米Figure Technologiesがブロックチェーンで1億5000万ドルの住宅ローンを証券化

米Figure Technologiesがブロックチェーンで1億5000万ドルの住宅ローンを証券化

米Figure Technologiesがブロックチェーン上で管理可能な1億5,000万ドルのホームエクイティクレジットバンドル(HELOC)の証券化を完了したことを、米Coindeskが明らかにした。

同社は、リクルート社などが出資しているブロックチェーンプラットフォーム「Provenance」で、このローンのオリジネーションから債券の発行、借り手の月々の支払いの回収まで、すべてが実行していくとのこと。

Figure TechnologiesのCEO、Mike Cagney(マイク・カグニー)氏は「ある元帳の情報を管理することで、エラーを最小限に抑え、発生したエラーをより早くキャッ​​チして修正し、ローンを当事者間で転送するなどの費用を削減できます。我々は、HELOCを5分で承認し、通常の30〜60日ではなく、5日で融資機会を提供することができます。我々の技術をを広く適用させられれば、3兆ドルの年間証券化市場で300億ドルのコストを節約できる」とコメントしている。

編集部のコメント

Figure Technologiesは、設立2年目のスタートアップですが、すでにシリーズCラウンドまで資金調達を行なっています。1

1月に1億300万ドルのシリーズC資金調達ラウンドを含め、12億ドルの評価で2億2500万ドル以上を、MUFG、モーガンクリーク、デジタルカレンシーグループ、フォックスコンの投資部門であるHCMキャピタル、ラビットキャピタルなどから出資されています。

そして過去に、米国証券会社ジェフリーズグループと日本の金融大手野村は、同社の債券販売を管理していたりもします。同社は2020年1月30日にも、前Coinbase President&COOのAsiff HirijiをPresidentとして迎え入れるなど、組織としても非常に大きくなってきています。そして同社が今回利用するProvenanceは住宅ローン、学生ローンなどの貸出プロセスを簡素化してきていて、今後はサプライチェーンファイナンスにも参入する可能性があることを示唆しています。

Securitize、tZero、Polymath、Provenanceなど証券化するためのブロックチェーンプラットフォームの実用化の兆しが見え始めてきた気がします。メディアとして、それぞれのプラットフォームの特色をリサーチし、事業会社の意思決定の一助のなれるようにしたいと、考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:antoniokhr,Leyn)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ブラックロックがビットコイン投資へ、フランス銀行が中銀デジタル通貨実験成功、湘南ベルマーレにて国内初のクラブトークン発行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米アセマネ大手ブラックロックが一部ファンドでビットコイン投資へ、タイ証券取引所が2021年後半にデジタル資産取引プラットフォームをローンチか、フランス銀行が中央銀行デジタル通貨実験にて200万ユーロ(約2億5,000万円)の決済に成功、国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)、日本銀行が来年春に中央銀行デジタル通貨実証実験の第二段階開始か、次世代分散型ブラウザBrave(ブレイブ)にIPFSプロトコルのサポート追加

国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、プロサッカーチーム「湘南ベルマーレ」のプロサッカークラブトークンの発行を1月21日発表した。なおクラブトークンの発行は今回の湘南ベルマーレとフィナンシェにおけるプロジェクトがプロサッカーチーム国内初の事例となる

BMWやホンダらのMOBIが自動車業界標準規格発表、ビットバンクにクアンタム上場、コインベースがバイソン・トレイズ買収などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

BMW、フォード、ホンダ、デンソーらのMOBIが自動車業界標準規格「Vehicle Identity(VID)II」発表、コインベースがブロックチェーンインフラ開発企業バイソン・トレイズを買収、「住民票をブロックチェーンで管理、スマホで取得から認証まで」chaintopeが福岡県飯塚市と行政文書デジタル化社会実験開始、バイナンス(Binance)が過去最大金額でバイナンスコイン(BNB)のトークンバーン実施、スイス証券取引所(SIX)に英コインシェアーズ(CoinShares)提供のビットコインETP、BITCが上場へ、デジタル資産取引プラットフォームINXがデジタル証券プラットフォームのオープンファイナンス・セキュリティーズの買収契約を締結、ビットバンクが暗号資産クアンタム(QTUM)の取り扱いを1月27日に開始