ステイクがUC Berkeley主催のブロックチェーンアクセラレーションプログラムに日本初の採択

ステイクがUC Berkeley主催のブロックチェーンアクセラレーションプログラムに日本初の採択

ステイクテクノロジーズ株式会社が、アメリカ⻄海岸(ベイエリア)のカルフォルニア⼤学バークレー校(UC Berkeley)が主催するブロックチェーンアクセラレーションプラグラムに⽇本初で採択をされたことを3月10日プレスリリースにて発表。

同アクセラレーションプログラムは、UC Berkeleyの⼯学部、Haas School(MBA)、Fortune500カンパニーにブロックチェーンコンサルティングなどを⾏っているBlockchain at Berkeleyによって提供される6ヶ⽉間のプログラム。

同プログラム中には、Pantetra Capital、Blockchain Capital、Coinbaseら、シリコンバレー・世界を代表する投資家、企業などから事業やピッチに対するアドバイスやメンタリングを得ることができ、またBerkeleyのアルムナイネットワークや研究者ネットワークにもアクセスすることができるとのこと。

なお2020年9⽉のサンフランシスコ・ブロックチェーンウィーク中には、同プログラムのデモデイが企画されているとのこと。

ステイクテクノロジーズ株式会社の代表取締役である渡辺創太氏は「⽇本国内でのブロックチェーンのユースケースや技術的な実装は海外のトップクラスと⽐べると残念ながら遅れを取っています。また、海外で勝つ⽇本発ブロックチェーンスタートアップやそもそも挑戦している数もまだまだ少ないのが現状です。⽇本⼈としてこの現状は⾮常に悔しいです。これから⽇本のブロックチェーンスタートアップが⽇本から世界⼀線で活躍するには、国内に⽬を向けるのではなく、海外で最先端企業との技術的提携や協業が重要になります。前例がなく道のりは厳しいですがシリコンバレー・サンフランシスコの世界最先端のブロックチェーンエコシステムに揉まれ会社、個⼈として⼤きく⾶躍し⽇本に還元できるように頑張ります」とプレスリリースにてコメントしている。

編集部のコメント

ステイクテクノロジーズは、1月にParity Technologies(本社:イギリス)の主導する最先端プロジェクト支援プログラム(Substrate Builders Program)において、第1期メンバーに採択され、昨年はWeb3 Foundation(本社:スイス ツーク)が進める金銭・技術的な支援プログラムに国内最多の3度目の採択を果たしています。
ステイクテクノロジーズが開発している、Polkadot上でスケーラブルなDApps(Decentralized Applications)を作成するためのブロックチェーン「Plasm Network」は、Polkadotのメインネットローンチ後、Polkadotに繋がるチェーンの候補の1つとなっており、Polkadot創業者のGavin Wood氏からエコシステム内の注目プロジェクトトップ3に選ばれるなど注目が高まっています。
今回のアクセラレーションプログラムはステイクテクノロジーズにとっての米国シリコンバレーへ進出第一歩となります。元々同社のCEOの渡辺氏はシリコンバレーのブロックチェーン企業で務めていた経験があります。今後彼らがどのように米国にアプローチしていくのか、期待が高まります。

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:Aleksei_Derin,liuzishan)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

クラーケンが22年に直接上場を検討、ジェシー・パウエルCEOが言及

米サンフランシスコ州に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が2022年に株式上場の検討をしていることが明らかになった。このことは米ニュースメディアCNBCがクラーケンのCEOであるジェシー・パウエル(Jesse Powell)にインタビューを行い4月8日に報じた内容だ

ロシアのデジタルルーブル、Immutable Xメインネットローンチなどのニュース解説ラジオ

米ステートストリート、ホールセール向けデジタル通貨プラットフォームを2021年半ばに正式稼働ロシア中央銀行幹部、デジタルルーブルを2023年にローンチを示唆、NFTソリューションImmutable X Alpha、メインネットローンチ、中国企業メイツが3度目のビットコイン購入、暗号資産総保有額は110億円相当、住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ、三井トラストがデジタル戦略の新会社設立、デジタル証券などの新規事業創出へ、暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加、クリプトゲームスがエンジンと提携、Enjin MarketplaceでバーチャルアーティストのNFTを販売へ

暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加

リップル、CoinShares、ConsenSys、国連気候変動枠組条約気候チャンピオンなどが協業し、ブロックチェーンと暗号資産におけるサステナビリティの取り組み推進のため「Crypto Climate Accord(暗号資産気候協定)」発足を発表した。特に脱炭素化に向けて取り組みを行う。

住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ

住信SBIネット銀行株式会社と米DLTグローバル(DLT Global Inc.)の子会社DLT Labs Japan Incorporated(DLT Labs)が共同でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューションを日本国内にて提供する契約を締結したことを4月8日発表した。