バイナンスがビットコインオプション取引サービスの提供を開始

バイナンスがビットコインオプション取引サービスの提供を開始

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が、ビットコインのオプション取引サービスを提供開始したことを4月13日発表した。

同サービスは、バイナンスのモバイルアプリで提供され、 iOSとAndroidの最新バージョンで利用が可能だ。

バイナンスのオプション取引サービスは、有効期限を10分、30分、1時間、8時間、1日とし、従来のオプションとは短く期限を設定をしているとのこと。またアメリカンタイプでの提供となる為、有効期限前であればいつでも契約を締結できる特徴を持っている。また同サービスは、トレーダーの取引体験を向上させるように直感的に設計されているとのことだ。

編集部のコメント

オプション取引とは、予め定められた期日に特定の商品(今回のニュースの場合はビットコイン)を現時点で取り決めた価格で売買する「権利」の取引のことです。 オプション取引の権利には、コール・オプション(買うことができる権利)とプット・オプション ( 売ることができる権利)があり、それぞれのオプションには売り手と買い手がいるので立場は4つに分かれます。トレーダーは、将来価値が上がることを期待してコールオプションを購入し、反対に原資産の価格が将来下落すると予想してプットオプションを購入します。

またオプションが行使される可能性のある日付に基づいて、アメリカンオプションとヨーロピアンオプションに分類されます。行使期間中にいつでも行使可能なオプションをアメリカンタイプといい、満期日にのみ行使可能な(行使期間の最終日にだけ、その取引を実行するかどうかを決められる)オプションをヨーロピアンタイプといいます。

ビットコインオプションはBakktが昨年12月に、シカゴマーカンタイル取引所(Chicago Mercantile Exchange:CME)が1月に提供開始しています。(共にヨーロピアンタイプ) また1月にマネックスグループの米子会社TradeStationが、同社運営のオンライン証券「TradeStation Securities」にて、BakktとCMEの提供するビットコインオプションの対応を開始しています。

CMEではサービス提供開始当日の契約数は55、275BTC(約2億6000万円)、その4日後には契約数が122、取引高は610BTC(約5億8000万円)となっていました。しかし3月のコインデスクの報道によるとCMEの3月17日のビットコインオプション取引は、わずかに3件のビットコインオプション契約が取引されただけで、想定元本が15BTC(約876万円)となり、CMEでのビットコインオプションの単日での取引高として最低記録となったとのことです。またBakktでは1月中旬以来、オプション契約の取引は4日間しか行われておらず、2月27日以来オプション取引は行われていないということでした。

このようなビットコインオプション取引における現在の市場状況下で、バイナンスのオプション取引サービスがどのように動いていくのか、今後の動向が気になります。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:Lidiia-Moor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/7の話題】SBIが暗号資産取引所へ出資、ステーブルコインが銀行と資金移動業に制限かなど(音声ニュース)

SBI、シンガポールの大手暗号資産取引所コインハコへ出資、金融庁、日本円ステーブルコイン発行を銀行と資金移動業者に制限か=報道、FTX、暗号資産トレーディング・プラットフォーム規制に関する10原則を発表、アニモカブランズとバイナンス、約227億円のファンドを立ち上げ。ブロックチェーンゲーム支援で、【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ、マリオット、会員向けキャンペーンでNFTプレゼント、兵庫県のサッカークラブ「FC SONHO川西」、FiNANCiEでクラブトークン発行、米コインベースプロ、暗号資産7銘柄を新規上場、NFT活用事例が学べる無料イベント12月10日開催、「NFT WEEKS TOKYO」で

Sponsored

アニモカブランズとバイナンス、約227億円のファンドを立ち上げ。ブロックチェーンゲーム支援で

香港拠点のNFTゲーム開発企業アニモカ・ブランズ(Amimoca Brands)と、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、ブロックチェーンゲームプロジェクトへの支援を目的に2億ドル(約227億円)規模のファンドを立ち上げたことが12月6日分かった

【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ

電子書籍取次事業やNFTマーケットプレイス運営を手がけるメディアドゥが、ソーシャル映像視聴アプリ「GREET(グリート)」を12月13日より提供開始することを発表した。「GREET」は、ミュージックビデオ、ライブ映像、ショートフィルム、ライフスタイル番組などあらゆるジャンルの公式映像を、オンライン上映会で誰とでも一緒に鑑賞ができる映像視聴アプリだ。