(電縁取締役石原 玲一氏コメントあり)電縁と東大がブロックチェーンを活用した漁獲物トレーサビリティシステムの実証実験を水産庁から受託し開始

電縁と東大がブロックチェーンを活用した漁獲物トレーサビリティシステムの実証実験を水産庁から受託し開始

株式会社電縁が、ブロックチェーン活用の漁獲物トレーサビリティシステムの実展開に向け、国内漁場の流通実態調査及び実証実験を国立大学法人 東京大学大学院 農学生命科学研究科との共同提案により水産庁から受託し、作業開始したことを4月2日発表した。

漁獲物トレーサビリティシステムは、漁獲物に漁獲証明を与え、水揚、加工、流通等の過程を追跡を目的とする。

同実証実験は、2020年4月から2021年3月までの期間で、北海道、東北、西日本の3漁場を対象として行われる。

漁獲物トレーサビリティシステムの実展開に向けて、各漁場の水産物の流通の実態調査、漁獲物トレーサビリティシステムのプロトタイプ開発、プロトタイプシステムを各漁場の実業務に導入し、実証実験を実施するとのこと。

実証実験の実施にあたっては、電縁と東京大学のチームが現地を訪問し、各漁場の漁業協同組合、生産者、加工業者、流通業者などの協力を得て、現場状況の調査、関係者へのヒアリング、プロトタイプシステムを使った業務などを実施する。

流通実態調査では、水揚、加工、流通の各過程で水産物がどのように取引され、どのように扱われ、どのように情報が管理されているのかを確認、把握を行う。

システム実証実験では、プロトタイプシステムで実業務を実際に実施し、業務で使うことができるか、期待通りの改善効果を得られるかといったことについて検証を行う。

またブロックチェーンを同システムに使用することで、漁獲枠をトークン化することが容易になり、漁獲量管理の円滑化、密漁・産地偽装などの不正行為の検出の容易化を期待することができるとのことだ。

同実証実験にて構築するプロトタイプシステムの開発は、電縁が国内販売を手掛ける、タイAvalant社のローコード開発ツール「ONEWEB」が利用される。なお同システムへ採用するブロックチェーンプラットフォームに関しては、現在選定中とのことだ。

株式会社電縁の取締役である石原 玲一氏は、あたらしい経済編集部の取材に対し
『今回の実証実験で開発するシステムについて、私の頭の中の現時点のイメージは、「漁獲枠をトークン(漁獲許可証)化して、漁業者が予め必要量を取得し、実際の漁獲物を紐付けることで漁獲証明書になる」「そのトークンを利用して水揚→加工→流通→消費という過程をサンキーグラフのように可視化する」ということを考えています。

このシステムを実展開していく中で、必要機能を追加するなどすることで、「漁獲許可証を持たない業者/水揚は漁獲証明を受けられず、密漁、密輸、産地偽装など枠外の漁獲からの流通を防止できる」「漁獲許可証、漁獲証明の発行状況で現時点、未来の漁獲枠の使用状況をリアルタイム把握しやすい」「最終製品から遡って水揚からの流通経路を証明でき、消費者等に開示できるので食の安全、ブランド保護に役立つ」「流通過程の各事業者間の取引の電子化に役立てられる」「流通過程の各事業者の入荷量/出荷量が透明化され、不正な原材料(密漁品、密輸品、偽装品など)の混入の検出、脱税目的の出荷量の改竄等を防げる」といったことに役立てられると考えています。

単純に流通をトレース、追跡できることに留まらず、情報の活用、業務の組み換えによる踏み込んだ効果の発揮を目指していくにあたって、パートナー企業の固有技術の活用なども含めた電縁でないと構想、実現できない仕組み作りを行えると考えています。
また、同様の仕組は水産業に関わらず、様々な産業のサプライチェーン、流通に適用することができ、日本市場に限ったものでもないと思われるため、活用の場を拡大する取り組みも進めていきたいと考えています』とコメントをしてくれた。

編集部のコメント

食品トレーサビリティの目的としては、「食品の安全を確保すること」「情報の信頼性を高めること」「業務の効率を上げること」などが挙げられます。
しかしサプライチェーンには、生産から加工、販売までに数々の工程や事業者が多く関わることから、詳細な情報を正確に記録管理することは非常に困難な状況でした。しかしブロックチェーンやRFIDなどの登場により、流通経緯を追跡するシステム構築の実証実験や開発の事例は多くなってきています。
ブロックチェーンの特性がトレーサビリティに利用されることにより、輸出の際の産地証明やブランド価値の保護、またトークンを利用することでエンドユーザーから生産者へチップや感謝の気持ちを送ることもでき、サプライチェーンにおいて新たなつながりを生む取り組みもされています。

