Google PayでCoinbase Cardが利用可能に

Google PayでCoinbase Cardが利用可能に

仮想通貨取引所Coinbaseは、仮想通貨と連動しているVisaのデビットカードであるCoinbase Card(コインベースカード)をGoogle Payウォレットに直接追加できるようになったことを発表した。 Google Payとの接続により、Coinbaseは、ユーザーがCoinbaseアカウントの仮想通貨残高でモバイル決済を行えるようになった最初の企業になったとのこと。

Google Payは、Coinbase Cardのユーザーに、アンドロイドスマートフォン、スマートウォッチ、およびその他Google Pay対応デバイスを使用して、高速で安全な支払い方法を提供してくれるとのこと。 Google Payを使用すると、Androidユーザーは、安全な方法で仮想通貨を使用して、旅行を含め、生活全ての支払いを行えるようになるとのことだ。

3月17日より、イギリス、アイルランド、ベルギー、フィンランド、フランス、イタリア、スロバキア、スペイン、クロアチア、チェコ共和国、ポーランド、デンマーク、ノルウェー、スウェーデンのCoinbaseユーザーが、Google Payを使用したCoinbaseカードでの支払いを利用できるようになった。

編集部のコメント

2月19日にCoinbaseは、仮想通貨関連企業として初のVisaメンバーシップを取得しました。ちなみに、VisaとCoinbaseの関係は、2019年にイギリスでVisaのデビッドカードであるCoinbase Cardの発売から始まりました。Coinbase Card発売から9か月後、Coinbase Cardは29の市場のユーザーが利用できるようになり、数百万の加盟店で10の仮想通貨を使用できるようになりました。その成功があって、VisaはCoinbaseへメンバーシップを付与する決断に至ったと考えられます。そしてその効果がすぐに現れ、Google PayとCoinbase Card接続に及んだのだと思います。
昨日、Bakktが今夏に消費者向けのアプリを提供するとの報道がありました。今夏はCoinbaseとBakktが消費者向けのサービスを大きく展開していき、消費者へ仮想通貨を通したペイメントが普及していく時期になるのではないか、とあたらしい経済編集部は考えます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:inkoly)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/19の話題】ビットコインが6ヶ月ぶりの高値で推移、バイナンスコインのトークンバーンなど(音声ニュース)

ビットコイン、ETFの期待とインフレ懸念から、6ヶ月ぶりの高値で推移、ビットコイン法定通貨化のエルサルバドル、数千人が独裁政権を危惧しデモ参加、米コインベースプロでARPA Chain(ARPA)、Bounce(AUCTION)、Perpetual Protocol(PERP)上場、バイナンスコイン(BNB)が17度目のトークンバーン、NFTのミント費用がゼロに、Raribleが新機能「lazy minting」公開、レイカーズがチリーズ「Socios. com」と提携、NBA24チーム目に

米コインベースプロでARPA Chain(ARPA)、Bounce(AUCTION)、Perpetual Protocol(PERP)上場

米ナスダック上場の暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)が、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase Pro(コインベースプロ)にて新たに暗号資産アルパチェーン:ARPA Chain(ARPA:アルパ)、バウンス:Bounce(AUCTION:オークション)、パーペチュアルプロトコル:Perpetual Protocol(パープ:PERP)の上場を10月19日発表した

【10/18の話題】フォビジャパンが第一種金融商品取引業者の登録、米SECが「BTC先物ETF」初承認など(音声ニュース)

フォビジャパン、第一種金融商品取引業者の登録完了。証拠金取引サービス再開へ、米SECが「ビットコイン先物ETF」を初承認、18日から取引所で取扱へ、野村と大和、SBIとSMBC設立の「大阪デジタルエクスチェンジ」へ資本参加、米バックト(Bakkt)、NY証券取引所に上場へ、テザーが米CFTCと和解、USDTに関する虚偽説明が明らかに、米スクエア、ビットコインマイニング事業を開始か、ディーゼルやマルジェラのOTB、LVMHの「Aura」ブロックチェーンコンソーシアムに参加、ジミーチュウがNFTリリースへ、限定作には実物スニーカーも、アビスパ福岡、J1残留でジンクス打破を記念しNFT発行