韓国中央銀行がCBDCのパイロットテスト実施へ

韓国中央銀行がCBDCのパイロットテスト実施へ

韓国の中央銀行である韓国銀行が、中央銀行デジタル通貨(CBDC)のパイロットシステムの構築とテストに向けた推進計画を開始したことを、4月6日同行のプレスリリースによって明らかにした。

同計画は、CBDCの発行に関する技術的課題と法律的課題の特定を目的とし、技術的要件として要件定義や実装技術の検討、業務プロセスの分析、パイロットシステム構築が行われ、法的にも現在の銀行法の改正が必要な場合については具体的な改正案を検討するとのことだ。

またプレスリリースによると、CBDC主要国の研究共有の為に各国中央銀行との交流と協力を強化するとしている。

同計画は、2月に金融決済局に新設されたデジタル通貨研究チームが主導し、技術分野と法律分野の専門家と共に実施され、技術検討における全推進工程を2020年3月~2021年12月の期間とし、進捗状況によって日程調整を柔軟に行うとのこと。

同計画におけるスケジュールは、「CBDCの設計と要件定義」(2020年3月〜7月)、「実装技術の検討」(2020年4月〜8月)、「業務プロセスの分析」(2020年9月〜12月)、「パイロットシステムの構築とテスト」(2021年1月〜2021年12月)となっている。

また法律要件と各国中央銀行との交流のスケジュールについては、技術検討の進捗状況に合わせていく。

編集部のコメント

韓国銀行は「昨今の支払い決済分野の技術革新は急速に成長しており、民間の市場拡張性を予見することは困難な状況である。現時点でのCBDC発行の必要性とは別に、国内外の支払い決済環境の変化に先制的に対応するためにCBDC導入による技術、法律的必要事項を検討する」と同推進計画についてプレスリリースにて述べています。

韓国銀行がCBDCを導入することは現時点では未定ですが、中国をはじめとする国家のCBDC採用への取り組みは進んでいる状況です。また今月3日にはBIS(国際決済銀行)が発表したレポート「Covid-19, cash, and the future of payments 」のなかで、「決済の格差を埋める手段として、各国の中央銀行が銀行口座を持たない人々のためのアクセス・オプションと、CBDCなど全国民に適した決済システムの技術的インターフェイスを提供できるように設計するべきだ」と結論づけています。

韓国がCBDCのパイロットシステムの構築とテストが終了する2021年12月ごろには、各国のCBDCを取り巻く状況はさらに大きく変化をしているかもしれません。その頃に韓国が現在と同じ方針で対応を続けていくのか、その動向に非常に興味があります。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:stockdevil,Guzaliia-Filimonova)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/11の話題】バイナンスで米ドル入出金が停止、Perfume初のNFTアートなど(音声ニュース)

米シルバーゲート、バイナンスの米ドル入出金を停止 過激派組織が関与か、Perfumeが初のNFTアートをリリース、11日21時より競売、【取材】ステイクが11億円調達、Fenbushi Capital、East Ventures、Gumi Cryptosらから(CEO渡辺創太)、gumi創業者の國光氏退任、ブロックチェーンとVRに注力か、エルサルバドルのビットコイン法定通貨動向、国際通貨基金(IMF)が懸念、銀行の暗号資産保有に厳しい提案、バーゼル銀行監督委員会、米ステート・ストリート、デジタルアセット部門を立ち上げ、バイナンスにGitcoin(GTC)が上場、米コインベースとForUsALL、暗号資産利用の確定拠出年金プラットフォーム発表、BCトレーサビリティのサーキュラー、約15.3億円の資金調達、フラクトンベンチャーズ、トークンゲーティングシステムMintGateと業務提携

フラクトンベンチャーズ、トークンゲーティングシステムMintGateと業務提携

Fracton Ventures(フラクトンベンチャーズ)株式会社と米MintKudos inc(ミントクードス)が業務提携することを6月11日発表した。これにより両社はNFTやソーシャルトークンを中心としたトークンゲーティング機能によるユーザーへの新体験や、Web3.0サービスの事例作りを行っていくとのこと

米シルバーゲート、バイナンスの米ドル入出金を停止 過激派組織が関与か

暗号資産(仮想通貨)企業にサービスを提供する金融機関の1つである米シルバーゲート(Silvergate Bank)銀行が、大手暗号資産取引所バイナンス(Binance)向けの米ドルでの入出金処理を停止することをコインデスクが6月10日に報じた。コインデスクはこの事情に詳しい関係者からの情報を元に報じている。

【速報】Perfumeが初のNFTアートをリリース、11日21時より競売

Perfumeがリリースを予定していたNFTアート作品の販売開始が6月11日正式に発表された。本日11日21時より販売される。 今回Perfumeが販売するのはNetflixで配信中の「Perfume Imaginary Museum “Time Warp”」で使用したデータを元に制作される、Perfume初のNFTアート作品「Imaginary Museum “Time Warp”(イマジナリーミュージアム “タイムワープ” )」だ