ステイクがUC Berkeley主催のブロックチェーンアクセラレーションプログラムに日本初の採択

ステイクがUC Berkeley主催のブロックチェーンアクセラレーションプログラムに日本初の採択

ステイクテクノロジーズ株式会社が、アメリカ⻄海岸(ベイエリア)のカルフォルニア⼤学バークレー校(UC Berkeley)が主催するブロックチェーンアクセラレーションプラグラムに⽇本初で採択をされたことを3月10日プレスリリースにて発表。

同アクセラレーションプログラムは、UC Berkeleyの⼯学部、Haas School(MBA)、Fortune500カンパニーにブロックチェーンコンサルティングなどを⾏っているBlockchain at Berkeleyによって提供される6ヶ⽉間のプログラム。

同プログラム中には、Pantetra Capital、Blockchain Capital、Coinbaseら、シリコンバレー・世界を代表する投資家、企業などから事業やピッチに対するアドバイスやメンタリングを得ることができ、またBerkeleyのアルムナイネットワークや研究者ネットワークにもアクセスすることができるとのこと。

なお2020年9⽉のサンフランシスコ・ブロックチェーンウィーク中には、同プログラムのデモデイが企画されているとのこと。

ステイクテクノロジーズ株式会社の代表取締役である渡辺創太氏は「⽇本国内でのブロックチェーンのユースケースや技術的な実装は海外のトップクラスと⽐べると残念ながら遅れを取っています。また、海外で勝つ⽇本発ブロックチェーンスタートアップやそもそも挑戦している数もまだまだ少ないのが現状です。⽇本⼈としてこの現状は⾮常に悔しいです。これから⽇本のブロックチェーンスタートアップが⽇本から世界⼀線で活躍するには、国内に⽬を向けるのではなく、海外で最先端企業との技術的提携や協業が重要になります。前例がなく道のりは厳しいですがシリコンバレー・サンフランシスコの世界最先端のブロックチェーンエコシステムに揉まれ会社、個⼈として⼤きく⾶躍し⽇本に還元できるように頑張ります」とプレスリリースにてコメントしている。

編集部のコメント

ステイクテクノロジーズは、1月にParity Technologies(本社:イギリス)の主導する最先端プロジェクト支援プログラム(Substrate Builders Program)において、第1期メンバーに採択され、昨年はWeb3 Foundation(本社:スイス ツーク)が進める金銭・技術的な支援プログラムに国内最多の3度目の採択を果たしています。
ステイクテクノロジーズが開発している、Polkadot上でスケーラブルなDApps(Decentralized Applications)を作成するためのブロックチェーン「Plasm Network」は、Polkadotのメインネットローンチ後、Polkadotに繋がるチェーンの候補の1つとなっており、Polkadot創業者のGavin Wood氏からエコシステム内の注目プロジェクトトップ3に選ばれるなど注目が高まっています。
今回のアクセラレーションプログラムはステイクテクノロジーズにとっての米国シリコンバレーへ進出第一歩となります。元々同社のCEOの渡辺氏はシリコンバレーのブロックチェーン企業で務めていた経験があります。今後彼らがどのように米国にアプローチしていくのか、期待が高まります。

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:Aleksei_Derin,liuzishan)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

東海東京FHDが率いるコンソーシアムが、シンガポールのデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億4,000万円出資

東海東京フィナンシャル・ホールディングス(東海東京FHD)株式会社のシンガポール現地法人の東海東京グローバル・インベストメンツは、シンガポールのデジタル証券取引所であるiSTOXを運営するICHX Tech(ICHX社)のシリーズAの延長として、シリーズA2に参加したことを1月21日に発表した。

コインチェック仮想通貨ネム(NEM/XEM)流出事件、31人を検挙

2018年に発生した暗号資産(仮想通貨)ネム(XEM)が暗号資産取引所コインチェックから流出した一連の事件において、ネムの不正な交換に応じたとみられる31人が警視庁により組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で逮捕や書類送検されたことが、1月22日共同通信など報道各社が報じた

ロシア地方裁がバイナンス(Binance)のウェブサイトのブロック解除決定

ロシアの地方裁判所が、ロシア地域において大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のウェブサイトがブロックされている件について、バイナンスの訴えを受け、そのブロックを取り消すことを1月20日に決定した。このことをロシア現地メディアが21日報じた

ブラックロックがビットコイン投資へ、フランス銀行が中銀デジタル通貨実験成功、湘南ベルマーレにて国内初のクラブトークン発行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米アセマネ大手ブラックロックが一部ファンドでビットコイン投資へ、タイ証券取引所が2021年後半にデジタル資産取引プラットフォームをローンチか、フランス銀行が中央銀行デジタル通貨実験にて200万ユーロ(約2億5,000万円)の決済に成功、国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)、日本銀行が来年春に中央銀行デジタル通貨実証実験の第二段階開始か、次世代分散型ブラウザBrave(ブレイブ)にIPFSプロトコルのサポート追加

国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、プロサッカーチーム「湘南ベルマーレ」のプロサッカークラブトークンの発行を1月21日発表した。なおクラブトークンの発行は今回の湘南ベルマーレとフィナンシェにおけるプロジェクトがプロサッカーチーム国内初の事例となる