集部のコメント

ダッパーラボは、ブロックチェーンゲーム「クリプトキティーズ」を開発した企業で、昨年9月にワーナーミュージックグループを始め、a16z、Digital Currency Group、Union Square Venturesから1120万ドル(約12億円)の資金調達をしています。

また今年2月には総合格闘技のプロモーターであるUFCがブロックチェーン領域において、ダッパーラボとライセンスパートナーシップ結んでいます。このライセンスの下、UFCとダッパーラボは、「Flow」でUFCブランドのデジタルグッズを購入、取引、所有する機会を世界中のUFCファンに提供していくとのことでした。

そして今年3月には、ディベロッパーがFlowブロックチェーン上でアプリケーションを開発できるようにするインターフェイス「Flow Playgraound」を発表しています。Flowのプログラミング言語Cadenceは、このFlow Playgraoundの開発よりFlowに導入がされました。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:jauhari1,kingwin)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/22の話題】FTXの企業評価額が約2.8兆円へ、ビットコイン先物ETFが米国3例目の承認など(音声ニュース)

FTXが約480億円調達、設立2年で企業評価額は約2.8兆円へ、ヴァルキリーのビットコイン先物ETFが今夜取引開始へ、米国3例目の承認、テキサス州消防士年金基金、ビットコインとイーサに約28億円投資、AP通信とチェインリンク、経済やスポーツデータをブロックチェーンに記録・提供へ、FundsDLTとUBS証券ら、投資ファンド分配モデルの概念実証に成功、米NFT企業キャンディデジタル、ソフトバンクらから約114億円調達。評価額約1,700億円に、クラーケングローバル、KusamaパラチェーンのBifrost(BNC)上場へ、国内アメフト界初のクラブトークン発行「アサヒビールシルバースター」がFiNANCiEで