中国光大銀行がサプライチェーンファイナンスでAnt Blockchainの利用開始

中国光大銀行がサプライチェーンファイナンスでAnt Blockchainの利用開始

中国光大銀行 (China Everbright Bank)がサプライチェーンファイナンスでブロックチェーンを利用開始し始めたことが、上海証券ニュース(Shanghai Securities News)の報道により明らかになった。

中国光大銀行は中国の4大国有銀行ほど大きくないが、2019年6月の総資産は6,662億ドルと非常に大きな銀行だ。一部の資産は中国が所有し、2019年のフォーブス2000の大企業リストで151位にランクされている。

そして、中国光大銀行のブロックチェーンプロジェクトでは、サプライチェーンにアリババの金融子会社アントフィナンシャルが開発・提供する「Ant Blockchain Duo Chain」ソリューションを使用しているとのこと。 DUOとは、サプライチェーンとブロックチェーンの共通部分を指す。

ちなみに中国光大銀行とアントフィナンシャルがAnt Blockchain Duo Chainを利用して実装したプラットフォーム名は「Ant Dual-Link」という。このプラットフォームのユーザーは、中国光大銀行のネットワークを介してID認証と電子署名を完了することができ、関連するトランザクションデータと操作情報がブロックチェーンに保存され、確実なトレーサビリティが確保されるとのこと。そして、中国光大銀行は、内外のデータ管理プラットフォーム、企業の信用報告プラットフォーム、サポートする銀行口座システム、資金決済システムなど複数の関連システムを効果的にこのプラットフォームに統合させ、ビジネスの受け入れ、融資の承認、融資実行などのビジネスプロセスを実現し、企業の金融サービスを効果的に改善していくとのこと。

中国光大銀行の関係者は「次のステップはサプライチェーンファイナンスの生産性を高くプロセス実行させるフレームワークを強化し続けていきたい」と上海証券ニュースにコメントしている。

編集部のコメント

中国光大銀行(ちゅうごくこうだいぎんこう)は中国の銀行で、本社は北京市にあり国務院系の中国光大グループに属しています。 1992年8月に創業し、2010年8月に上海証券取引所へ上場、さらに2013年12月に香港証券取引所へ上場しました。そしてAnt Blockchainはアリババクラウド上で実装されていて、相互運用性が高いブロックチェーンプラットフォームとなっています。Ant Blockchainと互換性のあるブロックチェーンはEnterprise Ethereum、HyperLedgerFabric、Quarum、その他2つの異なるオープンソースシステムとなっています。


アントフィナンシャル社はすでにブロックチェーンを活用した事例も多く、医療・サプライチェーン・貿易金融・決済領域などの分野で莫大な金額がトランザクションされています。そして、2019年11月には「Ant Blockchain Open Alliance」という名称で、3カ月のテスト運用を行なったのち、2020年2月のローンチをすることを明らかにしていました。Ant Blockchain Open Allianceがローンチされたか、まだ明らかになっていません。ただ、ブロックチェーン領域において、アントフィナンシャルが既に大きなポジションを確立しているのではないかと、あたらしい経済編集部は考えます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:NatanaelGinting,-pgraphis)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州委員会がデジタルファイナンス戦略として暗号資産規制草案公表、ジェミナイが英国でサービス開始、新経連がBC官民推進会合開催などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表、暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)がイギリスでサービス開始、新経連と内閣官房IT総合戦略室がブロックチェーン官民推進会合を開催、ブラジル大手食肉加工会社JBSがブロックチェーンでのサプライチェーンの透明化の取り組みを発表、カヤックと山口不動産が大塚駅周辺の魅力発信にコミュニティ通貨「まちのコイン」を導入

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表

欧州委員会(EC)のエグゼクティブ・ヴァイスプレジデント(EVP)を務めるバルディス・ドンブロフスキー(Valdis Dombrovskis)氏がデジタルファイナンス戦略を9月24日に発表した。あわせて暗号資産の規制について記載されている「Markets in Crypto-Assets(MiCA)」の最終草案も公表した。

資産運用大手フィデリティらがBCベースの報告ツールを2020第4Qから利用か、ヴァンレンタスが独自トークン販売で52億円の資金調達かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第四半期から利用か、米プライベートエクイティファンドのヴァンレンタスが独自トークン販売により約52億円の資金調達予定か、米国の銀行でステーブルコイン発行事業者のための準備金保有が可能に、CoinBestが暗号資産交換業者登録を完了、韓国暗号資産(仮想通貨)取引所ビッサム(Bithumb)が二度目の売却を検討か

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第4四半期から利用か

アメリカ資産運用企業大手フィデリティ(Fidelity)、スペイン資産運用大手オールファンズ(Allfunds)、イギリスのフィンテックプロバイダー企業カラストーン(Calastone)、オーストラリアのフィンテックプロバイダー企業リンク・グループ(Link Group)、スウェーデンの資産運用企業MFexミューチュアルファンド、オーストラリアの通信会社トランザクト(TransACT)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)がファンド運営にブロックチェーン報告ツール「TISA Universal Reporting Network(TURN)」を2020年第四半期から採用することが明らかになった。