なお、同システムによっての漁業の産地証明やブランド価値の保護への取り組みはもちろんですが、漁業においては違法・無報告・無規制(IUU)漁業が国際的な問題になっており、国連のSDGsでもその対策実施は謳われています。IUU漁業によって限りある水産資源が無秩序に乱獲され、その数を大きく減らしています。IUU漁業を減らすためにも今回のような漁獲物に証明を与えるトレーサビリティシステムの構築は求められており、また同システムの構築は、水産資源を守ることにも繋がるのです。
食品トレーサビリティシステムが、畜産・漁業・農業などのすべてのサプライチェーンに当たり前のように導入されることで、食品や資源が無駄にならず、安全により良いものが流通される未来が訪れることを期待します。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:NatalyaBurova)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

(セキュリタイズのカントリーヘッドジャパンの小林英至氏コメント追記)米セキュリタイズがデジタル証券の発行から流通までサービス提供可能へ

米デジタル証券会社セキュリタイズ(Securitize)が米証券取引委員会(SEC)認可の代替取引システム(ATS)を持ち、米金融取引業規制機構(FINRA)登録のブローカー・ディーラーであるディストリビューテッド・テクノロジー・マーケッツ(Distributed Technology Markets/DTM)の買収について米規制当局の承認を取得したことを11月25日に発表した。これによりディストリビューテッド・テクノロジー・マーケッツはセキュリタイズ・マーケッツ(Securitize Markets)に改称され、セキュリタイズはデジタル証券発行から流通市場までのデジタル化をカバーすることが可能になる。

BNPパリバら銀行間デジタル通貨開発コンソーシアム組成、ISIDと旭化成BC農業データ流通基盤の実証実験、UCCがBCトレーサビリティ導入などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

仏金融機関BNP Paribasらが金融市場インフラのための原則(FMI)に遵守した銀行間デジタル通貨の開発のためのコンソーシアムを組成、電通国際情報サービス(ISID)と旭化成が都内スーパーにてブロックチェーンを活用した農業データ流通基盤の実証実験開始、UCC COFFEE UKがファーマ・コネクトが提供するトレーサビリティシステムを導入、明治安田生命がアステリアのブロックチェーンを活用した株主総会ソリューションを採用、露首相がデジタル金融資産を財産として扱うと発言、グローバル法律事務所DLAパイパーが資産のトークン化プラットフォームTOKO(トーコー)を発表

UCC COFFEE UKがファーマ・コネクトが提供するトレーサビリティシステムを導入

UCCホールディングス株式会社のヨーロッパ関連会社UCC Coffee UK LTDがコーヒーのトレーサビリティープラットフォームである「ファーマー・コネクト(farmer connect)」と提携し、オラウータンコーヒー(Orang Utan Coffee)のためのブロックチェーントレーサビリティーソリューション「サンク・マイ・ファーマー(Thank My Farmer)」を開始したことを11月25日に発表した。「Thank My Farmer」はIBM Blockchainを利用している。

グローバル法律事務所DLAパイパーが資産のトークン化プラットフォームTOKO(トーコー)を発表

グローバル法律事務所DLAパイパー(DLA Piper)が同社の子会社でデジタルビジネスソリューションの設計及び開発を行うアルダーズゲートDLS(Aldersgate DLS)と共同で、デジタル資産のトークン化プラットフォームTOKO(トーコー)を立ち上げたことを11月24日に発表した。

仏の金融機関BNP Paribasらが金融市場インフラのための原則(FMI)に遵守した銀行間デジタル通貨の開発のためのコンソーシアムを組成

フランスの3つの主要銀行であるBNP Paribas、Crédit Agricole、Caisse des Dépôts(預金供託金庫)とセキュリティ・トークン・プラットフォームのトークニー(Tokeny)や開発企業ブロックチェーン・エックスデブ(The Blockchain Xdev)がセキュリティートークン(デジタル証券)を決済するための銀行間デジタル通貨の開発を目的としたコンソーシアムを立ち上げたことを11月26日にLedgerinsightsが報じた。

韓国KTが地域通貨利用のオンラインモールローンチへ、韓国暗号資産税制の施行が延期の可能性、コインチェックがクリプトゲームスと提携などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

韓国通信企業KT Corpが釜山市のブロックチェーンベースの地域通貨を利用したオンラインモールをローンチ予定、韓国の暗号資産(仮想通貨)税制の施行時期が取引所の事業準備期間の懸念により2022年まで延期の可能性、コインチェックがクリプトゲームスとNFTマーケットプレイス事業において連携開始、LINE Payがマイナポイント事業において暗号資産「LINK」に転換できる「LINKリワード」5,000円相当をプレゼントするキャンペーンを実施