Huawei(ファーウェイ)と中国深セン南山地区が新技術活用で契約合意

Huawei(ファーウェイ)と中国深セン南山地区が新技術活用で契約合意

Huawei Technologies(ファーウェイテクノロジーズ)が、モデルチップセットの生産拠点に都市を変形させる試みで中国南部の広東省の深セン南山地区政府と、産業のデモンストレーションゾーンを構築するための合意書に署名したことをGlobal Timesが報じた。

この協定でファーウェイと南山地区は新世代技術イノベーションセンターを設立し、ブロックチェーン、人工知能、ビッグデータ、5Gなどの技術応用を共同で加速させていくとのこと。

そしてファーウェイと南山地区は特にフィンテック領域での技術応用に注力していくとのこと。インフラストラクチャとしては、ファーウェイ社が独自に開発するサーバー向けARM CPU(Central Processing Unit)である「Hauwei Kunpeng(ファーウェイ・クンペン)」を利用して、両者は銀行、保険、証券、第三者決済機関など主要な金融アプリケーションの開発を推進していく。

南山区党委員会の王強(ワン・ジャン)書記は「今回の合意は、革新的な技術地区である南山区の経済成長に欠かせないものです。 ファーウェイは、企業が持つアプリケーション開発の障壁を取り除き、産業を生み出し、人材を集め、国家と共にあたらしいHauwei Kunpengエコシステムを構築するような努力を通じて、グローバル産業と技術の優位性を発揮することが期待されています」とGlobal Timesにコメントしている。

ファーウェイのインテリジェントコンピューティング事業部の社長である馬海秀(マ・ハイク)氏は「ファーウェイはコンピューティングアーキテクチャの革新に注力し、KunpengプロセッサとShengteng AIプロセッサでコンピューティング業界の中核的な競争力を構築しています。

そして、デジタル経済のための強力なセキュリティを提供するハードウェアとソフトウェアのオープンソースを介してKunpengエコシステムを開発しました。今回の協定によって深センの新世代のIT開発を加速し、さらには国家のベンチマークとなる重要な金融エコシステムの構築へ役立てられます」とコメントした。

編集部のコメント

南山地区がある深セン市とファーウェイは、2019年9月に異なる協定を締結しています。

中国は深セン市をサーバーチップ(プロセッサー)産業のための実証エリアとし、最先端のコア技術、豊富なアプリケーションシナリオ、強力な産業競争力がある街へと進化させてきました。 プロセッサーは、マウス、キーボード、ハードディスク、メモリーなどの周辺機器からデータを受け取り、コンピューターで内制御・演算をし、出力していく役割があります。

実際にプロセッサーはコンピューターの性能を大きく分ける非常に重要な要素です。これまでインテル社とARM(アーム)社がプロセッサー産業を牽引してきました。 一方Hauweiはその2社に対抗し、独自OSを活かしながら5G時代に必要なプロセッサーを開発してきました。

5G時代に必要なプロセッサーの要素として考えられうるのは「より素早い処理、安全なデータ送受信プロセス」の2つです。これら2つは今の金融業界に必要な要素で、その導入を進めるための非常に大きな協定同意ではないかと、あたらしい経済編集部は考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)
イメージ:NatanaelGinting,-liuzishan

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州委員会がデジタルファイナンス戦略として暗号資産規制草案公表、ジェミナイが英国でサービス開始、新経連がBC官民推進会合開催などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表、暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)がイギリスでサービス開始、新経連と内閣官房IT総合戦略室がブロックチェーン官民推進会合を開催、ブラジル大手食肉加工会社JBSがブロックチェーンでのサプライチェーンの透明化の取り組みを発表、カヤックと山口不動産が大塚駅周辺の魅力発信にコミュニティ通貨「まちのコイン」を導入

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表

欧州委員会(EC)のエグゼクティブ・ヴァイスプレジデント(EVP)を務めるバルディス・ドンブロフスキー(Valdis Dombrovskis)氏がデジタルファイナンス戦略を9月24日に発表した。あわせて暗号資産の規制について記載されている「Markets in Crypto-Assets(MiCA)」の最終草案も公表した。

資産運用大手フィデリティらがBCベースの報告ツールを2020第4Qから利用か、ヴァンレンタスが独自トークン販売で52億円の資金調達かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第四半期から利用か、米プライベートエクイティファンドのヴァンレンタスが独自トークン販売により約52億円の資金調達予定か、米国の銀行でステーブルコイン発行事業者のための準備金保有が可能に、CoinBestが暗号資産交換業者登録を完了、韓国暗号資産(仮想通貨)取引所ビッサム(Bithumb)が二度目の売却を検討か

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第4四半期から利用か

アメリカ資産運用企業大手フィデリティ(Fidelity)、スペイン資産運用大手オールファンズ(Allfunds)、イギリスのフィンテックプロバイダー企業カラストーン(Calastone)、オーストラリアのフィンテックプロバイダー企業リンク・グループ(Link Group)、スウェーデンの資産運用企業MFexミューチュアルファンド、オーストラリアの通信会社トランザクト(TransACT)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)がファンド運営にブロックチェーン報告ツール「TISA Universal Reporting Network(TURN)」を2020年第四半期から採用することが明らかになった。