バイナンスがマイニングプールをローンチすることをCZが明らかに

バイナンスがマイニングプールをローンチすることをCZが明らかに

大手仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が、マイニングプールをローンチすることをバイナンスCEOであるChangpeng Zhao(CZ)氏が自身のTwitterにて4月1日明らかにした。

3月31日に第一報を報じたロシアのメディアCoinlifeによると、バイナンスはマイニングプールのローンチに向け専門家を雇用しており、中国北京のマイニング企業大手のビットメインで以前働いていた従業員も含まれるとのことだ。

ちなみにCZ氏の同Twitterにリプライする形で、元BITMAIN AntPool海外オペレーションディレクターで、同マイニングプールのビジネスディベロップメントとされるSofia Li氏が同マイニングプールの問合せ先を公開している。(なおSofia Li氏のこのTwitterによるとバイナンスの提供するマイニングプールのサービス名はBinance Poolとなるようだ)

またCoinlifeによると同マイニングプールは、第2四半期(4月~6月)に開始されると報じられている。

仮想通貨取引所としてマイニングプール事業を行うのは、2019年8月にローンチしたOKexと9月にローンチしたHuobiに続き3番目なるということだ。

編集部のコメント

マイニングプールは、複数のマイナーで協力してマイニングを行う仕組みです。そもそもマイニングで報酬を得るには、他のマイナーより先にナンスを探索しブロックを作成しなければなりません。
マイニングプールでは、世界中のマイナーからのマイニングプールへの接続を受け付け、それぞれのハッシュレートをプールにひとまとめにし、大勢がマイニングに協力して条件を満たすナンスを探索します。全体としてのハッシュレートは大きくなり、ブロックを見つけられる確率も格段に上昇するという仕組みになっています。
マイニングの結果、得られた報酬とトランザクション手数料は、各マイナーの貢献度に応じて分配がされます。
マイニングプールは、マイナーが増えていくことでハッシュレートが大幅に上昇し、個人では十分なハッシュレートを持つ事が難しくなってきたことにより、開発がされました。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:ArtHead-,artsstock)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も