EY、Microsoft、ConsenSysらが共同プロジェクト「Baseline Protocol」を発表

EY、Microsoft、ConsenSysらが共同プロジェクト「Baseline Protocol」を発表

EY、ConsenSys、Microsoftは、暗号化技術、メッセージング技術とイーサリアムのパブリックブロックチェーンを組み合わせたオープンソースプロジェクト「Baseline Protocol」を発表した。

Baseline Protocolは、主に4つのアーキテクチャーサービスで構成されている。その4つは、Baseline API、Queuing system、Secure message service、Zero-Knowledge-Proof Serviceだ。

そして、「Baseline Protocol」の開発における主要なフレームワーク「Unibright」は、イーサリアムのメインネットを介して、クラウドやウェブサーバーなどと接続可能にするもの。Unibrightフレームワークには、スマートコントラクトモデリング、データ生成、相互接続、監査などの機能が存在している。

また「Baseline Protocol」は、ゼロ知識証明、オフチェーンストレージ、分散IDなどの複数のテクノロジーを統合しているため、企業は、一般的に標準化されたものを使用して、完全にプライバシーを保ち、ブロックチェーン自体にビジネス上の機密情報を保存することなく、プロセスと契約を設定、同期することができる。ちなみに、このネットワークの管理は、Ethereum FoundationとEnterprise Ethereum Allianceが資金を提供しているEthereum-Oasis Projectによって為される。

「Baseline Protocol」の最大の目的は、エンタープライズブロックチェーンソリューションの機会を創出し、パブリックイーサリアムチェーンを介して、安全でプライベートなビジネスプロセスを可能にすることだ。

ConsenSysのグループエグゼクティブのJohn Wolpert(ジョン・ウォルパート)氏は「多くの人々は、ブロックチェーンをトランザクションを記録するものだと、考えています。しかし、ブロックチェーンのメインネットをミドルウェアと考えたらどうでしょうか?Baseline Protocolは、メインネットの得意なところを活用し、得意でないものを避けます」とコメントしている。

Unibright CTOのStefan Schmidt(ステファン・シュミット)氏は、「Baseline Protocolに対する当社の取り組みは、オープンソースの利用可能な標準化に貢献し、その周辺に商用ソフトウェア製品を構築するという、当社のアプローチと完全に一致しています。 SAPおよびMicrosoftとのパートナーシップは、SAP Hanaでのビジネスプロセスの実装、およびAzureでのクラウドベースのホスティングと統合の両方の取り組みをサポートします」とコメントしている。

EYのグローバルブロックチェーンリーダーのPaul Brody(ポール・ブロディ)氏は「過去2年にわたって、EYはパブリックブロックチェーンでのプライベートで安全なトランザクションの最先端を進めてきました。このイニシアチブは、その基盤の上に構築され、エンタープライズディレクトリやプライベートビジネスロジックなどのギャップを埋め始めます。強力なプライバシーでエンドツーエンドのプロセスを実行します」とコメントしている。

編集部のコメント

Baseline ProrotocolはEY、Consensys、Microsoft3社を中心に、その他12社が関わるイニシアチブとなっています。EYのリリースによると、最初にBaseline Protocolは、サプライチェーントレーサビリティの商取引および金融サービスにリンクするブロックチェーンアプリケーションの基礎を築いていくとのことです。

EYなど監査企業は、相互運用性が低いEnterprise Resources Planning(ERP)を利用しています。ERPは、他の業界などとのデータ連携には適していないと考え、EYはパブリックブロックチェーンNightFallを中心にその他周辺の秘匿技術などを開発してきました。そのEYが、MicrosoftやConsenSysと手を組み、理想のブロックチェーンを開発できる意義は非常に大きいのではないか、とあたらしい経済編集部は考えます。

企業同士でのデータの共有がよりスムーズになり、生産性を向上させることが、まず第一のエンタープライズブロックチェーンの大きなユースケースになっていくのではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:Who_I_am,antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

東海東京フィナンシャルらがデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億円出資、深圳市がデジタル人民元の3度目のテスト計画、NEM流出事件31人検挙などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

東海東京FHDが率いるコンソーシアムが、シンガポールのデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億4,000万円出資、中国深圳市がデジタル人民元の3度目のテストを計画(発行額:約3億2,000万円)、コインチェック仮想通貨ネム(NEM/XEM)流出事件、31人を検挙、マネックスグループがESG金融事業開始を発表、ロシア大手銀行スベルバンクが独自デジタル通貨発行に向け中央銀行に申請、ロシア地方裁がバイナンス(Binance)のウェブサイトのブロック解除決定

東海東京FHDが率いるコンソーシアムが、シンガポールのデジタル証券取引所運営のICHXへ約10億4,000万円出資

東海東京フィナンシャル・ホールディングス(東海東京FHD)株式会社のシンガポール現地法人の東海東京グローバル・インベストメンツは、シンガポールのデジタル証券取引所であるiSTOXを運営するICHX Tech(ICHX社)のシリーズAの延長として、シリーズA2に参加したことを1月21日に発表した。

コインチェック仮想通貨ネム(NEM/XEM)流出事件、31人を検挙

2018年に発生した暗号資産(仮想通貨)ネム(XEM)が暗号資産取引所コインチェックから流出した一連の事件において、ネムの不正な交換に応じたとみられる31人が警視庁により組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で逮捕や書類送検されたことが、1月22日共同通信など報道各社が報じた

ロシア地方裁がバイナンス(Binance)のウェブサイトのブロック解除決定

ロシアの地方裁判所が、ロシア地域において大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のウェブサイトがブロックされている件について、バイナンスの訴えを受け、そのブロックを取り消すことを1月20日に決定した。このことをロシア現地メディアが21日報じた

ブラックロックがビットコイン投資へ、フランス銀行が中銀デジタル通貨実験成功、湘南ベルマーレにて国内初のクラブトークン発行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米アセマネ大手ブラックロックが一部ファンドでビットコイン投資へ、タイ証券取引所が2021年後半にデジタル資産取引プラットフォームをローンチか、フランス銀行が中央銀行デジタル通貨実験にて200万ユーロ(約2億5,000万円)の決済に成功、国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)、日本銀行が来年春に中央銀行デジタル通貨実証実験の第二段階開始か、次世代分散型ブラウザBrave(ブレイブ)にIPFSプロトコルのサポート追加

国内初、FiNANCiEが湘南ベルマーレにてプロサッカークラブトークンを発行(フィナンシェ田中隆一CEOインタビュー掲載)

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、プロサッカーチーム「湘南ベルマーレ」のプロサッカークラブトークンの発行を1月21日発表した。なおクラブトークンの発行は今回の湘南ベルマーレとフィナンシェにおけるプロジェクトがプロサッカーチーム国内初の事例となる