コインチェックが板取引サービスでアルトコインの取り扱いを開始

コインチェックが板取引サービスでアルトコインの取り扱いを開始

コインチェック株式会社が、同社運営の仮想通貨取引所コインチェックで提供する板取引サービスにおいて、アルトコインの取り扱いを開始することを4月1日発表した。

板取引とは顧客の売買の指値注文から注文板を形成し、「価格優先」「時間優先」等の優先順位に従って売買注文のマッチングを行う競争売買取引サービスのこと。

今までコインチェックの提供する板取引サービスでは、ビットコインのみ取り扱いをしていたが、コインチェックが現在販売所形式で取り扱っているアルトコインを順次板取引サービスでも扱っていくとのことだ。

発表同日の4月1日より、ファクトム(FCT)が先行して板取引サービスにて取り扱いが開始した。

また板取引サービスではビットコインの手数料が無料だったが、アルトコインについても手数料無料で取引できるとのこと。

編集部のコメント

コインチェックの販売所サービスでは現在、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM、QTUMの11種類のアルトコインを取り扱っています。

アルトコインの板取引サービスは、ユーザーが望んでいた機能だと思います。今後他の通貨がどのようなスケジュールで取り扱われるのかが楽しみです。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

LayerXがJAFCO、ANRI、YJ Capitalから30億円の資金調達、ThetaのバリデーターにGoogle参加、インド中央銀行が暗号資産取引への口座提供禁止を否定などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LayerXがJAFCO、ANRI、YJ Capitalから金融・物流のデジタル化推進のために30億円の資金調達、(gumi國光氏コメントあり)分散型コンテンツデリバリーネットワーク「Theta(シータ)」のバリデーターにGoogleが参加、インド中央銀行が暗号資産(仮想通貨)取引への口座提供禁止を否定する声明を発表、ネスプレッソがジンバブエ産のコーヒー流通をトレースするためにブロックチェーンを活用、分散型プラットフォームのオントロジー(Ontology)がブロックチェーンゲームでマイクリやブレヒロと提携

(gumi國光氏コメントあり)分散型コンテンツデリバリーネットワーク「Theta(シータ)」のバリデーターにGoogleが参加

分散型コンテンツデリバリーネットワークを提供する「Theta Labs(シータ・ラボ)」の「Theta(シータ)」のエンタープライズバリデーターにGoogle Cloudが参加することが発表された。これでBinance、Blockchain Ventures、gumiに加えて計4社となる。

分散型プラットフォームのオントロジー(Ontology)がブロックチェーンゲームでマイクリやブレヒロと提携

ブロックチェーンを利用した分散型プラットフォームOntology(オントロジー)が日本発のブロックチェーンゲーム「マイクリプトヒーローズ( 以下マイクリ)」と「ブレイブフロンティアヒーローズ(以下ブレヒロ)」との提携を5月27日に発表した

ネスプレッソがジンバブエ産のコーヒー流通をトレースするためにブロックチェーンを活用

Nespresso(ネスプレッソ)がジンバブエ産のコーヒーの流通をトレースするためにブロックチェーン技術を活用していることがLedger Insigthsの報道によって明らかになった。ネスプレッソがブロックチェーンを活用しているプロジェクト名は「TAMUKA mu ZIMBABWE」だ。

Libra専用のウォレットが「Novi」にリブランド、Polkadotのメインネットがローンチ、CoinDCXがCoinbase VenturesとPolychain Capitalから250万ドルの資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックがLibra(リブラ)専用のウォレットを「Novi」にリブランド、Web3 FoundationがPolkadot(ポルカドット)のメインネットローンチを発表、インド暗号資産(仮想通貨)取引所CoinDCXがCoinbase VenturesとPolychain Capitalから250万ドルの資金調達、ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」が初のTVCMを放送