世界経済フォーラムが「コロナウイルスが引き起こしたサプライチェーンへの混乱をブロックチェーンでどう解決すべきか」という記事を公開

World Economic Forum(世界経済フォーラム)がコロナウイルスによるサプライチェーンの混乱を受けて、専門家たちがサプライチェーン全体での可視性・透明性を高める必要性を再確認していると記事で発表した。

一般的にサプライチェーンで可視性・透明性を高めることは、サプライチェーンの効率性と敏捷性を最適化するための鍵であると考えられている。
しかし、コロナウイルスのような有事に、重要なサプライチェーンの混乱が発生した場合、可視性・透明性はエコシステム内の代替サプライヤーへのルートを開発するなどの行動計画立て直し、実行することができうる非常に重要な役割を果たすとのこと。

実際に、コロナウイルスは各国へロックダウンを引き起こしたため、チェーン内のサプライヤーは一時的に生産を停止しており、物流業者は国境を越えてシームレスに商品を輸送することができなくなっている。

しかしサプライチェーンに可視性・透明性が不足しているのは、新しい問題ではないとのこと。世界経済フォーラムの記事によれば、多くの企業は何十年もかけてサプライチェーン内のデータを明らかにしようとしてきたが、サプライヤーが情報を提供してくれなかったとのこと。

世界経済フォーラムはサプライチェーンに可視性・透明性を持たせる方法を4つ紹介している。
それは、「1.紙からデジタルへの移行2.サプライヤーのデータプライバシーの確保3. サプライヤーにデータ共有のインセンティブを与えること4.常に有事に備えておく(パンデミックが二度と起こらないと思い込んではいけない)」となっている。

世界経済フォーラムは結論として、サプライチェーン内ですべての関係者が可視性を持ち、データを共有し、効果的にコミュニケーションをとることが極めて重要である。
そして、それを可能にするテクノロジーであろうブロックチェーンは、貿易とサプライチェーンシステムを再構築し、今後数十年の間にサプライチェーンをより耐衝撃性の高いものにする上で重要な役割を果たすことができるとのこと。

編集部のコメント

この記事の中で、サプライチェーンの混乱における具体例を挙げています。イギリスのFiat Chrysler Automobiles(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は2月中旬に、中国からの部品調達ができないため、セルビアの自動車工場での生産を一時的に停止すると発表しました。

Hyundai(ヒュンダイ)は韓国の工場についても同様の発表をしています。COVID-19以前には、国際航空旅行は貿易貨物を大量に輸送していましたが、新型コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、その便数は55%減少しています。つまり、いかに中国がグローバルなサプライチェーンの中心的な役割を果たしてきているかが明らかになっているのです。

しかし記事で、サプライヤーの可視性・透明性が不十分であったためサプライチェーンに大きな混乱が走っているのです。中国企業にグローバルメーカーが部品などの供給元を依存していることから、中国企業にブロックチェーン適用させ、可視性・透明性を担保していくことが重要ではないかとあたらしい経済編集部は考えます。

世界経済フォーラムには、ブロックチェーンに焦点を当てたチームが存在していて、サプライチェーンを対象としたブロックチェーンイニシアチブと、サステナビリティのためのトレーサビリティ・プラットフォームを立ち上げました。そのチームが牽引して、世界のサプライチェーンをアップグレートしていって欲しいと思います。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)
イメージ:Arkadivna

 

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

東海東京フィナンシャルらがデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億円出資、深圳市がデジタル人民元の3度目のテスト計画、NEM流出事件31人検挙などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

東海東京FHDが率いるコンソーシアムが、シンガポールのデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億4,000万円出資、中国深圳市がデジタル人民元の3度目のテストを計画(発行額:約3億2,000万円)、コインチェック仮想通貨ネム(NEM/XEM)流出事件、31人を検挙、マネックスグループがESG金融事業開始を発表、ロシア大手銀行スベルバンクが独自デジタル通貨発行に向け中央銀行に申請、ロシア地方裁がバイナンス(Binance)のウェブサイトのブロック解除決定

東海東京FHDが率いるコンソーシアムが、シンガポールのデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億4,000万円出資

東海東京フィナンシャル・ホールディングス(東海東京FHD)株式会社のシンガポール現地法人の東海東京グローバル・インベストメンツは、シンガポールのデジタル証券取引所であるiSTOXを運営するICHX Tech(ICHX社)のシリーズAの延長として、シリーズA2に参加したことを1月21日に発表した。

コインチェック仮想通貨ネム(NEM/XEM)流出事件、31人を検挙

2018年に発生した暗号資産(仮想通貨)ネム(XEM)が暗号資産取引所コインチェックから流出した一連の事件において、ネムの不正な交換に応じたとみられる31人が警視庁により組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で逮捕や書類送検されたことが、1月22日共同通信など報道各社が報じた

ロシア地方裁がバイナンス(Binance)のウェブサイトのブロック解除決定

ロシアの地方裁判所が、ロシア地域において大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のウェブサイトがブロックされている件について、バイナンスの訴えを受け、そのブロックを取り消すことを1月20日に決定した。このことをロシア現地メディアが21日報じた

ブラックロックがビットコイン投資へ、フランス銀行が中銀デジタル通貨実験成功、湘南ベルマーレにて国内初のクラブトークン発行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米アセマネ大手ブラックロックが一部ファンドでビットコイン投資へ、タイ証券取引所が2021年後半にデジタル資産取引プラットフォームをローンチか、フランス銀行が中央銀行デジタル通貨実験にて200万ユーロ(約2億5,000万円)の決済に成功、国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)、日本銀行が来年春に中央銀行デジタル通貨実証実験の第二段階開始か、次世代分散型ブラウザBrave(ブレイブ)にIPFSプロトコルのサポート追加

国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、プロサッカーチーム「湘南ベルマーレ」のプロサッカークラブトークンの発行を1月21日発表した。なおクラブトークンの発行は今回の湘南ベルマーレとフィナンシェにおけるプロジェクトがプロサッカーチーム国内初の事例となる