EY、Microsoft、ConsenSysらが共同プロジェクト「Baseline Protocol」を発表

EY、Microsoft、ConsenSysらが共同プロジェクト「Baseline Protocol」を発表

EY、ConsenSys、Microsoftは、暗号化技術、メッセージング技術とイーサリアムのパブリックブロックチェーンを組み合わせたオープンソースプロジェクト「Baseline Protocol」を発表した。

Baseline Protocolは、主に4つのアーキテクチャーサービスで構成されている。その4つは、Baseline API、Queuing system、Secure message service、Zero-Knowledge-Proof Serviceだ。

そして、「Baseline Protocol」の開発における主要なフレームワーク「Unibright」は、イーサリアムのメインネットを介して、クラウドやウェブサーバーなどと接続可能にするもの。Unibrightフレームワークには、スマートコントラクトモデリング、データ生成、相互接続、監査などの機能が存在している。

また「Baseline Protocol」は、ゼロ知識証明、オフチェーンストレージ、分散IDなどの複数のテクノロジーを統合しているため、企業は、一般的に標準化されたものを使用して、完全にプライバシーを保ち、ブロックチェーン自体にビジネス上の機密情報を保存することなく、プロセスと契約を設定、同期することができる。ちなみに、このネットワークの管理は、Ethereum FoundationとEnterprise Ethereum Allianceが資金を提供しているEthereum-Oasis Projectによって為される。

「Baseline Protocol」の最大の目的は、エンタープライズブロックチェーンソリューションの機会を創出し、パブリックイーサリアムチェーンを介して、安全でプライベートなビジネスプロセスを可能にすることだ。

ConsenSysのグループエグゼクティブのJohn Wolpert(ジョン・ウォルパート)氏は「多くの人々は、ブロックチェーンをトランザクションを記録するものだと、考えています。しかし、ブロックチェーンのメインネットをミドルウェアと考えたらどうでしょうか?Baseline Protocolは、メインネットの得意なところを活用し、得意でないものを避けます」とコメントしている。

Unibright CTOのStefan Schmidt(ステファン・シュミット)氏は、「Baseline Protocolに対する当社の取り組みは、オープンソースの利用可能な標準化に貢献し、その周辺に商用ソフトウェア製品を構築するという、当社のアプローチと完全に一致しています。 SAPおよびMicrosoftとのパートナーシップは、SAP Hanaでのビジネスプロセスの実装、およびAzureでのクラウドベースのホスティングと統合の両方の取り組みをサポートします」とコメントしている。

EYのグローバルブロックチェーンリーダーのPaul Brody(ポール・ブロディ)氏は「過去2年にわたって、EYはパブリックブロックチェーンでのプライベートで安全なトランザクションの最先端を進めてきました。このイニシアチブは、その基盤の上に構築され、エンタープライズディレクトリやプライベートビジネスロジックなどのギャップを埋め始めます。強力なプライバシーでエンドツーエンドのプロセスを実行します」とコメントしている。

編集部のコメント

Baseline ProrotocolはEY、Consensys、Microsoft3社を中心に、その他12社が関わるイニシアチブとなっています。EYのリリースによると、最初にBaseline Protocolは、サプライチェーントレーサビリティの商取引および金融サービスにリンクするブロックチェーンアプリケーションの基礎を築いていくとのことです。

EYなど監査企業は、相互運用性が低いEnterprise Resources Planning(ERP)を利用しています。ERPは、他の業界などとのデータ連携には適していないと考え、EYはパブリックブロックチェーンNightFallを中心にその他周辺の秘匿技術などを開発してきました。そのEYが、MicrosoftやConsenSysと手を組み、理想のブロックチェーンを開発できる意義は非常に大きいのではないか、とあたらしい経済編集部は考えます。

企業同士でのデータの共有がよりスムーズになり、生産性を向上させることが、まず第一のエンタープライズブロックチェーンの大きなユースケースになっていくのではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:Who_I_am,antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/19の話題】ビットコインが6ヶ月ぶりの高値で推移、バイナンスコインのトークンバーンなど(音声ニュース)

ビットコイン、ETFの期待とインフレ懸念から、6ヶ月ぶりの高値で推移、ビットコイン法定通貨化のエルサルバドル、数千人が独裁政権を危惧しデモ参加、米コインベースプロでARPA Chain(ARPA)、Bounce(AUCTION)、Perpetual Protocol(PERP)上場、バイナンスコイン(BNB)が17度目のトークンバーン、NFTのミント費用がゼロに、Raribleが新機能「lazy minting」公開、レイカーズがチリーズ「Socios. com」と提携、NBA24チーム目に

米コインベースプロでARPA Chain(ARPA)、Bounce(AUCTION)、Perpetual Protocol(PERP)上場

米ナスダック上場の暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)が、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase Pro(コインベースプロ)にて新たに暗号資産アルパチェーン:ARPA Chain(ARPA:アルパ)、バウンス:Bounce(AUCTION:オークション)、パーペチュアルプロトコル:Perpetual Protocol(パープ:PERP)の上場を10月19日発表した

【10/18の話題】フォビジャパンが第一種金融商品取引業者の登録、米SECが「BTC先物ETF」初承認など(音声ニュース)

フォビジャパン、第一種金融商品取引業者の登録完了。証拠金取引サービス再開へ、米SECが「ビットコイン先物ETF」を初承認、18日から取引所で取扱へ、野村と大和、SBIとSMBC設立の「大阪デジタルエクスチェンジ」へ資本参加、米バックト(Bakkt)、NY証券取引所に上場へ、テザーが米CFTCと和解、USDTに関する虚偽説明が明らかに、米スクエア、ビットコインマイニング事業を開始か、ディーゼルやマルジェラのOTB、LVMHの「Aura」ブロックチェーンコンソーシアムに参加、ジミーチュウがNFTリリースへ、限定作には実物スニーカーも、アビスパ福岡、J1残留でジンクス打破を記念しNFT発行