中国光大銀行がサプライチェーンファイナンスでAnt Blockchainの利用開始

中国光大銀行がサプライチェーンファイナンスでAnt Blockchainの利用開始

中国光大銀行 (China Everbright Bank)がサプライチェーンファイナンスでブロックチェーンを利用開始し始めたことが、上海証券ニュース(Shanghai Securities News)の報道により明らかになった。

中国光大銀行は中国の4大国有銀行ほど大きくないが、2019年6月の総資産は6,662億ドルと非常に大きな銀行だ。一部の資産は中国が所有し、2019年のフォーブス2000の大企業リストで151位にランクされている。

そして、中国光大銀行のブロックチェーンプロジェクトでは、サプライチェーンにアリババの金融子会社アントフィナンシャルが開発・提供する「Ant Blockchain Duo Chain」ソリューションを使用しているとのこと。 DUOとは、サプライチェーンとブロックチェーンの共通部分を指す。

ちなみに中国光大銀行とアントフィナンシャルがAnt Blockchain Duo Chainを利用して実装したプラットフォーム名は「Ant Dual-Link」という。このプラットフォームのユーザーは、中国光大銀行のネットワークを介してID認証と電子署名を完了することができ、関連するトランザクションデータと操作情報がブロックチェーンに保存され、確実なトレーサビリティが確保されるとのこと。そして、中国光大銀行は、内外のデータ管理プラットフォーム、企業の信用報告プラットフォーム、サポートする銀行口座システム、資金決済システムなど複数の関連システムを効果的にこのプラットフォームに統合させ、ビジネスの受け入れ、融資の承認、融資実行などのビジネスプロセスを実現し、企業の金融サービスを効果的に改善していくとのこと。

中国光大銀行の関係者は「次のステップはサプライチェーンファイナンスの生産性を高くプロセス実行させるフレームワークを強化し続けていきたい」と上海証券ニュースにコメントしている。

編集部のコメント

中国光大銀行(ちゅうごくこうだいぎんこう)は中国の銀行で、本社は北京市にあり国務院系の中国光大グループに属しています。 1992年8月に創業し、2010年8月に上海証券取引所へ上場、さらに2013年12月に香港証券取引所へ上場しました。そしてAnt Blockchainはアリババクラウド上で実装されていて、相互運用性が高いブロックチェーンプラットフォームとなっています。Ant Blockchainと互換性のあるブロックチェーンはEnterprise Ethereum、HyperLedgerFabric、Quarum、その他2つの異なるオープンソースシステムとなっています。


アントフィナンシャル社はすでにブロックチェーンを活用した事例も多く、医療・サプライチェーン・貿易金融・決済領域などの分野で莫大な金額がトランザクションされています。そして、2019年11月には「Ant Blockchain Open Alliance」という名称で、3カ月のテスト運用を行なったのち、2020年2月のローンチをすることを明らかにしていました。Ant Blockchain Open Allianceがローンチされたか、まだ明らかになっていません。ただ、ブロックチェーン領域において、アントフィナンシャルが既に大きなポジションを確立しているのではないかと、あたらしい経済編集部は考えます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:NatanaelGinting,-pgraphis)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/27話題】博報堂とアスターのステイクが新会社、Oasysでセガ「三国志大戦」リリースへなど(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ジョイントベンチャー設立へ、【取材】セガ「三国志大戦」のIP活用ブロックチェーンゲーム、Oasysでリリースへ、グリーがweb3事業参入を表明、ブロックチェーンゲーム開発を視野、SBIVCトレードが「ステーキングサービス」開始へ、カルダノ(ADA)から、フォビジャパン、テゾス(XTZ)取扱いへ、コインベース、オランダで暗号資産ライセンス取得、WEFが「Crypto Sustainability Coalition」発足、気候変動対策におけるweb3の可能性調査で、チリーズ(CHZ)の「Socios. com」、マレーシアのサッカークラブ「ジョホール」と提携、ラグビー用品専門店「ラグビーオンライン」、FiNANCiEでトークン発行、コンコーディアム(CCD)でweb3ドメインサービス「CNS」開始、Bictory Finance開発、NFTアートの祭典「CAWA TOKYO 2022」、9月27日から開催

Sponsored

コンコーディアム(CCD)でweb3ドメインサービス「CNS」開始、Bictory Finance開発

DeFi(分散型金融)やNFTにおけるブロックチェーンの安全性と規制問題に取り組むweb3ソフトウェア開発企業ビクトリーファイナンス(Bictory Finance)が、コンコーディアム(Concordium)ブロックチェーン上でウォレット・ネーム・システム「Concordium Name Service(CNS)」を9月27日に発表した。

Sponsored